たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

日本の将来が心配だから、海外移住を考える。

日本の将来、生き方改革を迫られる私たち。 日本経済の元気がなくなり、今年で30年になります。元気があったのは1989年までですから、このパッとしない状態がほとんど常態化していると言っていいでしょう。 今の団塊ジュニア、40代以下は殆ど景気の…

MSCI.inc【MSCI】の銘柄分析。株価指数の算出、高収益で知られる金融サービス企業

株式指数算出で知られる、MSCIの銘柄分析です。売り上げ、利益、配当、配当比率、株価チャートなどを紹介しています。各種利益率の高さに注目です。

年収が600万円前後の方必見。借入額の目安や契約後の生活などをご紹介。

このページでは、年収が600万前後の方が、フラット35や銀行で借り入れする金額の目安や契約後の生活について解説します。また、年収600万のひとのせいかつのじょうきょうや住宅ローン契約の注意点、おススメの住宅ローンについても紹介しています。

シーゲル流投資術を考える~やみくもに枯れた銘柄を買えばよいわけではない~

シーゲル流投資術を考える~やみくもに枯れた銘柄を買えばよいわけではない~ ジェレミー・シーゲル氏は今も現役の大学教授です。経済界、特にマーケットにおけるもっとも有名な人物の1人と言って良いでしょう。実際に、マーケット関連のメディアへの露出も…

VISA【V】の銘柄分析。世界2大カード会社の1つ、驚異の営業利益率。

VISA【V】の銘柄分析です。株価チャート、売り上げ推移、粗利益率、営業利益率など基礎的なデータや配当についての記事です。驚異的な粗利益率と営業利益率に注目です。

老若男女問わずできるようになった株式投資

老若男女問わず株式投資ができるようになった 情報はインターネットを通じて簡単に手に入るようになりました。その最たるものはスマホでしょう。ipodやiPhoneが出始めた時に、「いつかパソコンに置き換わる時が来る」と誰もが思ったのではないでしょうか。 …

マイクロソフト【MSFT】の銘柄分析。サブスクリプション化とazureが大成功

マイクロソフト(MSFT)は有名なビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏によって1975年に設立されたソフトウェア会社です。配当やチャートをまとめています。

米中貿易交渉に伴う相場変動の最悪を中期目線で想定してみる

米中貿易交渉に伴う相場変動 大方の予想を裏切り、米中貿易交渉がうまくいっていません。中国の「のらりくらり戦術」が米国側に見透かされており、今まで通用した外交戦略がうまくいっていないのですね。 以前にも書きましたが、中国の外交は「時間稼ぎ」を…

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい 今回は、『「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい』ということで、岩城みずほ氏のご著書をご紹介したいと思います。外貨建て保険を買おうと思っている人は、一度読んでおくと良いですね。 さて、投資信託やETF…

インサイダー取引に投資信託やETFは該当するのか、しないのか

インサイダー取引とは インサイダー取引とは、会社の内部関係者が外部の人が知りえない情報を入手し、株式の売買などをして自己の利益の最大化を図る行為です。 今は罰則が厳しく、あまりニュースになることも無くなりました。昔は比較的緩い時代がありまし…

楽天証券を徹底取材して分かった、今後の戦略と強み

楽天証券さんの今後の戦略と強み~取材に行ってきました~ 楽天証券はなぜ楽天カードとのクレジット連携を始めたのですか? つみたてNISAは主要なキーワードになっている 投資信託購入で付くカードのポイントの上限は5万円だが・・・ ヘビーユーザー向けの…

初めての海外投資、30半ばからの資産運用

海外投資、米国株投資が必須となりつつある 日々投資に親しんでいたり、ブログやTwitterを見ている人だと、タイトルだけで「こうやるかな、ああやるかな」と頭に浮かぶのが投資です。 しかし、そういう界隈というのは多くなく、ほとんどの人が「つみたて投資…

バンガード・トータルワールドストックETF【VT】で世界中に投資ができる

トータルワールドストックETF【VT】で世界8000銘柄への投資 トータルワールドストックETF【VT】のチャートと配当 トータルワールドストックETF【VT】の構成銘柄 2016年のVTの構成銘柄 2017年のVTの構成銘柄 2018年のVTの構成銘柄 トータルワール…

情報過多社会で正しい投資行動を取るためには何が必要なのか

情報過多で投資に迷いが出てはいないか 現代は情報過多社会と言われますね。私たちの日常を見ても、朝はテレビを見て、通勤ではスマホを見て、仕事はパソコンを使い・・・。気が付くと、四六時中何らかの情報端末に触れ続けているわけです。 欲しい情報が常…