たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

VYMは安定の高配当米国ETF!配当再投資で堅実な資産形成ができる!

スポンサーリンク

VYMは安定の高配当ETF、おすすめ2位

 必ず勝てるETF、2位はこのVYMを推します。構成銘柄は安定高配当株が多く、経費率(信託報酬)が0.08%と小さいです。そのため最も優れたETFのうちの1つと言って良いでしょう。

 

 2016年には0.09%の信託報酬でした。それからさらに値下げをし、2017年には0.08%になっています。

 

 バンガードやブラックロックのETFの優れているところは、毎年のように限界まで信託報酬を下げているところです。私が投信よりもETFを選好するのは、この顧客に対する誠実さも大きいです。

 

 ちなみに私は現在2万ドル分だけ保有しています。今後も市場の暴落局面があれば買い増していきたいところです。 ETFは分散が効き、適切に銘柄の入れ替えもあります。従って個別株と違い投資上限というものが無い、安心できる投資先ということになります。

 

 さて、VYMですが日本名では「バンガード・米国高配当株式ETF」と言います。FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動を目指したETFです。名称からして私好みです。配当利回りはおおむねいつも3%~3.5%あたりで落ち着いています。株式ETFの中では確かに高配当なETFということになります。

 

 取引値が上昇すると3%を切ることがあります。買いの目安として3%以上の分配金利回りかどうかというのも一つの目安になります。

 

 VYMを上回る利回りの商品は、PFFやHYGなどある程度リスクを負った債券系のETFならばあります。しかし、キャピタルゲインも狙えるのが株式系のETFの良いところです。株式と債券のリターンならば、株式のほうが債券より圧倒的に良いことは歴史が証明しています。

VYM、米国高配当株式ETFのチャートと配当

チャートと配当を見てみましょう。画像はヤフーUSチャートからです。

f:id:tapazou:20170429211223p:plain

2006年12月で0.175ドルの分配金です。取引値はおよそ50ドルです。

2016年3月で0.478ドルの分配金です。取引値はおよそ70ドルです。

2017年3月で0.56ドルの分配金です。取引値はおよそ77ドルです。

 

 すべての数値が順調に成長しています。米国株投資の強みとはこういうことです。投資とはミクロで見るのではなく、マクロで見たほうがはるかに簡単です。成長国に投資をすることが投資の基本になりますが、その好例と言って良いでしょう。

 

 配当はおよそ3倍です。取引値は1.5倍というところです。取引値は2016年1月に60ドル前半まで押す場面があったので、参考数値程度に思ったほうが良いでしょう。どうしても取引値の上下があるのは株式ETFの宿命です。

 

 しかし、配当金の成長は取引値よりも着実なものです。もし今買って、今後も配当金が成長していくならば、10年後には5%を超える実質配当になっている可能性があります。自分年金を意識した投資というのはこういうことだと思います。

 

 仮にこのような配当成長が無かったとしても、現在でもすでに3%近い高配当です。この水準でも配当再投資をしていれば少なくとも10年で1.6倍の資産増ぐらいにはなっていることを期待させます。

 

 この見積もりでも私からすると十分な資産形成ということになります。銀行預金や日本株投資とは明らかに違う計算が成り立ちます。 米国株投資の1年あたり平均リターンが6.8%という数字通りのパフォーマンスを示しています。

VYMの構成銘柄

 VYMの構成銘柄をみてみましょう。

f:id:tapazou:20160427210527p:plainVYMの構成銘柄

 

 米国高配当銘柄が並びます。私の持ち株で言うと、J&JやAT&T、P&G、Verizonがかぶります。ちなみに私はかつてファイザーも持っていました。ヘルスケアの雄であり、世界最大級の製薬会社です。有望な新薬開発をした会社をM&Aすることで、このごろは規模を拡大しています。

 

 私はこのような計算できる高配当銘柄が好きです。なぜなら、株価は市場の強弱にも左右されるので読めませんが、配当は比較的読めるからです。リーマンショックの時に、連続増配銘柄の殆どが減配せず増配を続けたことからも明らかです。

 

 投資額が大きくなってくると、スケールメリットが生まれてきますから、守りの投資が必要になってきます。そうしたときに、インカムゲインの投資術というのは知っておくべきでしょう。

 

 続いて保有上位10銘柄を見ていきます。

 

 エクソン・モービル(XOM)は言わずと知れた石油メジャーを代表する銘柄です。川上から川下までというのが結局原油下落局面でプラスに作用しました。

 

 マイクロソフト(MSFT)は近年増配が際立ちます。社歴が短いため配当の歴史はそれほど長くありませんが、増配率が近年高く、人気が高い銘柄です。

 

 反面、今をときめくいわゆるFANG、フェイスブックやアマゾン、グーグル、さらにはウォーレン・バフェット氏のバークシャーハサウェイが入っていません。これらの銘柄群は高成長ながら無配です。

 

 高配当をうたうVYMにこれらの成長株が組み込まれないのは、当たり前と言えば当たり前ですね。ここがVTIとは違うところです。

 

 VIGと同じ銘柄がいくつかあります。連続増配銘柄か、すでに高配当な銘柄か、そこがVIGとVYMの違いです。今後は分かりませんが、設定来のリターンだとVIGのほうがやや高いです。参考までにVIGの記事も貼っておきます。

www.americakabu.com

 

 利益成長率がVTIの9.4%に比べてVYMは3.4%、この数値はかなり違いがあります。VTIが成長株も組み込んでいるのに対して、VYMは配当を出す企業、成熟した企業が多いからです。

 

 これは好みがはっきり分かれるところです。VTIのほうが配当は低いですが、キャピタルゲインを含めた値動きは良いですね。VYMの構成株式銘柄が433銘柄なので、4000銘柄近いVTIに比べるとかなり少なくなります。これは、VYMが狙うだけの高配当銘柄がそれだけ少ないことを示します。

www.americakabu.com

 

 このVYMとVTIを組み合わせて投資するという、下記のような方法もあります。

www.americakabu.com

 私もVTIとVYMは組み合わせて投資をしています。

VYMセクター別構成比率

VYMセクター別構成比率

 消費財が多いのが目立ちます。構成自体はVTIと近いのですが、個別銘柄に個性が表れています。公益、通信が合わせて12%あります。公益・通信は安定高配当ですから順当といったところでしょうか。

 

 消費財、生活必需品に特化したVDCというETFもあります。セクター別で最もよいパフォーマンスをあげているETFの1つです。なおかつ、配当も高いです。VYMも手堅く消費財銘柄を最も多く組み込んでいるところに好感が持てます。

 

 どれを選ぶか、米国ETFをみているとワクワクしてきますね。長期ではどのみち上がるわけですから。自分の好みと、自分の信じるストーリーで軽重を付けた投資をすればよいです。

 

 いずれこのVYMは主力級に買い増していきたいと思っています。誰にでもおすすめできるETFの1つがこのVYMです。

 

  関連記事です。リターンの高さが魅力のVDCです。

www.americakabu.com

 2017年の経費率改定の記事です。

www.americakabu.com

 どの証券会社で口座開設をするか。私はSBI証券をおすすめしています。

www.americakabu.com