たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

マクドナルド(MCD)、圧倒的世界一のファストフードチェーン

スポンサーリンク

マクドナルド(MCD)は世界一の外食企業

 

 ファストフード業界の雄であるマクドナルドです。

 

 マクドナルドはマクドナルド兄弟によって1937年に始まります。当初はホットドッグを販売しますが、1940年よりハンバーガーを扱います。その時に「スピード・サービス・システム」という今のファストフードにつながる工場式の調理販売法を開発します。

 

 5種類のミルクセーキを作るミキサーの独占販売者だったレイ・クロック氏が1954年にマクドナルド兄弟の店にきます。商品の営業に来たのです。そのとき、そのハンバーガーの調理販売法に驚かされます。

 

 大勢の客を同時に、素早くさばくその調理販売法です。レイ・クロック氏は熱心に口説き、契約金を支払ってマクドナルドという店の名と手法を使うことの許可を得ます。

 

 そのレイ・クロック氏は1955年に店をオープンします。よほど確信があったのでしょう。マクドナルド兄弟の店に行ってから、たった一年後に自分の店をオープンしています。

 

 その後1960年代に入り、マクドナルド兄弟はレイ・クロック氏から270万ドルを得て、商権を譲り、引退します。兄弟はもう働く必要がないぐらいに裕福になったからです。

 

 レイ・クロック氏は次々と出店し、1965年に株式公開、さらに出店を加速させます。1984年には出店34か国8000店舗を超えるまでになります。

 

 その後は多国籍企業として世界を代表するファストフードチェーンになっています。

f:id:tapazou:20160623074333p:plain

 

外食業界の世界市場シェア - YouTube

 

 現在のファストフード売上高の世界シェアです。マクドナルドが圧倒的な地位を持っていることがわかります。

 

 2位のヤムブランズはケンタッキーやピザハット、タコベルといった複数のブランドをもっていることを考えると、マクドナルドが単一ブランドで圧倒的であることがわかります。

 

  なお、3位のDoctor's associatesとはsubwayのことです。店舗数ではマクドナルドを上回ります。 

 

f:id:tapazou:20160623072938p:plain

※米国マクドナルドのホームページから

 

 マクドナルド兄弟が開発した調理販売法はレイ・クロック氏によって広められ、多くの外食産業の参考にするところとなっています。

 

マクドナルド(MCD)の配当とチャート

 f:id:tapazou:20160623203615p:plain

Dividend.com - Dividend Stocks - Ratings, News, and Opinionから

 

 マクドナルドは2008年まで四半期配当ではありませんでした。ですので、配当履歴も載せます。堂々の39年連続増配です。

 

f:id:tapazou:20160623203835p:plain

 きれいな右肩上がりのチャートです。素晴らしい成長ですね。

 

2006年株価39ドル  配当1ドル

2016年株価120ドル 配当3.56ドル

 

 これからも世界人口が増え続けることを考えると、ファストフードの未来はまだまだ明るいのではないでしょうか。また、成熟国における健康志向のメニュー開発ができればいうことなしです。

 

マクドナルド(MCD)の基礎データ

ティッカー:MCD

本社:アメリカ

来期予想PER:22倍

PBR:15.6

ROE:45.4

ROA:12.5

EPS:5.2ドル

配当:3.56ドル

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 思ったよりもずっとよい会社であることがわかりました。日本のイメージと全然違います。今後買いたい会社であることは間違いありません。なお、配当は約3%です。

 

 過去三年の売上成長率平均が-3%、営業利益成長率平均が―4.2%でしたが、今後は伸びそうですね。