たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

1億円あったらどのような運用をするか

1億円あると見える景色がまるで変わってくる

 1億円で株式投資をしたとします。配当利回り3%で運用しても税引前で300万円入ります。これはキャピタルゲインを含まず、配当のみです。税抜きだとおよそ240万の手取りになります。収入が大きくなればなるほど源泉分離課税の税率20%というのが意味を持ってきます。

 

 はたまた、1億円で不動産を1棟買いしたとします。収益が利回り10%として単純に1000万にもなります。さらには、この1億円を見せ金として使って、フルローンで不動産を買ってしまうという手もあるでしょう。いずれにせよ、経費を引いても150~400万程度の手残りにはなりそうです。

 

 太陽光低圧5基を買ったらどうでしょうか。これも利回り10%として年間1000万円の収益になります。それが20年続くというまさにお宝状態です。この場合、諸経費は殆どかかりません。せいぜい1基20万円程度の経費と考えると、単純手残りはかなりのものです。その分、税金もかなり発生しますね。

f:id:tapazou:20180316200400p:plain

 ただ、いずれの場合もこれだけ資金があるならば、株式・不動産・太陽光という具合に分散投資をしたいところです。株式を買って、不動産の屋根に太陽光をつける、という手もあるでしょう。

 

 資金があると投資の幅がグッとふえるのは間違いありません。さて、今日は1~2億円からの資産運用ということでご質問を紹介します。

1億円あったらどのように運用するか

たぱぞう様
いつも愛読させていただいております。

早期退職をして、現在無職(求職中)の55歳です。
子供2人は独立しており、妻と2人暮らしです。
 
 現在、今までの預金と遺産相続で約1億の現金があり、ローンや借金はありません。以前は、国内株式、投資信託で運用していましたが、全撤収しました。


 しかし、まとまった資金をこのまま置いておくのもどうかと思い、投資本、ブログなどを読んだ末に米国株での運用を検討しています。

目標
年間配当益 360万で生計を立てる。

検討案
1.つみたてNISAで楽天米国株(VTI)に各月投資していく。
2.低PER、高配当の米国個別株、及び VYMに投資していく。
 
 1は、あまり考える必要はないのですが、2の投資タイミングをどうするかを考えてしまいます。
 現在、米国株は少し下がったとはいえ高い水準なので、今買いに出るのはためらわれます。(実は、そういうことを考えていて昨年から買い控えてしまっています。)どこかで、大きく下げてくれればとも思いますが。。
 
 たぱぞう様ならば、まとまった原資(1~2億)がある場合に、どういった投資、運用をされますでしょうか。ご回答の程、よろしくお願い致します。

1億円が近づいてくると、意識がかなり変わる

 まず、1億円が近づいてくると私の友人を見てもそうですが、かなり投資のしかたが変わってきます。つまり、出口・独立が見えてくるのでより分散投資に力をいれるようになるということです。

 

 具体的には自分の信用を使って融資を引き出し、不動産や太陽光といったハードアセットを組み合わせ、収益力の向上を図るようになるということです。インカム、つまり利回りを上げていこうとすると、どうしてもペーパーアセットだけでは難しい側面があり、そうなります。

 

 ただ、質問者様のケースはすでにお仕事を退職なさっているということで、与信を生かしてハードアセットにしていくというスキームは成り立ちにくいですね。あくまで、1億~2億のキャッシュを現物でどうするかということになります。

夫婦での二人暮らしならば1億円を全てリスク資産にしなくても良い

 まず、すでにご夫婦での2人暮らしならば無理してリスク資産に全て突っ込まなくてもよいと考えます。また、求職中ということですから今後はなんらかの労働収入が発生することを考えると、高利回りを追求して投資をしなくても良いでしょう。

 

 子どもの教育費などがかからないぶん、支出のコントロールがしやすいからです。つまり、節約することで収入を無理して上げなくてすむということです。そういう意味では高すぎるリスクを負う必要が無く、大変に恵まれた環境です。

 

 配当が欲しい、ということならばやはりここは安定のVYMをドルコスト平均法で買い進めるというのが王道です。BND・AGGといった債券を組み合わせてもよいですが、あくまでリスク管理はキャッシュポジションとのバランスが大事です。

 

 つみたてNISAは使ってもよいですが、金額が少なすぎサブ的な使い方になります。また、分配金が出ないのでそこは注意が必要です。

 

年間配当360万円という目標はやや高い目標

 年間配当360万円という目標はやや高い目標です。株式だけで達成しようとすると、5%近い利回りを目指さなくてはいけません。これでやっと税引後4%ぐらいの利回りになります。

 

 半分をハードアセット、不動産・太陽光にしてしまえば十分達成可能になります。特に、今はお仕事をやめられて時間があります。不動産・太陽光の物件を買うのに必要な時間を生み出せるということで環境的には恵まれています。

 

 ただし、いきなりこれらの商品を単独で買い付けるのはややレベルが高いところです。安全なのは、当面数年に分けてVYMを買い進め、ストレスと時間拘束の少ないお仕事で足りない分を補うというのが簡単かもしれません。

 

 私の場合は株式・太陽光・不動産のコンボでインカムを最大化しようとしているところです。質問者様と状況的には似ているところがいくつかあります。さらに突っ込んでご質問がありましたら、引き続いてお問い合わせください。

 

関連記事です

  野立て太陽光はFITが18円になりました。しかし、商品としては過積載をさらにして利回り10%は維持していますね。目標とする再生エネルギーの発電量は充足しつつあり、そろそろFITも出口が見えてきました。

www.americakabu.com

  こちらとはまたあえて違う角度から記事を書いてみました。

www.americakabu.com

  収入が無い場合はこの生活防衛資金の役割はより大きくなります。1億円の資産は虎の子と言ってよいでしょう。

www.americakabu.com