読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ディアジオ(DEO)、配当3%、世界有数の飲料メーカー

スポンサーリンク

ディアジオ(DEO)の事業内容と歴史

 世界有数の売り上げを誇る、飲料メーカーです。日本でもおなじみです。

 

f:id:tapazou:20160514153520p:plain

 スミノフジョニーウォーカーギネスビール、などは日本のコンビニでも見ることのできるメジャーブランドですね。

 

 ギネス社グランドメトロポリタン社が1997年に合併してできた会社です。ライバル会社は

 

ペルノ・リカール(フランス)

※ワインに強み。ワイン世界一。業界2位

 

ビーム・サントリー(日本)

※ビームはアメリカ。サントリーが買収した。業界3位

 

バカルディ・マルティーニ(バミューダ)

※バカルディはキューバ、マルティーニはイタリアにルーツを持つ

 

 などがあります。ディアジオもそうであるように、合併を経験した会社が多いです。ビールほど寡占化が進んでいないこと、地場メーカーが強いこと、が業界の特徴としてあげられます。

 

 今後も合併を繰り返しつつ、再編、集約されていくのではないでしょうか。

 

 世界の180を超える国々で事業展開しています。2015年にブラジルの投資会社3Gキャピタルバートナーズが買収を検討するという報道があり、株価は一時急騰しました。しかし、その後具体化することなく沈静化しています。

 

 利益率はこの数年30%近くあり、安定しています。しかし、売り上げが安定せずもたついています。2014年はマイナス、2015年になって盛り返す、そんな感じで安定成長にはなっていません

 

酒類の販売では世界一です。

ディアジオ(DEO)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160514153902p:plain

2006年3月株価61ドル  配当0.832ドル

2016年2月株価102ドル 配当1.3ドル(10月の配当が多い)

 

 株価はこの数年は伸び悩んでいます。130ドルを2013年の12月につけてから、高値を更新できていません。売り上げを中心とした業績のもたつきが株価に反映されています。

 

 しかし、配当の伸び、業態の安定感から最も欲しい株式のうちの1つです。

 

 タバコと同じで、ブランドに固定ファンがいることが強みになっています。業界の再編に期待しつつ、持っていれば安定配当を得られる銘柄と考えます。

 

ディアジオ(DEO)の基本データ

ティッカー:DEO

本社:イギリス

来季予想PER:19

PBR:6.1

ROE:32%

ROA: 10.1

EPS:5.8ドル

配当:年間3.4ドル。4,10月に配当。

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場(ADR)

 

 英国株ですので、配当に源泉徴収税はかかりません。2期配当ですが、10月のほうが多く配当金を出しています。業績に目を向けつつ、下がる局面があれば買いを検討したいと思っています。