たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

シンプルな資産ポートフォリオの作り方

資産ポートフォリオを組み立てる

 ポートフォリオはシンプルが一番です。管理の手間もかかりますし、画面もごちゃごちゃすると気分がよろしくないですね。もちろん、投資が趣味の人にとっては全く問題ありませんが、そうでもない人はやはりETFや投資信託が最適と考えます。

 

 先日、私も税務処理に辟易し、一般口座の株式を泣く泣く手放しました。しかし、キャッシュに変えてみると、非常にすっきりしてまた違った景色が広がりますね。私は基本的にモノは最小で過ごしたい人なので、今ではさっさと整理すれば良かったと思っています。

 

 あくまで肌感覚ですが、普通の兼業投資家の場合ならば個別銘柄で20銘柄程度がせいぜい管理の上限ではないでしょうか。投資が好きで、管理に手間をかけられる人ならばその倍ぐらいでも大丈夫でしょう。

 

 そういう意味では私も改めて良い機会を得たと思っています。さて、今日は古い投資信託や日本株がごちゃごちゃしていて困る、ということでご質問を頂いています。

資産ポートフォリオのシンプルな作り方は

 いつもブログを参考にさせて頂いています。昨年までは日本株、投資信託のみの運用でしたが、たぱぞうさんのブログを参考に、今年から米国ETFも少しずつ購入し始めました。

 

 本日はご相談があり、メッセージを送らせて頂きました。

 

 初めてアセットアロケーション等を考えてみましたところ、現金・外国債券の比率が高く、外国株式の比率が低い事がわかりました。約800万円を先進国株式、100万を新興国株式に移動させたいのですが、米国ETF、楽天バンガード投信等、どうしようかと迷っています。

 

 できれば、楽天証券で10月から始まる楽天カードでの積立で5万円を検討したいところです。(そうなると必然的に投資信託の1択になりそうですが)

 

 今までは、リスクやリターン等も考えず、その時代に流行った商品に投資してきた結果、全てが少額、かなり多くの商品にバラバラと金額が残っています


 優柔不断な性格も手伝って、自然とバイアンドホールドを実践しており、先日記載されていたノムラ日本株戦略ファンドや、グローバルソブリンもそのまま保持している状態です。

 

 現在の月次積立は、合計5万円行っています。WelthNAVIで2万円、SBI証券でeMAXIS Slim 先進国 2万円、新興国 5千円、TOPIX 5千円です。また、NISAもSBI証券で、米国ETFのVYM、VTをスポットで少しだけ購入しています。(日本株も少々)

 

 今回の追加分については、上記を続けながら、追加で積立か、一括で資金移動を行いたいです。(預金・外債→外国株式)

 

 現在の積立の額を増額して、商品数を増やさないようにした方が良いのか、新たに楽天ヴァンガード(VT、VTI)やeMaxis Slim S&P500を開始しても良いのか、迷っています。

 

 お時間のあるときで結構です。ご回答頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

シンプルな資産ポートフォリオを作るにはコアを決める

 まず、古いものは処分するのによい機会だと思いますよ。相場環境も日本株はボチボチ、米国株は最高値という水準です。逆に言うと、損切というわけではありませんから、清々と乗り換えできる時期です。

 

 利が乗っている場合は利益確定になり悩ましいですが、損失があるものと通算すれば損益通算できることになります。

 

 方針としては、現在積み立てている商品に寄せていくのが良いでしょう。もし、楽天証券でのポイント獲得を目指すならば、主力証券口座を変える良い機会にもなります。

 

 いずれにしても、投資信託ならばせいぜいひとまず5本以内を目指して投資してみてはいかがでしょうか。コアができれば、あとはサテライト的にちりばめるだけになります。

 

 現在の投資環境を見たところ、コアが決まっていないようにお見受けします。米国中心でいくのか、国際分散で行くのか、こういうところから考えてみると良いと思いますよ。

 

 なお、楽天VTIとeMaxis Slim S&P500は数億単位の投資ならばともかく、数百万レベルならばそんなに差が出るようなものではありません。米国集中投資というのも同じです。しかし、先進国投信とは考え方が違いますので、差が出ますね。

 

 あるいは、日本株や債券を入れたいならばバランスファンドというのも選択に入ります。

 

 こういうところからどのようにポートフォリオを組んでいくか考えるということです。この作業自体はやってみると大変スッキリしますから、相場環境の良い今は非常におススメです。

f:id:tapazou:20180902180338p:plain

 ちなみに私はシンプルにするならばVTI+BND、あるいはVT+BNDXという考え方に帰結すると思っています。ご質問ありがとうございました。

 

関連記事です

  米国株中心にポートフォリオを作るならばということで書いた記事です。リスクリターンを考慮していくということですね。とにかくシンプルに考えていくことですね。

www.americakabu.com

  様々なアセットに資産を割り振るということならば、バランスファンドの均等割りというのは考え方として知っておいて良いでしょうね。

www.americakabu.com

  ホームカントリーバイアスの無い、グローバルな分散投資ということならばウェルスナビのポートフォリオは非常に参考になると思います。バランスファンドは均等に割り振るので、国内資産に比重が重くなります。

www.americakabu.com