読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

PPLコーポレーション(PPL)は配当およそ4.5%の高配当電力会社

スポンサーリンク

PPLコーポレーション(PPL)は時価総額で全米だいたい10位の電力会社

 旧名パシフィック・パワー・アンド・ライトです。長い社名でしたが、いつの間にやらPPLコーポレーションと社名が簡素化されていますね。

 

 PPLコーポレーションは公益、電力会社です。事業エリアは米国のペンシルベニア州、南部のケンタッキー州、さらにバージニア州とテネシー州と英国です。このうち、ケンタッキー州では天然ガスの供給も行っています。

 

 米国北東部のペンシルベニア州に本社に本社があります。英国ではウェールズで800万近くの顧客数を抱えています。

 

 売り上げのおよそ7割は米国、3割が英国です。

 

 ナショナルグリッド(NGG)もそうですが、米国と英国をまたいで事業展開する電力会社です。

f:id:tapazou:20161204110431p:plain

※画像はPPLコーポレーションのサイトから

PPLコーポレーション(PPL)のチャートと配当

f:id:tapazou:20161204103645p:plain

※画像はGoogleファイナンスから

2006年9月 株価33ドル 配当0.275ドル
2016年9月 株価35ドル 配当0.38ドル

 

 なんとも地味な株価です。実際にベータ値は0.40とかなり低いです。リーマンショック前は50ドルを超えましたが、その後元の株価に収まっています。リーマンショック後に底をつけたあと、じわじわと今まで上げ続けてはいます。

 

 配当利回りは4.5%と高めです。この利回りがあるので、この10年で株価は上がっていませんが、長期ホルダーはそれなりに資産を増やすことができていると思われます。

 

 ちなみに私は電力株ならばサザン(SO)、ドミニオンリソーシズ(D)、ナショナルグリッド(NGG)を持っています。このパシフィック・パワー・アンド・ライトも投資しようかどうか迷って取りやめた経緯があります。

 

 2016年に入り、高配当銘柄に資金流入が見られ、PPLコーポレーションも値上がりしていました。

 

 トランプ大統領当選後、高配当銘柄は金利上昇を受けて株価が下がっています。そういう意味では投資妙味が増してきています。

PPLコーポレーション(PPL)の基礎データ

ティッカー:PPL
本社:アメリカ・ペンシルべニア州
来期予想PER:14倍
PBR:2.2倍
ROE:16%
ROA:3.6%
EPS:2.7ドル
配当:1.52ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 PERは米国株の平均的な数値である17、18倍からすると低めですね。成長株ではないので低めになっているということでしょう。

 

 ペイアウトレシオは2015年は100%を超えていましたが、EPSの枠内に入ってきました。

 

 比較的割安と言える域にまで下がってきています。今後の株価に注目したいですね。

 

 配当が魅力の米国、英国電力株の関連記事です。

 

 エクセロン(EXC)は原子力比率が高いです。

www.americakabu.com

www.americakabu.com

 ドミニオン・リソーシズは先日ちょこっと買いました。きれいなチャートの電力会社です。

www.americakabu.com

 連続増配で有名なコン・エジソンです。かの発明家エジソンが設立に関わっています。

www.americakabu.com

 規模の大きさならばデュークエナジー(DUK)ですね。

www.americakabu.com

 サザン・カンパニー(SO)はもう数年来持っています。安定的な高配当が魅力です。ここも増配に熱心な会社です。

www.americakabu.com

 ナショナルグリッド(NGG)はイギリスの電力会社です。米国でも事業展開しています。高配当ですが、このところ株価を下げています。 ここも配当目当てで保有しています。

www.americakabu.com