読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ボーイング(BA)、世界最大航空宇宙機器開発会社。配当3.4%

スポンサーリンク

ボーイング(BA)、航空宇宙開発の盟主

 

 ボーイングは世界最大の航空宇宙機器開発会社です。売り上げ規模はアメリカでも最大級の多国籍企業です。

 

 

 ちなみに2008年までは東証にも上場しており、東証外国部でも株を購入することができました。

 

 その歴史は1916年にまでさかのぼります。ウィリアム・ボーイング氏によってシアトルで創業され、第一次世界大戦で練習機を海軍に700機あまり納入したのを皮切りに、航空事業を軌道に乗せます。

 

 その後、民間機ではボーイング247、軍用機では海軍機F4Bというヒット商品を出し、その地位を確立します。

 

 しかし1934年に独占禁止法によってエンジン部門はユナイテッドテクノロジーズ(UTX)、旅客部門はユナイテッド航空として分社されます。

 

 その後の第二次世界大戦では主にBシリーズの戦略爆撃機を開発し、大きく技術と需要を伸ばします。ヨーロッパ戦線ではB17が、太平洋戦線ではB29が有名です。

 

 特にB29は高い需要があり、他企業の工場も稼働させて増産されました。三菱のゼロ戦が中島の工場でたくさん作られたのと同じ構図です。

 

 戦後は旅客輸送に航空機が使われることが一般化し、ボーイング社も大きく業績を伸ばします。中でも1969年に初飛行したB747は大型ジェットの名機で、1500機を超える数が生産され、今も現役で改良を加えながら使用され続けています。

 

 近年は航空機開発に多大な費用がかかることから国際分業体制にしており、日本企業も多く参画しています。また、それだけの費用を負担できる会社が限られることから業界の寡占化が進んでおり、ヨーロッパのエアバス社が生まれたのもそういう背景をもとにしてのことです。

 

 ボーイングの場合は民間機だけではなく、マクドネル・ダグラス社を吸収し、軍用機への比重も高めています。マクドネル・ダグラス社は民間機では苦境でしたが、軍関係ではヘリのアパッチ・ロングボウやF-15の開発で有名です。第二次世界大戦では今は無い形態の急降下爆撃機のドーントレスという名機がありました。

f:id:tapazou:20160619141541p:plain

 現在は70か国を超える国で事業展開をしており、17万人近くの従業員を抱えます。また、売上高は960億ドル、日本円で約10兆円、事業内容から唯一無二の専門性の極めて高い多国籍企業と言って良いでしょう。

 

ボーイング(BA)チャートと配当

f:id:tapazou:20160619150453p:plain

 ※画像はヤフーUSから

2006年 株価75ドル  配当0.3ドル

2016年 株価128ドル 配当1.09ドル

 

 航空機需要は景気に左右されやすいことから、業績が読みにくいところがあります。また、777や787など低燃費機開発と販売に力を注いできましたが、このところの原油安で需要がそれほど伸びていません。売上高はこの2年減少しています。

 

 2013年に株価は75ドルから130ドルまで急伸しました。その後の足踏みしていますが、民間機需要のさらなる高まりがなければ売り上げが伸びることも株価が劇的に急伸することもないと思われます。

 

ボーイング(BA)基礎データ

ティッカー:BA

本社:アメリカ

来期予想PER:14.8倍

PBR:13.6

ROE:69%

ROA:2.6

EPS:8.8ドル

配当:4.36ドル

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 配当余力は十分あります。配当利率3.4%です。ただ、今後の業績見通しは厳しいです。ライバルはヨーロッパのエアバス社です。航空機業界は寡占状態です。したがって、厳しいとはいえ今後もなくなることは無い会社です。また、アメリカの防衛面でも重要な役割を果たしています。

 売上が減少していて株価もお休み状態ですが、逆に今が買場なのかもしれません。