たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

 今回は、『「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい』ということで、岩城みずほ氏のご著書をご紹介したいと思います。外貨建て保険を買おうと思っている人は、一度読んでおくと良いですね。

 

 さて、投資信託やETFはもちろん、株式投資などの投資をしている人は多くありません。一方、私たち多くの日本人が最も慣れ親しんでいる金融商品の1つが保険ということになります。投資信託やETFという言葉を知らなくとも、保険という言葉を知らない人はいないでしょう。

 

 また、世界のFX投資家のうち6割が日本人という話があります。私たちは、投機的な側面と、保守的な側面を併せ持っているのかもしれません。

 

 しかし、大変残念なことに、この両方とも資産形成に資するものではないということは押さえておきたいですね。FXは半丁ばくち、勝つか負けるかの投機です。時々高金利通貨のスワップ分を積み立てなどという話も聞きますが、通貨の根本の考え方からして違いますね。

 

 また、保険は自分たちの生活を守るために機能するものであり、資産運用を目的とするものではありません。

 

 資産運用の基本は株式や債券だということです。これらを分散させた投資信託やETFというのは、経費率の低さから考えても極めて高い妥当性があると言えるでしょう。

なぜ保険で資産運用をしようと思うのか。

 それではなぜ多くの人が保険で資産運用をしようと思うのでしょうか。それは、以下のような理由が考えられます。

  • 元本割れを極端に恐れる心理
  • 資産運用からほど遠い語感

 まず、投資になれていない人は元本割れを極端に恐れます。そのため、資産価値が目減りすることを避けたいという心理が、適切な投資活動を妨げるのですね。

 

 しかし、ドル円がボックス相場にもかかわらず、米国が年率2%のインフレをし続けてきたということは、日本円で持ち続けていれば実質的に資産価値が目減りしたとも言えるわけです。

 

 また、保険というと資産運用からほど遠い語感があります。「投資は怖いけど、保険で資産が増えるならばやってみようかな」というわけですね。これらの心理が大きく後押しして、日本人の保険好き気質をはぐくんできたと言えます。

 

 しかし、繰り返しますが資産運用の役割を保険に担わせるのは違いますね。

保険大好き日本人、世界の生命保険料シェア上位国から分かる実態

 日本人の保険好きは広く知られるところです。世界の保険料シェア上位10か国の変遷を見てもそれは明らかですね。

世界の生命保険市場における国別保険料

世界の生命保険市場における国別保険料

 ※ニッセイ基礎研究所のサイトから

 国民皆保険が達成されている日本において、さらに手厚い保険をかけている実態がわかります。他の投資や積み立て運用をしていないので、保険にかける金額が多くなっているのかもしれません。

 

 いずれにしても年収減、可処分所得減、と言われる中にあって保険料はそれなりの地位を家計において築いているということですね。

限られた資産をどのように割り振っていくのか

 さて、前段が長くなりました。私たちの大切な資産、限られた資産をどのように割り振っていくのかを大まかに考えておくことが大事です。保険はあくまで保険であり、資産運用の役割を担わせるのは違います。

  • 変額保険
  • 外貨建て保険
  • 貯蓄性保険

 こうしたものは、不要なことが殆どです。

 

 ただし、保険のすべてが悪いわけではなく、貯蓄性保険を相続で活用したり、全損・半損保険を法人の設備投資などと関連させて活用する方法はありますね。しかし、これらはやや上級者向けの活用の仕方であり、基本的には保険は掛け捨てで十分です。あんまりゴチャゴチャいうとわけがわからなくなりますからね。

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

 

  本書では外貨建て保険について特に紙面を割いて説明してあります。保険商品に興味のある方は一読されると良いですね。

 

関連記事です。

  生命保険は大事です。控除枠を使って、節税をしつつ生命保険を活用していくというのが基礎基本の考え方になります。使いようによっては非常に幅が広いのが保険ですが、シンプルに「保険は掛け捨て」と覚えておいても良いでしょう。

www.americakabu.com

  変額保険に関してのお話です。FPさんにいろいろおススメされて、よくわからないから入りました、というのはよく聞く話です。しかし、自分のお金、自分の生活ですからよくわからないならば分かるまで入らないほうがいいですね。

www.americakabu.com

  一度契約をすると、解約返戻金が少なすぎて二の足を踏む、ということが往々にしてあります。悩ましい問題です。生命保険はこのような性格を帯びていますから、自分である程度研究して、考えに沿った商品選びをしたいですね。しかし、興味と時間がないとなかなか選びにくいのも事実です。www.americakabu.com