たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

投資のヒント-備忘録

【Cash is king!】投資と生活防衛資金、どちらを大切にするべきか

「Cash is king!」生活防衛資金はある意味では投資以上に大切なもの 「Cash is king」というのは投資においてよく使われる言葉ですね。100%株式投資をしていると、暴落が来た時に新たに買い付けることができません。手元に資金があれば、適宜収益を最大…

資産と月々の収入を増やすための考え方

どのようにして資産と月々の収入を増やしていくか。 米国株投資をきっかけとして色々な人に出会い、気が付けば5つ程度の副業に取り組んでいるたぱぞうです。といっても、ほとんど人に管理をお願いしていたり、手がかからなかったりするものが殆どです。 し…

米国の景気拡大期間が過去最長を更新する勢いに

米国の景気拡大期間が過去最長になりそう 米国株にコツコツ投資をしてきたが・・・ 米国景気拡大期間がさらに続くと思うか、それともそろそろ終わりとみるか 米国の景気拡大期間が過去最長になりそう 2009年7月に始まった米国の景気拡大期間ですが、い…

つみたて投資とキャッシュポジションの関係

つみたて投資こそが投資の基軸になりうる つみたて投資がこれだけ世間に広く膾炙したのは私の記憶にはありません。今は空前の投資ブームと感じています。以前は、板読み投資術やテクニカル投資術、そういった短期売買こそが投資と思われていたフシがあります…

自営業者は経費と投資を活用して将来に備えましょう。

自営業はかつてに比べるとずっと間口が広がった 自営業というのはかつては商店事業主や士業などが多かったように思います。今はブロガー、アフィリエイター、デザイナー、コンサルタント、ライター、プログラマーなど多岐にわたっており、数十年前に比べると…

FXのチャート分析と資産運用に関して触れておきます。

FXは資産形成には向かず、チャート分析だけで資産運用はできない FXで資産形成するのは相当な技量と運が必要で。株以上に非常に不確定要素が大きく、確実に資産を増やしていくという性質のものではないからです。それでも、レバレッジをかけて、数億規模で儲…

年間300万円の不労所得を得るにはどうすればよいのか

20代から不労所得を得るために投資をしていく 20代から不労所得を得るために投資をしていくのは大事なことですね。人生の選択肢が増えます。たぱぞうは、最近いろいろな人に会い、資産運用の相談に乗ったり、話を聞いたりしています。本当にいろいろな方がい…

時価総額加重平均のメリットデメリット

時価総額加重平均とは ETFや投資信託はベンチマークと連動するようにつくられます。ベンチマークは、MSCI社【MSCI】やS&P Global【SPGI】といった指数会社がつくることが多いです。この2社は業界では圧倒的な存在感があり、紛れもないワイドモートの優良企…

ブログ記事が剽窃された時の対応まとめ【ブロガー必見】

ブログ記事が剽窃された時の対応まとめ 剽窃サイトのやり方と手口 最初に剽窃サイトのサーバーを調べる Twitterの剽窃アカウント対策 Googleの剽窃サイト対策 剽窃サイトには法的手段を取るというのが最終的な判断になる 著作物等の送信を防止する措置の申出…

確定拠出年金【選択制】のメリットデメリット

確定拠出年金【選択制】とは何か。そのメリットデメリットは? 確定拠出年金【選択制】というのは、確定拠出年金として給与を退職金のような形で積み立てるか、今の給与所得として受け取るかの選択ができる制度です。後者の場合は、退職金の前払いのような形…

定年退職後の生活では、どのように収入を確保していくのが理想なのか

定年退職後の生活でどのように収入を確保していくか 定年退職後の生活、特に収入面は誰もが不安に感じるところです。学生時代は学校に所属し、就職後は組織に所属し、定年退職を迎える。そこで初めて、何物にも所属しないという体験をする人もいるでしょう。…

定年退職後の結婚と資産運用計画をどのように考えていくか

定年退職後の資産運用計画はどのように立てるのか 弊ブログでは多くのご質問を受け付けています。40代までだと、まだ資産運用期間が長く取れ、50代からはちょっと時間が無くなってくる、60代になると総まとめという印象です。 気が付けば私も40代前半であり…

収入に比べて貯蓄が多い場合の家計やりくり術

収入に比べて貯蓄が多い場合の家計やりくり術 自営業の方は、収入が操作できますね。個人で言えば、役員報酬をいくらにするかということになります。法人で言えば、経費や減価償却で操作するわけです。 たとえば利益が出すぎた時は、リセールバリューの高い4…

サラリーマンがセミリタイアするのに必要な発想

サラリーマンがセミリタイアするのに必要な発想 私は人生を3つのフェーズに分けています。 インプット期 サラリーマン期 フリーダム期 第1フェーズでは主に学生として、自分の価値を高めます。資格を取ったり、人と関わったりという時期ですね。広い意味で…

定年退職後の生活を不労所得で充実させる

定年退職後の生活で不労所得が大きな意味を持つわけ 定年退職後の生活には不安を抱える人が多いです。大きな理由は収入が減るというところでしょう。2050年ごろには労働人口1.2人に対して年金受給層が1人になります。自分の貯めたお金を自分に払い出…

【CCR】Cash-On-Cash Return:キャッシュ・オン・キャッシュ リターンとは

【CCR】Cash-On-Cash Returnとは CCR、キャッシュ・オン・キャッシュリターンとは、投下した資金に対するリターンのことを指します。 ペーパーアセット、株式や債券投資の世界ではあまり意識されることはありません。しかし、融資というレバレッジをかけた投…

本当に儲かるならば、人に教えるはずがない

本当に儲かるならば、人に教えるはずがない 先日、投資友達のはちどうさんがITmediaさんの取材を受け、さらにYahoo!newsにも転載されていましたね。最近はブロガーが良くメディアさんに取り上げられていますね。個人的にもいろいろな人の考える投資方法は興…

結婚を目前に控えた今、虎の子の50万円で投資を始めるべきか否か

結婚はなにかとお金がかかりますね 結婚はなにかとお金がかかりますね。式もそうですし、生活で必要な物品もそうです。そういう状況にあっては、投資というのもやっておきたいところですが、優先順位としてはどうなるのでしょうか。 さて、今回は結婚を目前…

専業アフィリエイターで年間5000万の資産をどのように振り分けるか悩んでいます。

稼げると噂とアフィリエイトだが、一流は図抜けている 稼げると噂のアフィリエイトですが、私の友人でも月額100万超えの人はポロポロいます。FX系や、いろいろな金融商品系の人が多いですね。ただ、仮想通貨系でやりすぎた人はいわば信用棄損を起こしてお…

松井証券の「ポイントではじめる元手資金0円投資」とは?

松井証券で投資信託をタダで買うことができるようになりました。 松井証券が投資信託をタダで購入できるサービスを始めました。 クレジットカードのポイントを貯めて、旅行をしたり、ホテルに泊まったりという活用をされている方は多いと思います。今回、松…

退職金が多く、老後の収入が多い人のiDeCoのベストの受け取り方

iDeCoの退職控除と所得控除の魅力と出口のワナ イデコの払い出しですが、なにも知らずに行うと退職金が多くて老後の収入も多い人は控除が使えず、払う税金が増えてしまいます。実際に、こちらの記事のコメント欄には思いがけない出口で、メリットが相殺され…

年の差婚を乗り切る専業主婦の投資術

専業主婦のiDeCoの考え方 iDeCoの税制上のメリットは大きく2つあります。 所得控除 退職控除 勤労者の場合は両方とも取れますが、退職金が恵まれている場合は退職控除が生かせません。逆に収入が無い場合は所得控除が生かせません。ただし、片方の控除でも…

退職金が多く、老後の収入も多い場合はiDeCoが税金面で不利になるケースがある

イデコは所得控除と退職控除が大きな魅力だが・・・ イデコは積み立て中の所得控除と退職控除が大きな魅力です。しかし、退職金で退職控除枠を使い切り、その後の年金も潤沢な場合、イデコのメリットが活かせない可能性があります。 もっと簡単に言うと、退…

米国株投資で月々10万円の不労所得を目指す~40代からの初心者投資術~

年々、やりやすくなる米国株投資 米国株投資というと、4・5年前はごく一部の投資好きの人が取り組む投資という雰囲気でした。一番の理由は特定口座対応をしていない証券会社が多かったからですね。そのため、投資家たちは手計算で配当金の計算をしたり、売…

つみたてNISAとiDeCoで始める初心者投資術

投資の王道はつみたてNISAとiDeCo 投資の王道はつみたてNISAとiDeCoですね。両方とも若いほうがメリットがありますので、20代の人はすぐにでも始めたほうがいいですね。もちろん、相場に上下動はありますが、20年あるいは30年持ち切れば問題ないでしょう。大…

これから海外投資をはじめようとする人へ

これから海外投資をはじめようとする人へ たぱぞうは2000年から投資を始めました。気が付けば20年近くも投資してきたことになります。しかし、最初の10年間は投機に近く、定期入金もしていませんでした。そのため、2010年ごろでも資産は1000万円をちょっと超…

ロボアドバイザーの税金の基礎基本を押さえておく

ロボアドバイザーの税金の基礎基本のルールを押さえておく ウェルスナビやTHEOといったロボアドバイザーが登場して、3年近くが過ぎようとしています。私がブログを始めたのとほとんど歴史を同じくします。 その後、2017年の好相場を経て、2018年の…

インデックス投資がつまらなさすぎて困っています

インデックス投資がもたらした、ほったらかし投資 バンガードの創始者であるジャック・ボーグル氏が2019年1月に逝去されました。氏の功績はシンプルに言うと、低経費率でインデックスファンドを誰でも買えるようにした、ということでしょう。後世に語り…

1000万円以下の少額投資でリバランスはどのように意識していくのか

少額投資のリバランスはどのように意識していくのか 1000万円を下回るような投資額の場合、リバランスをどうしたらよいのでしょうか。 王道としては、資産額に関わらず、株式と債券のバランスは当初決めたとおりにしっかり行ったほうが良いということで…

生命保険とiDeCoとIPO投資に関してのさっくりとした見解とまとめ

保険とiDeCoとIPOについての結論 保険とiDeCoとIPOが悩ましいのですが 1、 現在加入している低解約返戻金保険を解約するか迷っております。 2、iDeCoの資金拘束について 3、 IPO投資について 保険とiDeCoとIPOに関して 意外と悪くない生命保険かもしれませ…