読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

マイクロソフト(MSFT)、10年で4倍の増配、配当2.8%。世界最大級のソフトウェア会社

高配当の個別株 高配当の個別株-米国株
スポンサーリンク

マイクロソフト(MSFT)、その栄光の歴史と現在

 マイクロソフトは有名なビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏によって1975年に設立されたソフトウェア会社です。

 

 もともと中学、高校の同級生だった2人は高校時代に起業し、交通量計測システムを州政府に納入するなど、高校生とは思えないぐらいプログラムに長けた学生でした。その後、ビル・ゲイツ氏はハーバード大へ進学し、ポール・アレン氏はワシントン州立大へ進学、中退します。2人とも卒業はしていません。

 

 ハネウエル社で勤務していたポール・アレン氏が大学生だったビル・ゲイツ氏を誘ってできた会社がマイクロソフト社です。

 

 マイクロソフト社が大きく伸長するきっかけはIBMパソコンでした。1980年、アップルが先行していたパーソナルコンピュータ業界にコンピュータ業界の巨人であるIBMが参入します。IBMはパソコンの開発期間が限られてたため、OSを自社開発せず、外注します。そのときに採用したのがのちのMS-DOSの原型であるPC-DOSと呼ばれるOSでした。

 

 もっとも、そのDOSもマイクロソフトが他社から安価(約5万ドル)でライセンスを買い取ったもので、安価すぎるとのちに訴訟になっています。

 

 MS-DOSはパソコンOSの先駆けとして大きくシェアを獲得します。しかし、その限界も見えていました。その限界の一番の理由は、文字ベースのOSであるというところです。直接文字でプログラムを指定して動かすやり方は、ある程度コンピュータに興味や造詣がないと親しみにくかったところです。

 

 しかし、今のようなアイコンとマウスを用いたグラフィカルなOSは当時すでに登場しており、マイクロソフトもそういったOSの開発が急がれるところでした。このとき、アップルからライセンスを獲得しようと交渉したり、アップルのサードパーティとしてワードやエクセルを開発しています。

 

 その後自社のグラフィカルなOSとしてWindowsシリーズをリリースします。大きく飛躍したのがウインドウズ3.1、それに続くウインドウズ95です。これにより、パソコンが誰でも使える、家電のような存在になったと言えるでしょう。

 

 その親しみやすさからOS分野で圧倒的なシェアを持ち、文字通り世界標準としてOS業界に君臨します。そして、その流れは20年以上たった今でも続いています。

 

 また、OSの世界標準であるウインドウズシリーズで走るワードやエクセルもビジネスソフト界で大きなシェアを持ちます。その後グーグルやアップルに追われる立場となり、インターネットブラウザなどではシェアを奪われていますが、マイクロソフトは依然ソフトウェア業界の巨人であることには変わりありません。

f:id:tapazou:20160709130241p:plain

※マイクロソフト社のホームページから

 

MSFTの配当とチャート

f:id:tapazou:20160709125957p:plain

2006年 8月 株価26ドル 配当0.09ドル

2016年 5月 株価53ドル 配当0.36ドル

 

 2006年といえば、ビル・ゲイツ氏が2年後に引退すると発表した年です。その後も順調に株価は上がり続けています。創業者からの世代交代はどの会社も頭を悩ませるところですが、マイクロソフト社の場合は比較的それがスムーズに、そして上手くいっている会社ということになります。

 

 株価はこの10年で2倍、配当は4倍になっています。2015年から2016年はNYダウ平均はさほど伸びていませんが、MSFTは20%近く伸びています。

 

 また、その増配率の高さも目を引くところです。

MSFTの基礎データ

ティッカー:MSFT
本社:アメリカ
来期予想PER:24倍
PBR:5.1倍
ROE:14%
ROA:7%
EPS:1.27ドル
配当:1.44ドル
上場:NASDAQ

 

 ナスダック出のダウ平均採用銘柄です。ナスダックからダウ平均採用銘柄になったのはほかにインテル(INTC)、シスコ(CSCO)があります。ナスダック銘柄は原則4文字、NYSEは原則3文字です。このごろはこの限りではありませんけどね。

 

 3年間の売上平均成長率は3.73%、営業利益平均成長率は-17.46%です。2015年6月決算で-34%もの落ち込みを示したのが響いています。マイクロソフトは圧倒的強みを持つOSであるウインドウズをはじめ、ワードやエクセルなどビジネスソフトなどのパソコン事業に軸足を置いていました。

 パソコン出荷が落ち込む中、事業の見直しが迫られていますが、クラウド事業への参入が比較的上手くいっている企業の1つです。

 

 配当は2.8%です。配当を開始してから増配を続けてきました。今後の増配率が注目されます。