読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

複利計算表を使って億り人シミュレーションをしてみた

スポンサーリンク

複利計算表で億り人シミュレーション

  億り人になれば、税引後配当収入4%で400万円近くの配当を得ることになります。老後は安心できますし、贅沢をしなければ配当だけで生活ができます。

 

 人生の選択肢が増え、仕事にも余裕が出るのではないでしょうか。よりいっそう良い仕事ができそうですね!

 

 そこで、億り人になるための複利計算表を作ってみました。

 

複利計算表の条件

  1. 配当は税引後3.7%
  2. 年に200万円投資に回す
  3. 配当再投資をし続ける

 

 配当は、高配当株を中心にETFをトッピングしたものとします。無理な数字ではない、現実的な数字を選びました。最初から4%近くの配当を実現するのは今の株高だと難しいかもしれませんが、増配銘柄の増配があるので数年すれば現実的になると思います。

 

 年間200万を投資に回すとします。若いうちはけっこう大変かもしれません。また、子どもの教育費がかかるころはもっと大変かもしれません。ちょっとアグレッシブな目標値として設定しました。逆に、200万ぐらい追加投資していかないと億り人になるのはなかなか厳しいです。トレーディング才能が突出していれば別ですけどね。

 

 配当金はそのまま再投資します。ですので、元の金融資産+200万+複利分が翌年の金融資産ということになります。

 

 増額というのは、複利が昨年比で何万円増えたかということです。小数点を切り捨てるroundを使っているので最初のうちは同じ数字が並びますが、実際には数千円単位でじわじわ増えています。

 

複利計算表、実際にやってみました

 30歳で金融資産が1000万円と仮定します。下の表になります。

西暦 年齢 金融資産 貯金 複利 増額
2016 30 1000 200 37 9
2017 31 1237 200 46 9
2018 32 1483 200 55 9
2019 33 1738 200 64 10
2020 34 2002 200 74 10
2021 35 2276 200 84 11
2022 36 2560 200 95 11
2023 37 2855 200 106 11
2024 38 3161 200 117 12
2025 39 3478 200 129 12
2026 40 3807 200 141 12
2027 41 4148 200 153 14
2028 42 4501 200 167 13
2029 43 4868 200 180 14
2030 44 5248 200 194 15
2031 45 5642 200 209 15
2032 46 6051 200 224 16
2033 47 6475 200 240 16
2034 48 6915 200 256 17
2035 49 7371 200 273 17
2036 50 7844 200 290 18
2037 51 8334 200 308 19
2038 52 8842 200 327 20
2039 53 9369 200 347 20
2040 54 9916 200 367 21
2041 55 10483 200 388  
        400  

 

 30歳で金融資産1000万円とすると、億り人になるには55歳までかかります。もし億り人=退職と考え、退職金をプラスするならば、もう少し早いことになります。私ならもう少し働きますけどね。

 

 条件を変えて40歳で金融資産5200万円と仮定します。

西暦 年齢 金融資産 貯金 複利 増額
2016 40 5200 200 192 15
2017 41 5592 200 207 15
2018 42 5999 200 222 16
2019 43 6421 200 238 16
2020 44 6859 200 254 17
2021 45 7313 200 271 17
2022 46 7784 200 288 18
2023 47 8272 200 306 19
2024 48 8778 200 325 19
2025 49 9303 200 344 20
2026 50 9847 200 364 21

 億り人になるには50歳までかかります。配当と労働収入からの追加だとなかなか達成するには年数の要する額だということがわかります。

 

複利計算表の計算式

  非常にシンプルです。

 

 2016年の複利のセルには下記を入れます。

 =round(金融資産欄のセル名*0.037)

 

 増額のセルには下記を入れます。

 =2017年の増額ぶん-2016年の増額分

 

 2017年の金融資産欄

 =SUM(前年度金融資産セル:前年度複利まで)

 金融資産+貯金+複利=2017年金融資産

 

 です。

 

実際の表を使って

f:id:tapazou:20160726235935p:plain

 実際に例にとってみます。2行目からです。計算式はコピペできます。

2A 2016を入れます

2B 30を入れます

2C 1000と入れます

2D 200と入れます

2E =round(C2*0.037) を入れます。0.037は3.7%を意味します。

2F =E3-E2 を入れます

 

 次に3行目です。

3A 2017を入れます(ctrl+ドラッグが早い)

3B 31を入れます

3C =SUM(C2:E2) を入れます。

3D 200を入れます

3E =round(C3*0.037)

3F =E4-E3

 

 あとは下のセルにコピーすれば何年分でも作れます。これで複利+貯蓄の計算ができます。米国株の成長率は年率およそ6%と言われています。ですから、実際にはもっと早く達成されるかもしれません。3Eを0.06にすれば、6%で計算されます。

 

 いろいろシミュレーションするとおもしろいです。

 30歳、6%での運用の場合

西暦 年齢 金融資産 貯金 複利 増額
2016 30 1000 200 60 16
2017 31 1260 200 76 16
2018 32 1536 200 92 18
2019 33 1828 200 110 18
2020 34 2138 200 128 20
2021 35 2466 200 148 21
2022 36 2814 200 169 22
2023 37 3183 200 191 23
2024 38 3574 200 214 25
2025 39 3988 200 239 27
2026 40 4427 200 266 28
2027 41 4893 200 294 29
2028 42 5387 200 323 32
2029 43 5910 200 355 33
2030 44 6465 200 388 35
2031 45 7053 200 423 38
2032 46 7676 200 461 39
2033 47 8337 200 500 42
2034 48 9037 200 542 45
2035 49 9779 200 587 47
2036 50 10566 200 634 50
2037 51 11400 200 684 53
2038 52 12284 200 737 56
2039 53 13221 200 793 60
2040 54 14214 200 853 63
2041 55 15267 200 916  

 1億5000万までいくとだいぶ生活も楽になりそうです。うらやましいですね。ま、取らぬ狸の皮算用なのですけどね。