たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

集中投資と分散投資のマインドの違い

集中投資をする人と、分散投資をする人

 人の性格によって投資の方向性はがらりと変わりますね。その1つが集中投資と分散投資の考え方ですね。

 

 前者は投資がもともと好きで、リスクを大きくとれるタイプが多いです。後者は必ずしも投資が趣味というわけではなく、むしろ資産運用の一環として行っているタイプが多いですね。

 

 投資は千差万別ですから、どちらが正しいということはないですね。自分のお金ですから自分で考えて、自分の納得のいくように投資をすればよいのです。

 

 集中投資は相場環境が良い時に投資効率を高めてくれます。分散投資は相場環境が悪い時にディフェンシブ性を示してくれます。一概に言い切れませんが、そのような傾向があります。良い時と悪い時、どちらに着目して投資をするのかということです。

 

 投資家が未来に対する期待をモチベーションとするならば集中投資をするのかもしれません。未来に対する不安、備えをモチベーションとするならば、分散投資をするのかもしれませんね。

 

 いずれにしても、自分にとって心地よい、腹落ちする投資というのが大事です。さて、今回はつみたてNISAから投資を始め、集中投資か分散投資で迷うという方からのご質問を頂戴しています。

集中投資をすべきか、分散投資をすべきかで迷う

 たぱぞう様

 はじめまして、ミヤと申します。現在42歳(男性・妻あり・子どもなし)の会社員です。たぱぞう様のブログを拝見したことをきっかけに、定年以降のことを考え投資の世界に足を踏み込みました。

 

 2019年につみたてNISAを始めました。楽天VTIを月1万円で購入し始めましたが、先日、たぱぞう様の「お金が増える米国株超楽ちん投資術」を拝読したことをきっかけに、つみたてNISA枠を全て使い切ろうと思い、満額の投資に変更をいたしました。
(根がびびりなものですから、いきなり満額ということは手が出せませんでした)

 

 投資を始めたことで、将来のことを深く考えるようになりました。

 

 投資はギャンブル的な要素があり、これまで触れることがありませんでしたが、今では「投資を学び実践していくことが将来につながる」と思っています。

 

 そういう想いから、現在の貯蓄も個別銘柄の購入ではなく、投資信託に投資をしていこうと考えております。

 

 つみたてNISAと並行しながら特定口座にて貯蓄の200万円ほどを、分割投資(月10万円で20ヶ月)で投資を始めていき、それが終了しだい、月5万円程度投資をしていこうと考えています。
(勤務先では確定拠出年金を行っている関係でiDeCoは利用できません)

 

 そこでご相談なのですが、投資する銘柄はつみたてNISAと同様の楽天VTIで同じものでもよいものでしょうか。金額が大きなものではないため、楽天VTI一本でもいいのではないかとも思うのですが、御著書の中に「初心者は極端な一点集中投資は避けたほうが良い」とありました。

 

 そのため別の商品(楽天VTIより信託報酬率が低い「eMAXIS Slim 米国株式」を考えております)への投資も考えております。

 

◆今後の取り組み(予定)

  • つみたてNISA ・・・ 楽天VTI(満額)
  • 特別口座にて ・・・ eMAXIS Slim 米国株式(200万投資後、月5万程度)

 

 お忙しいかとは存じますが、たぱぞう様のご意見を賜れましたら幸いでございます。何卒よろしくお願い致します。

ETFはもともと分散性に優れる投資

 結論から申し上げますと、その投資に間違いはありません。理由を箇条書きにしますね。

  • 少額での投資は株式一本で良い
  • VTIやS&P500はもともと分散性に優れる

 この2点が理由です。もし、地域分散やアセットの分散を図るならば、全世界投資やバランスファンドへの投資となります。しかし、今から投資をして資産拡大を図るという段階ですから、米国株一本の投資で良いでしょう。

集中投資と分散投資、上昇を想定するか下落を想定するか。

集中投資と分散投資、上昇を想定するか下落を想定するか。

 大事なのは、自分が投資で何を狙うのかですね。米国株投資をしつつ、全世界投資やバランスファンドの考えにも触れて、視野を広めていくとよいと思いますよ。私自身はペーパーアセットに関しては米国株投資しかしていません。

 

 ともに続けていきましょうね、ご質問ありがとうございました。

 

関連記事です。

  資産運用がうまくいかないとするならば、それは買っている商品に問題がありますね。手数料が高すぎたり、選ぶべき地域を間違えていたり、投資対象が資産運用に適していなかったり、理由は様々です。

www.americakabu.com

  米国集中投資のメリットデメリットもよく語られますね。過度な期待は禁物ですが、この30年以上は最適解であり続けています。全世界か、米国か、なかなか悩ましいこれまた永遠の課題でもあります。

www.americakabu.com

  良い投資というのは、放っておいても資産価値が増えるものです。もともとの資産が成長するものと、インカムが資産を増やすものがあります。いずれにしても、特徴を踏まえて投資をしていけばこれもまた難しいことではありません。

www.americakabu.com