たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

専業アフィリエイターで年間5000万の資産をどのように振り分けるか悩んでいます。

稼げると噂とアフィリエイトだが、一流は図抜けている

 稼げると噂のアフィリエイトですが、私の友人でも月額100万超えの人はポロポロいます。FX系や、いろいろな金融商品系の人が多いですね。ただ、仮想通貨系でやりすぎた人はいわば信用棄損を起こしており、厳しい状態になっています。

 

 また、一部のプロ筋を除いて、すでに個人レベルで立ち向かうには難しい世界になりつつあります。つまり、デザインやweb系のプロを入れつつ、事業法人として行う人たちの世界ということですね。

 

 大手メディアが参入している流れもそうです。さて、そんなプロ筋しか生き残れない世界になりつつあるアフィリエイターの世界ですが、今回は破格の相談者さんがご質問を寄せて下さいましたね。ご紹介します。

年の手取りが3500万になるので、資産を振り分けたい

たぱぞう様

 お忙しい中失礼します。初めまして、スギと申します。今回は、相談させていただければと思いメールさせていただきました。もしよろしければ、回答していただけると幸いです。


 現在年齢は23歳独身で、専業アフィリエイターをしております。2019年見込み年収は5,000万程度です。そこから税金を差し引いて手残りはざっくり3,500万程度かなと考えてます。この収益がいつまで見込めるか不透明のため多角的に資産運用したく存じます。

 

 理想としては、配当・家賃・売電収入のインカムゲインとして、年間300万〜400万入ればと考えております。

 

 直近2、3年間の投資計画としてはざっくり下記3点を考えています。

  1. 高配当米国株+投資信託(年間400万程度、20銘柄程度)
  2. 低リスクの太陽光発電(2,000万弱)
  3. 新築戸建投資(2,500万程度)

 2019年は①と②もしくは①と③を実現しようと考えています。儲けようというよりかは、長期の不労所得の基盤を直近2、3年で構築したいと考えております。懸念点として現金の残りがかなり少なくなることです。

 

 今までは大学生で月10万ほどのバイト代の管理しかしていなかったので多額の資産運用に腰が重いです。

諸行無常の響きあり。

諸行無常の響きあり。

 たぱぞうさんであればもしアフィリエイトの事業での収入が一切なくなったときの備えとしてどのような運用をされるかご教授いただきたいです。以上、何卒よろしくお願いいたします。

利益をどのように操作していくのかという観点が必要になる

 まず、個人事業主あるいは法人として取り組まれているのならば、利益をどのようにコントロールしていくのかという視点が必要になります。そういう意味では、すでにご質問で上げられている、太陽光投資や不動産投資は妥当性があります。

 

 私ならば、良い物件があるという前提ならば太陽光か不動産を買います。ただ、不動産は私も融資付けまで行きながら何件も流れており、なかなか難しい世界ですね。

 

 トータルの資産背景と、事業規模が分からないので憶測になりますが、すでに数期経ていて、法人口座を持つ銀行さんとも親密だとします。それならば、サラリーマン投資家のように個人属性に頼ることなく、法人の信用で融資が引けるという展開もありうるでしょう。

 

 最近は少なくなり、レア化していますが一括償却できる太陽光設備や、築古で4年など短期で償却できる不動産物件などを購入して利益を圧縮するというのが1つの王道になります。

 

 特に太陽光はそろそろ・・・のタイミングですが、ローンブレイクやもろもろの事情で出てきた良い物件がまだありますね。まさにラストチャンスになっています。たぱぞうは5基持っていますが、ローンが残っている状態でも1基あたり年間50万~60万の手残りになっており、ストックの収入としてはCCRで見るとやはり優れています。

  

 リセールを狙って4年落ちの車を購入し、利益操作しても良いですが、動産ですので管理も含めて難しいですね。しかし、これも好きな人は好きですね。

 

 ただ、これらは人脈が無いと鴨葱になる可能性があります。それは別でメールした通りですので、ご参考にしていただければと思います。

基本的な考え方としては、フローをストックに置き換えていくという発想になる

 こういう法人的な考え方をせずに、単純にフローをストックに置き換えていくというのならば、全く違う手法になります。今ある3500万を5年ぐらいかけてじっくりとドルコスト平均法で投資していくという方法です。

 

 毎年3500万の手残りならば、もちろんもっと投資しても良いです。直接米国株を買ってもいいですし、手間を省くならば投資信託を買います。推奨しているのは以下の投資信託です。

  • eMAXIS slim米国株式(S&P500)
  • 楽天VTI

 もっとディフェンシブに行くならば、債券をトッピングしてあるSlimのバランスファンドという手もあります。

 

 私ならば、と言われると、株式7:債券3の割合で個別株をやると思います。とはいえ、やはり万人にお勧めできるのは米国ETFかそれに準ずる投資信託ですね。特にこれらは時間の無い人にはお勧めです。私が個別株研究の時間をなかなか取れないとすると、以下のように振り分けます。

 

 VTI:BND=7:3

 

 というのが私は個人的には好きな比率です。資金を分散し、対象を分散するというのがお手軽にできるので、非常に美しいポートフォリオになりますね。ご参考になればうれしいです。

 

関連記事です。

  なにはともあれ、スケールは違いますがつみたてNISAはお勧めです。

www.americakabu.com

  ガッチガチにいくならば、債券の比率を高めるという手もあります。利回りは悪くないですからね。たぱぞうも厚めにMMFにプールしています。

www.americakabu.com

  太陽光に関してはこちらに詳しくまとめています。関東・関西物件は最近ちょこっと出てきましたね。1月は成績が大変よく、1基当たりの売り上げが20数万行きました。夏ほどではないですが、上出来です。5基あると100万超えますからね。

www.americakabu.com