たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

マイクロソフト【MSFT】10年で4倍の増配、世界最大級のソフトウェア会社

スポンサーリンク

マイクロソフト【MSFT】その栄光の歴史と現在

 マイクロソフトは有名なビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏によって1975年に設立されたソフトウェア会社です。

 

 もともと中学、高校の同級生だった2人は高校時代に起業し、交通量計測システムを州政府に納入するなど、高校生離れしたプログラムに長けた学生でした。その後、ビル・ゲイツ氏はハーバード大へ進学し、ポール・アレン氏はワシントン州立大へ進学、それぞれ中退します。2人とも卒業はしていません。

 

 ハネウエル社で勤務していたポール・アレン氏が大学生だったビル・ゲイツ氏を誘ってできた会社がマイクロソフト社です。

 

 マイクロソフト社が大きく伸長するきっかけはIBMパソコンでした。1980年、アップルが先行していたパーソナルコンピュータ業界にコンピュータ業界の巨人であるIBMが参入します。

 

 IBMはパソコンの開発期間が限られてたため、OSを自社開発せず、外注します。そのときに採用したのがのちのMS-DOSの原型であるPC-DOSと呼ばれるOSでした。

 

 もっとも、そのDOSもマイクロソフトが他社から安価(約5万ドル)でライセンスを買い取ったもので、安価すぎるとのちに訴訟になっています。

 

 MS-DOSはパソコンOSの先駆けとして大きくシェアを獲得します。しかし、その限界も見えていました。その限界の一番の理由は、文字ベースのOSであるというところです。直接文字でプログラムを指定して動かすコマンドラインのやり方は、ある程度コンピュータに興味や造詣がないと親しみにくかったのです。

 

 しかし、今のようなアイコンとマウスを用いたグラフィカルなOSは当時すでに登場しており、マイクロソフトもそういったOSの開発が急がれるところでした。このとき、アップルからライセンスを獲得しようと交渉したり、アップルのサードパーティとしてワードやエクセルを開発しています。

 

 その後自社のグラフィカルなOSとしてWindowsシリーズをリリースします。大きく飛躍したのがウインドウズ3.1、それに続くWindows95です。これにより、パソコンが誰でも使える、家電のような存在になったと言えるでしょう。

 

 その親しみやすさからOS分野で圧倒的なシェアを持ち、文字通り世界標準としてOS業界に君臨します。そして、その流れはWindows登場から20年以上たった今でも続いています。

 

 また、OSの世界標準であるWindowsシリーズで走るワードやエクセルもビジネスソフト界で大きなシェアを持ちます。その後グーグルやアップルに追われる立場となり、インターネットブラウザなどではシェアを奪われていますが、マイクロソフトは依然ソフトウェア業界の巨人であることには変わりありません。

f:id:tapazou:20160709130241p:plain

※マイクロソフト社のホームページから

マイクロソフト【MSFT】の配当とチャート

f:id:tapazou:20171101222212p:plain

2006年 8月 株価26ドル 配当0.09ドル

2016年 5月 株価53ドル 配当0.36ドル

2017年 8月 株価83ドル 配当0.39ドル

 

 2006年といえば、ビル・ゲイツ氏が2年後に引退すると発表した年です。その後も順調に株価は上がり続けています。創業者からの世代交代はどの会社も頭を悩ませるところですが、マイクロソフト社の場合は比較的それがスムーズに、そして上手くいっている会社ということになります。

 

 株価はこの10年で3倍、配当は4倍になっています。かつては高配当でしたが、およそ2%まで配当利回りは下がっています。これだけ株価が上がると当然ですね。その増配率の高さは目を引くところです。

マイクロソフト【MSFT】の基礎データ

ティッカー:MSFT
本社:アメリカ
来期予想PER:23倍
PBR:7.4倍
ROE:34%
ROA:7%
EPS:2.7ドル
配当:1.56ドル
上場:NASDAQ

 

 ナスダックのダウ平均採用銘柄です。ナスダックからダウ平均採用銘柄になったのはほかにインテル(INTC)、シスコ(CSCO)があります。ナスダック銘柄は原則4文字、NYSEは原則3文字です。このごろはこの限りではありませんけどね。

 

 マイクロソフトは圧倒的強みを持つOSであるウインドウズをはじめ、ワードやエクセルなどビジネスソフトなどのパソコン事業に軸足を置いていました。

 

 パソコン出荷が落ち込む中、事業の見直しが迫られていますが、クラウド事業への参入が比較的上手くいっている企業の1つです。

マイクロソフト【MSFT】の配当性向

 見事な増配歴が見て取れます。シスコシステムズもそうですが、かつての成長株が成熟株に転じたときは割と早いペースで増配をし、高配当化する傾向にあります。

f:id:tapazou:20171101223823p:plain

 同時に、配当性向も上昇しています。ただし、その上昇は緩やかで増配余地は十分と言えるでしょう。ただし、この数年の株価上昇で増配分を打ち消しており、利回りは以前に比べると下がっています。

マイクロソフト【MSFT】のBPSとEPS

 1株資本と1株利益です。マイクロソフト【MSFT】は自社株買いに比較的熱心な企業です。この10年でおよそ2割の自社株買いをしており、それに伴いEPSは1ドル近く増えています。

f:id:tapazou:20171101224548p:plain

 やや投資CFが増え始めており、クラウド(Azure)など新たなビジネスへの投資と成果が気になるところではありますが、自社株買いペースはこの2,3年でも衰えていません。

マイクロソフト【MSFT】の売り上げと利益

 マイクロソフト【MSFT】は10年前までは営業利益率が40%近くある驚異的な高収益企業でした。

f:id:tapazou:20171101224913p:plain

 その後2010年代に入ってやや低下したものの、依然として高い営業利益率を保っています。

 

 売り上げは1.5倍になりましたが、営業利益は実はこの10年横ばいです。以前の独占的な強みを誇ったOSやオフィスソフトからくる高収益な体質が変容してきていることが分かります。

 

 サーバーOSなどではLinuxというライバルがあり、実際シェアもそこまで高くありません。また、モバイルではアンドロイド、iOS、ブラウザではクロームなど様々なライバルが存在します。かつてのような情報分野独占企業という存在ではなくなりました。

 

 とはいえ、オフィスにおいてパソコンを上回る入力装置はほかになく、スマホやタブレットが全盛とはいえWindowsの牙城は揺るがないでしょう。

 

 また、オフィスシリーズに代表されるビジネスソフトは殆ど企業間の共通言語化しており、欠かせない存在です。利用者は全世界で10億人を超えます。

 

 圧倒的なワイドモート企業であり、それは数年で揺らぐものではありません。

マイクロソフト【MSFT】のキャッシュフロー

 この10年でジワジワ投資CFが増え続けているのが一目で分かります。

f:id:tapazou:20171101230432p:plain

 マイクロソフト【MSFT】が今最も力を注いでいる分野の1つがクラウド分野(Azure)です。実際に業界2位のベンダーになっており、新たな収益の柱に育ちつつあります。1位はAmazonです。

 

 また、Googleなどの他の強力なライバルも控えており、この分野での競争の激しさを物語っています。しばらく投資CFは増加傾向かもしれませんが、業界におけるクラウドの重要度を考えると妥当な投資と言えるでしょう。

 

関連記事です

  ハイテク系ということでシスコシステムズ【CSCO】も高配当で有名です。ただし、伝統的にLAN/WANの通信機器は特許で固めつつも比較的後発企業が善戦しやすい分野でもあります。Microsoftほどの強みは無いでしょう。

www.americakabu.com

  バンガードの高配当株式ETFであるVYMはマイクロソフトを組み入れ上位に据えています。利回りが下がってきていますから、追加投資はしにくい状況になってきています。

www.americakabu.com

  そのVYMの比較記事です。よく並び称されるHDVとの違いについて言及した記事です。選択肢が複数あるのが米国ETFの魅力の1つと言ってよいでしょう。

www.americakabu.com