たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

フィリップモリス【PM】は高配当の米国タバコ銘柄

スポンサーリンク

フィリップモリス【PM】の事業内容と歴史

 フィリップモリス(PM)は世界最大規模のタバコ会社です。アルトリアグループ(MO)の国際部門が2008年に分社化したのがフィリップモリスです。

 両社は2008年の分社後もマルボロ、ラークなどの同一銘柄を扱っています。担当地域が違うだけですね。アルトリアグループが米国内を事業地域とするのに対し、フィリップモリスは米国以外を事業地域としています。

 

 訴訟リスクを避けるために、国内と国外で分社化したということです。

 タバコメーカーは、PM含め大きく4社あります。中国の中国専売、イギリスのブリティッシュアメリカンタバコ(ティッカー:BTI)、日本のJTが有名です。

 

 ちなみに、アメリカ2位のレイノルズアメリカンはブリティッシュアメリカンタバコが4割の株式を持っています。残りの株式の買占めによる買収合意をしましたので、ブリティッシュアメリカンタバコが販売数量世界一の上場タバコ会社ということになります。

 

 中国は世界のタバコの1/3を消費しています。中国専売は名前の通り中国国内で強さを発揮しています。中国の市場規模が大きいので、中国専売が販売数量は世界一になります。ただ、中国専売は上場をしていません。

 

 フィリップモリスは世界180か国で事業展開しています。保有ブランドの知名度も高いです。上場しているたばこメーカーでしたら、ブリティッシュアメリカンに次いで2位の規模ということになります。

 

 タバコ銘柄というのは常に健康訴訟リスクを抱えているため、株価が抑えられていることが多いです。これに加えてフィリップモリス(PM)はドル高での利益減少リスクも抱えていたため、株価はしばらく横ばいでした。

 

 しかし、このところのアイコスの順調な売れ行きから、急速に株価を伸ばしました。私の持ち株の中でも非常に上昇した株式のうちの一つになっています。

f:id:tapazou:20160511184206p:plain

※フィリップモリスのホームページから

 

 設備投資に大してお金がかからないこと、喫煙者は定期的に好きなブランドを買い続けてくれること、この2点からタバコ会社は安定しています。高い税金を課せられても、それでも利益が出るのがタバコ会社です。

 

 各国における納税額も多額を極めています。例えばブリティッシュアメリカンタバコは全世界での納税額が4兆7000億円にもなります。そういう意味では嗜好品であるタバコを通した徴税システムとも言えなくはありません。

 

 このように高い税金を納めていることから、国家とは持ちつ持たれつの安定した関係に見えます。 

 

 フィリップモリスのアイコス、ブリティッシュアメリカンのグロー、JTのプルームテックのように、新方式たばこがシェアを急速に伸ばしています。今後はこの新方式たばこのシェア争いが業績に直結するようになるでしょう。

チャートと配当

f:id:tapazou:20170724155155p:plain

※Google finance

 2008年6月 株価51ドル  配当0.46ドル

 2016年3月 株価101ドル 配当1.02ドル

 2017年7月 株価119ドル 配当1.04ドル

 

 配当が2008年から倍以上に成長しています。株価もおよそ倍以上です。リーマンショックのころと比べているので、幾分差し引く必要があります。それにしても配当の伸び、株価成長が素晴らしいです。

 

 株価は2015年までは80ドルあたりでしたが、ドル安とともに120ドル近辺にまで上がりました。それに伴い配当利率も3.5%まで下がっています。私が買ったときは5%超えの配当でした。再び5%近くまで落ちて来たら買い増ししたいと思っていますが、まさに押し目待ちに押し目なしです。

 

 トランプ大統領の当選に伴い、金利が上昇を始めています。債券もそうですが、金利上昇局面では高配当銘柄は他の高金利商品と競合をするようになるために株価が下がる傾向にあると言われています。しかし、今のところどこ吹く風ですね。

 

 さらに金利が上がることがあれば株価は調整に入ると思われます。そうしたら買い出動しても良いかもしれませんね。

 

 ちなみに本社はアメリカ国内ではありません。スイスのローザンヌに本社があります。そのため源泉徴収税がほとんどかかりません。税金の関係で本社をアメリカから移しました。アメリカの会社らしいですね。

フィリップモリス(PM)の基本データ

ティッカー:PM

本社:スイス・ローザンヌ

来季予想PER:24倍

PBR:-----

ROE:-----

ROA: 20

EPS:4.88ドル

配当:年間4.12ドル。1,4,7,10月に配当。

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場

 

 株主資本以上に負債があるのでROEが算出できていません。この負債は主に自社株買いに使われています。フィリップモリスに限らず米国企業は自社株買いが盛んです。株主重視の姿勢がここにも表れています。日本の企業のように枠だけ設定の自社株買いとは違います。

 

 特に今は利上げ局面を迎えているとはいえ、比較的低金利なため、低金利で借入し、自社株を買い、配当をするという方針を取っています。最大限まで株主還元をしようという方針です。

 

 株主からするとうれしいですが、今後さらなる利上げ局面を迎えたときにどのような財務の方向をとっていくのか注目されます。

フィリップモリス(PM)の配当と配当性向

f:id:tapazou:20170724170719p:plain

 配当も上昇していますが、配当性向はそれ以上に年々切りあがっており、2016年には98%になっています。フィリップモリスのIRによると、2008年の配当開始以来の伸びはトータルで126%、年平均10.7%の伸びです。

 

 しかしながら売上や営業利益を考えると、今後の配当の伸びは今まで通りにはいかないかもしれませんね。

フィリップモリス(PM)の売上と営業利益

f:id:tapazou:20170724180714p:plain

 フィリップモリスの営業利益率は非常に高く、この10年常に40%近辺です。しかし、売上は実はほとんど伸びておらず、営業利益も高いレベルではあるものの横ばいです。それでも、株価は切りあがっています。

 

 昨今の米国株はこのような傾向の株が意外に多いです。大量の自社株買いでもない限りやみくもに買いから入るという理由は見当たりませんが、フィリップモリスは積極的な自社株買いでも知られています。

 

 フィリップモリスの場合は、アイコスが大変好調です。今後、このアイコスが紙タバコのシェアをどのように変えてくるのかが注目されるところです。

フィリップモリスのキャッシュフロー

f:id:tapazou:20170724181729p:plain

 これぞタバコ会社というキャッシュフローをしています。営業キャッシュフローは毎年安定的で、強みのある事業形態であることを示しています。また、投資キャッシュフローはそれに対してわずかな支出です。

 

 これは、タバコ業がある意味ではオールドエコノミーで、新たな設備投資があまり必要ないことを示しています。ほとんど横ばいの投資キャッシュフローなのはそういうことです。

 

 そのため、営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを引いた、フリーキャッシュフローも潤沢です。これこそがフィリップモリスの強みと言ってよいでしょう。ワイドモートな企業というのはこういう企業のことではないでしょうか。

 

関連記事です。

 ライバルであるブリティッシュアメリカンタバコの記事です。私はここも1万ドルほど投資しています。

www.americakabu.com

 米国内会社であるアルトリアグループの記事です。非常にきれいな右肩上がりのチャートを描いており、買いたいのですがフィリップモリスと合わせると結構な投資額になるのが悩ましいところです。ここもずいぶん上がりました。

www.americakabu.com

  高配当投資にはフィリップモリスやアルトリア、ブリティッシュアメリカンは欠かせない存在と言ってよいでしょう。ETFならばVYMなどの高配当ETF投資ということになりますね。

www.americakabu.com