たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

ゼロからイチを生み出す投資が最も大変だという話

ゼロからイチを生み出す投資はとにかく時間がかかる

 2010年以降、資産運用上の多くのチャンスに恵まれてきましたね。

 

 米国株や不動産、太陽光、民泊、ビットコイン、さまざまあります。2000年代においては、2,3億円はおろか1億円を運用している投資家さんもかなり限られました。一部のカリスマデイトレーダーなどが脚光を浴びた時代です。

 

 しかし、今は民泊を除いてどのジャンルの投資家も我が世の春を謳歌しているといってよいでしょう。億り人は珍しくなくなり、10年後、20年後にセミリタイア、ということも現実味をもって語られています。夢のある話ですね。

 

 父祖伝来の資産を生かし、増やすか。それともゼロからイチを生み出し、コツコツと資産を増やすか。

 

 私は普通のサラリーマン家庭に生まれましたから、ゼロからのスタート、資産を大きくするのに大変時間がかかりましたね。まさにゼロイチ投資家だったわけです。

 

 しかし、1000万円を超え、3000万、5000万、そして1億円を超えると資産運用はぐっと楽になりますね。さらに2,3億をこえるとほとんどインデックスだけでも数百万、数千万と自然に増える世界になるのですね。それはコロナショックでさらに加速した感があります。未曽有のバーゲンセールでしたね。

 

 私自身、ほんの20年、いや、10年前に爪に火を灯すようにして数万円を入金していたころからすると、雲泥の差といってよいですね。これが複利の力であり、長期運用の力です。

 

 一方で、地主さんだったり、創業一家だったり、そういった資産家に生まれた人は効率よくスタートが切れます。運用額の大きさは時間に比例します。この時間をいきなり手に入れているようなものですね。

 

 おかしなことをせずに、手堅く運用してきた人が一族にいる場合は、ご子息は大変有利な立場で投資を始めることができますね。

 

 こう書くと、資産家や地主さんをうらやむ向きもあるかもしれませんね。しかし、うらやむぐらいならば自分の生活を見直し、ゼロからイチを生み出す側になったほうがいいですね。私はそうしてきました。

 

 さて、今回はターミナル駅近くに土地があり、その活用を迷っているという方からのご質問を頂戴しています。

ゼロからイチを生み出すフェーズから、より効率よい投資をしていきたい

はじめまして。

 毎朝、たぱぞうさんのブログを読んで、人生の参考にさせて頂いてます。

 米国株投資のきっかけを与えて頂いたおかげで、毎年の500~600万円のキャッシュ余剰を預金から米国株投資に回せております。

 

 投資は、少し前までは積立NISA等+米国ETFで毎月50万円ほど定期買付していたのですが、コロナショックの3月~6月に大きく預金から米国株に投入したことと、都内新築マンションを購入(住居用途)、その月々の返済があることから、最近は積立NISA、ideco、ジュニアNISAの税制メリットがある投資に絞り、月20万程の定期買付としています。

 

 現在41歳で、資産8000万円弱。45歳で1億円というのを目標に励んでいます。仕事はとても安定的なので、株で大きく目減りしなければ達成できる見込みです。

 

 私の現状はそのようなところですが、この度、ご連絡しましたのは、私の父がアパート1棟借り上げサブリースを検討していることについてです。

 

 たぱぞうさんはブログの中で、不動産について言及されていますのと、資産管理法人をお持ちなので、どう思われるのか、ご意見お伺いできますと幸いです。

 

 サブリースの概要は以下の通りです。

 自己所有土地(JRターミナル駅徒歩6分)に2階建アパート(1Kを8住戸)、駐車場を新設。サブリース契約を予定しています。建築費は8,000万円。


 収支は55,500円/戸、15,000円/台で計算していて、月15万円が手取りとなっています。家賃は2年毎に見直しできる規定があるので、すぐに値下げがあるのだろうと想像しています。


 また、同社プレゼン資料では、周辺相場並みの家賃であること、家賃下落率や空室率は低位であることが示されていますが、建築費が妥当であるのか等、他社見積もりも最低2社くらいは必要だろうと考えています。

 

 上記の事業性については懐疑的である一方、父親ももう齢であり、相続のことも意識しています。父の株式総額は不明ですが少なくとも5,000万はあり、父の自宅(戸建住戸)、上記土地不動産とを考えると、株式と賃貸アパートの合わせ技で資産管理法人を作ることも考えられるのかもしれないと思っています。

 

 土地の有効活用の最適解とはどのようなものなのか、悩ましいところで、たぱぞうさんのご見解を頂けますと大変幸いです。お忙しいところ、勝手なご相談で申し訳ございません。お手すきの際にでもご回答頂けますと嬉しいです。

 

 どうぞよろしくお願いいたします。

すでにゼロイチではなく、大きくリードをしている

 素晴らしいですね。ターミナル駅から徒歩6分の土地でしたら、かなり高い確率で勝てる物件が作れるでしょう。地主さんの強みです。

ゼロからイチを生み出す投資

ゼロからイチを生み出す投資

 私たちのようなサラリーマン投資家はほとんど土地含めてローンを引いて、返済含めて電卓ぱちぱち計算して経営をしているわけです(笑)

 

 上物だけのローン、しかも土地担保となると金利も低く、最初から他の投資家さんを大きくリードした状態で始められるということです。普通にやれば負けようがありません。

 

 しかし、このサブリース案件は条件が厳しいですね。土地付き8戸で8000万は相当高いですから、中身を精査したいところです。正直、鉄筋コンクリート造り並み、いやそれ以上ですね。何か利益が乗っているか、オーバースペックか、はたまた、というところですね。

 

 また、こうした環境に甘えることなく、ご自分でも投資をなさっているのが素晴らしいですね。あと4,5年で金融資産が1億円というのは、相場環境にもよりますが無理な数字とは思えません。

 

 私ならば、この土地に収益物件を適正な価格で建て、自分の属性とこの土地の力を借りて、数棟増やします。そうすると、資産管理法人の出来上がりですね。お手元のキャッシュも豊富ですから、セミリタイアが視野に入る環境ですよ。

 

 株の知識、ご経験もおありでしょうから鉄壁のPFになります。あとはメールした通りです。せっかく得られたチャンスですから、きっちり分散し、リスク管理をしながら自由を手に入れましょう。ともにがんばりましょうね。

 

関連記事です。

 特に冒険せずとも、誰もができる資産運用術が米国株インデックス投資です。5年で2倍はできすぎですが、今後もジグザグはありながらも高値更新を続けていくことでしょう。

www.americakabu.com

今の時代、貯蓄だけだと永遠にゴールは見えません。ゼロからイチを生み出すどころか、下手をすると永遠の0です。

www.americakabu.com

 海外ETFの基礎基本のお話ですね。誰もが良い金融商品を買える、良い時代になりました。

www.americakabu.com