たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

スターバックス(SBUX)は世界最大のカフェチェーン

スポンサーリンク

スターバックス(SBUX)の歴史はハワード・シュルツ氏と共にある

 スターバックス(SBUX)は1971年にシアトルで開業されました。2人の教師と1人のライターによってコーヒー豆の販売や器具の販売から始められました。

 

 1982年に取引先のドリップメーカーに勤めていたハワード・シュルツ氏(現在もCEO)がスターバックスに入社します。入社の動機はオーナーたちのコーヒー豆やローストに関しての知識と顧客に対しての的確なアドバイスに感銘を受けたことによります。

 

 その後社員としてコーヒー豆のバイヤーとしてイタリアに渡ったハワード・シュルツ氏はそのカフェスタイルに感銘を受けます。それは質の高いコーヒーを楽しむだけでなく、空間そのものも楽しめるようなイタリアの文化と調和したカフェバルでした。

 

 帰国し、すぐに店舗スタイルを変えるよう提案したシュルツ氏でしたが、オーナーたちに受け入れられず、退社します。そして、自分で会社を作ります。イタリアのカフェバルを意識したその店は瞬く間に大人気となり、もともと在籍していたスターバックスを買収するまでに規模を拡大します。

f:id:tapazou:20160831074039p:plain

画像は米国スターバックスのページから

 

 その後、順調に店舗数を増やし、1996年には初の海外進出を果たします。それは、日本の東京でした。天井が高く、全体的にシックな色合い、ソファー、店内禁煙などコーヒーだけでなく、空間にもこだわったその店は今までにない斬新なものでした。

 

 というのも、利用者の回転率が悪くなるようなシステムであり、回転率を上げて販売を増やし利益を出すという従前の発想とは全く異なるものだったからです。

 

 コーヒーだけでなく、居心地も含めて付加価値をつけたその戦略は日本やそのほかの海外でも広く受け入れられ、今では海外62か国2万2千店を数えます。

 

 

スターバックス(SBUX)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160831073634p:plain

※グーグルファイナンスより

2006年 9月 株価16ドル 配当 無配

2016年 8月 株価56ドル 配当 0.2ドル

 

 2006年時点では配当は出していませんでしたが、2010年から0.065ドル配当するようになりました。四半期配当です。

 

 リーマンショックで4ドル台まで株価が落ち込みましたが、その後10倍以上の成長を見せています。

 

スターバックス(SBUX)の基礎データ

ティッカー:SBUX
本社:アメリカ
来期予想PER:30倍
PBR:14.5倍
ROE:46%
ROA:24%
EPS:1.9ドル
配当:0.81ドル
上場:NASDAQ

 

 3年間の平均売上成長率は12%です。利益成長率に至っては20%もあります。参入障壁が比較的低く、外食というくくりで見るならばライバル企業も多いです。その中でのこの成長率はすばらしいの一言です。

 

 日本に上陸してから日が経ちますが、世界的にはまだまだ出店余地がありそうです。とはいえ、2017年度の業績予想を下方修正しており、それが世界経済の鈍化など外的要因なのか、スターバックス本体の内的要因なのかによって今後の株価は変わります。