たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

ETF

【CWEB】中国インターネット関連企業2倍レバレッジETFとは

【CWEB】中国インターネット関連企業2倍レバレッジETFとは 【CWEB】とは、Direxion Investments社が運用する中国のインターネット関連企業株式で構成された指数の2倍レバレッジETF です。 英語の正式名称をDirexion Daily CSI China Internet Index Bull 2X …

銀行預金が死に金になっている日本

銀行預金が死に金になっている現状をどう見るか 銀行の金利はすでに長期にわたって低金利です。10年ぐらい前はそれでもネット銀行で1%、ないしはキャンペーンで1.3%といった金利が付いたことがありました。先日、0.5%という案件を見ましたが、珍しいで…

【TQQQ】はNASDAQ100のブル3倍の値動きを示すレバレッジETF

【TQQQ】はNASDAQ100の3倍の値動きを示すレバレッジETF 【TQQQ】は、米国ProShares社が運用するレバレッジETFです。2010年2月9日に設定されました。マーケットはNASDAQです。 【TQQQ】はNASDAQ100の日次の値動きの3倍になるように設計されたレバレッジETFで…

【CURE】ヘルスケアセクターレバレッジETFの特徴と投資の仕方

ヘルスケアセクター限定レバレッジETF? CUREとは? 【CURE】は、Direxion Investments社が運用する米国のヘルスケア関連企業株式で構成される株価指数をベースにしたレバレッジETFです。2011年6月15日に設定されました。マーケットはNYSEです。 ベースとな…

【QYLD】のリスクは?Nasdaq100のカバード・コール、高分配金ETF

高分配金、米国ETFとして人気のあるQYLDとは 【QYLD】とは、Global X社が運用するGlobalX Nasdaq 100 Covered Call ETFという米国ETFです。2013年12月11日に設定されました。マーケットはNASDAQです。近年、高配当ETFとして人気が出てきています。 【QYLD】…

【ARKK】破壊的イノベーションを狙うARK社のアクティブETF

破壊的イノベーションを狙うアクティブETF。ARKKとは 【ARKK】は、米国ARK Investment Management LLC(以下:ARK社)が運用するARK Innovation ETFという米国ETFです。2014 年10月31日に設定されました。マーケットはNYSEです。 【ARKK】はETFですが、ベース…

米国株、人気のレバレッジETF・投資信託のまとめと考え方

人気の米国株レバレッジETF・投資信託をまとめてみる これまで、当ブログではいくつかの米国株レバレッジETF・投資信託をご紹介してきました。代表的なところでいえば、 【SPXL】 Direxion Daily S&P 500 Bull 3X Shares S&P500の3倍レバレッジ 【TECL】 Dir…

【SOXL】は半導体株価指数のレバレッジブル3倍ETF

【SOXL】とは、リスク高めのSOXレバレッジ、ブル3倍ETF 【SOXL】はDirexion Investments社が運用する米国の半導体の製造・流通・販売を行う世界中の企業の株式で構成される株価指数をベースにしたレバレッジETFです。2010年3月11日に設定されました。マーケ…

オールカントリーの米国上場ETF【ACWI】とは?構成銘柄とチャートを分析。

iShares MSCI ACWI ETF【ACWI】とは? 【ACWI】はブラックロック社が運用する先進国および新興国の大型および中型株式で構成されるインデックスに連動したETFです。2008年3月26日に設定されました。上場マーケットはNASDAQです。 インデックスは米国の上場企…

【TECL】の構成銘柄とチャートを見ながら最適な投資を探る

Direxion Daily Technology Bull 3X Shares【TECL】とは? 【TECL】はDirexion Investments社が運用する米国の情報技術セクターに特化したレバレッジETFです。2008年12月17日に設定されました。マーケットはNYSE(ニューヨーク証券取引所)です。 【TECL】が…

誰でもカンタンに米国株投資ができる方法【決定版】

誰でもカンタンに米国株投資ができる、その方法とは 今回は、投資初心者さん向けということで、誰でも簡単に海外投資ができる方法を書きます。方法は以下です。 投資信託やETFを使う つみたてNISAを使う 個人型確定拠出年金(iDeCo)を使う たったこれだけです…

バンガード・米国情報技術セクターETF【VGT】はリターン最強のETF

バンガード・米国情報技術セクターETF【VGT】とは? VGTの強み VGTのチャートと配当は? この10年絶好調のVGTのパフォーマンス VGTはどのような株から構成されているのか 2021年の保有銘柄 2020年の保有銘柄 VGTと他のETFを比較してみる 暴落時や高騰時に…

【IWF】米国の大型成長株を投資対象としたETF【Russell 1000 Growth】

iShares Russell 1000 Growth ETF【IWF】とは iShares Russell 1000 Growth ETF【IWF】は、米国ブラックロック社が運用する米国株ETFです。 ベースとなるインデックスは英国FTSE Russell社が提供している” Russell 1000 Growth Index“です。【IWF】は米国の…

Vanguard Value ETF【VTV】は米国株大型バリュー株をカバーするETF

Vanguard Value ETF【VTV】とは? 米国株式市場の大型バリュー株セグメントの85%をカバーする米国ETFです。2004年1月に設定され、NYSEに上場しています。ベースはCRSP USラージキャップ・バリュー・インデックスです。 【VTV】は”Vanguard“の”Total- Value”…

NASDAQ100投資の最適解の1つ『NASDAQ100米国株【2631】』

NASDAQ投資の最適解はMAXIS ナスダック100上場投信【2631】に 米国株大型グロース株への投資が可能になる、NASDAQ100連動ETFといえばQQQが有名ですね。QQQはかつては信託報酬がそれなりに高かったのですが、現在では0.2%まで下がっています。 日本円でNASDAQ…

東証上場S&P500ETF、【1655】【2558】【2633】の比較と検討

東証上場のS&P500連動ETF【1655】【2558】【2633】の比較 今まで、東証上場のS&P500連動ETFというと、1557が人気でした。SPYの東証上場バージョンということで流動性も比較的高く、経費率0.0945%と割安感があったからです。 しかし、東証上場のS&P500連動ETF…

【VEU】は米国外に投資をするETF。米国株投資の強さが逆にわかるETF。

Vanguard FTSE All-World ex-US ETF【VEU】とは? VEUは米国以外の大・中型株式を投資対象とした米ドル建てETFです。2007年5月に運用が始まっています。NYSE上場です。 ベースとなるインデックスはFTSE社が算出する“FTSE All-World ex-US”で、時価総額加重平…

米国株投資における投資期間と年平均リターン

米国株投資の魅力はプラスサムであるところ 米国株投資における最大の魅力は、長期保有すれば、全員参加のプラスサムゲームであったことと言ってよいでしょう。だから、これだけ世界中の資金が集まるとも言えます。 ただし、全員参加のプラスサムゲームにな…

投資対象の地域によるリターンの差が極めて大きくなった

地域差に気づき、適切な時期に適切な投資をするということ 2016年4月23日に「たぱぞうの米国株投資」ブログを始め、早くも5年が過ぎました。本記事は5周年の記事ということになります。 2016年の開始当初から一貫してVTIをコアサテライトの「コ…

米国株ETF,S&P500で始める投資入門

米国株の基本、S&P500やニューヨークダウ30種はどこで買えるの? S&P500ETFを円で、投資信託で買う S&P500ETFを円で、ETFで買う S&P500ETFをドルで買う 米国株ETF,S&P500がそんなに儲かるならばみんな買えばいいのに? そんなに手堅いならば、どうして株で…

SPDRハイイールド債券ETF【JNK】は高利回り債券のETF

SPDRハイイールド債券ETF【JNK】とは JNKはSPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイイールド債券 ETFといいます。スパイダーから出しているハイイールド債のETFです。ジャンク債も扱うということで、ティッカーはJNKです。覚えやすいですね。 ハイイールド債…

米国優先株式ETF【PFF】は約5%利回りのインカムETF

シェアーズ米国優先株式ETF【PFF】平時は値動き極小、しかも高配当 PFF「iシェアーズ米国優先株式ETF」を紹介します。ティッカーはPFFです。議決権の無い、優先株式を集めたETFです。議決権がない分、高配当です。優先株式自体あまり日本市場では見ないです…

東証上場ETFを活用して米国株投資をするには

東証上場ETFを活用して米国株投資をする 東証上場ETFを活用して米国株投資をする方法があります。以下のような方に向いています。 外国税額控除が面倒でしたくない 住宅ローン減税やふるさと納税で外国税額控除分が残っていない 分配金も受け取りたい 高いと…

HYGは高利回りの社債を集めたETF!分配金利回りはおよそ5%

【HYG】はややリスクありの高利回り社債ETF iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF【HYG】は、高利回り社債で構成される指数と同等水準の投資成果を目指したETFです。 BNDやAGGが国債を中心にした構成なのに対し、HYGは社債、それも高利回りの社…

ETF、投資信託、個別株、資産形成に適しているのはどれか

ETF・投信・個別株。資産形成に適しているのはどれか ETFは市場売買、市場価格である ETFは一般的には経費率(信託報酬)が投資信託より安い ETFは元本からの払い戻しが無い 投資信託のメリット 円での積み立て投資がしやすい 投資信託はバランスファンドが…

海外ETFの仕組みや強みを徹底解説

海外ETFに興味がある方必見。このページでは、海外ETFの仕組みや強みを徹底解説いたします。また、2019年時点でのおすすめの海外ETFや購入する際のおすすめの証券会社も紹介しています。

VTIの株価がたった5年で2倍になった

VTIの株価がたった5年で2倍になった このブログを始めた2016年から、VTIの株価がたった5年で2倍になりました。ETFなので正確には「取引値」ですが、とおりが良いのでここでは株価としておきます。 もともと「たぱぞうの米国株投資」ブログは私が組織…

個人向け国債のメリット・デメリットを探る

個人向け国債を買うのは常識!? 個人投資家で、投信など間接的にせよ日本の個人向け国債を買っている人は稀かもしれません。バランスファンドなどで組み込まれている、という場合を除いて生の個人向け国債を買い付けている人になるともっと数が少なくなるで…

純金積立と金ETFのメリットデメリット

金投資は世界標準で見ると常識 金は株式相場と逆相関を示すことが多いことから、リスクヘッジの有効な手段としていつの時代も採用されてきました。 特に中国や東南アジアでは今でも金は日常に深く入り込んでおり、町中には多くの金屋があります。そこでは外…

つみたてNISAのおすすめ商品ベスト3

つみたてNISA対象の金融商品は120商品超 つみたてNISAがスタートしました。基準を設けて絞ったと言えども、多数の商品があります。投資が趣味の人にとってはその選別も楽しい作業でしょう。 一方で、全く投資をしたことがない人にとっては、 「選択肢が多…