たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

米国株セクター投資とバンガードの考え方

スポンサーリンク

10セクターの米国株ETFを設定しているバンガード

 米国株は業種ごとにグループ化できます。これをセクターと言います。バンガードやブラックロック、スパイダーなどの大手各社はセクターごとに的を絞った「セクターETF」を組成しています。

 

 ここでは、低経費率で定評のあるバンガードのセクターETFを紹介します。

米国株セクターETF一覧~バンガード~

  ティッカー 正式名称
1 VAW 米国素材セクターETF
2 VCR 米国一般消費財・サービス・セクターETF
3 VDC 米国生活必需品セクターETF
4 VDE 米国エネルギー・セクターETF
5 VFH 米国金融セクターETF
6 VGT 米国情報技術セクターETF
7 VHT 米国ヘルスケア・セクターETF
8 VIS 米国資本財・サービス・セクターETF
9 VOX 米国電気通信サービス・セクターETF
10 VPU 米国公益事業セクターETF

 バンガードは米国株を10セクターに分けています。昨今人気があるのは米国生活必需品セクターETF(VDC)や米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)です。これは不況に強く、リターンが安定的だからです。

 

 反面、原油安の影響を受けて米国エネルギー・セクターETF(VDE)は取引値が停滞気味です。リーマン後から2016年前半までは米国金融セクターETF(VFH)も取引値がふるいませんでした。しかし、2016後半から政策期待を受けて上昇をしました。

f:id:tapazou:20170422125123p:plain

 どのセクターを買っておけばよいということではなく、適宜分散させて投資を積み重ねていくことが安心・安全ということになります。そのために、バンガードなどETF組成を行う企業がどのような考え方に基づき、どのようなセクター分けをしているのかを知っておくことは有効です。

バンガード・米国株セクターETFの組み入れ上位3社

    組入れ1位 組入れ2位 組入れ3位
1 VAW Dow Chemical(DOW) du Pont(DD) Monsanto(MON)
2 VCR Amazon(AMZN) Comcast(CMCSA) Home Depot(HD)
3 VDC Procter & Gamble(PG) Coca-Cola(KO) PepsiCo(PEP)
4 VDE Exxon Mobil(XOM) Chevron(CVX) Schlumberger(SLB)
5 VFH JPMorgan Chase(JPM) Wells Fargo(WFC) bank of America(BAC)
6 VGT Apple(AAPL) Alphabet(GOOGL) Microsoft(MSFT)
7 VHT Johnson & Johnson(JNJ) Pfizer(PFE) Merck(MRK)
8 VIS General Electric(GE) 3M(MMM) Boeing(BA)
9 VOX AT&T(T) Verizon(VZ) T-Mobile US(TMUS)
10 VPU NextEra(NEE) Duke(DUK) Southern(SO)


 セクターETFごとの組み入れ比率トップ3社をまとめたものです。自分のポートフォリオと見比べてみると、偏りが分かります。

 

 私の場合はこの中で、生活必需品セクター(VDC)に偏りがあります。また、全く持っていないセクターも散見されます。

 

 米国素材セクターETF(VAW)、米国一般消費財・サービス・セクターETF(VCR)、米国金融セクターETF(VFH)、米国情報技術セクターETF(VGT)、米国資本財・サービス・セクターETF(VIS)などがそうです。

 

 個別株投資の場合は、自分の好みに合わせてばかりいると偏りが生まれます。時々こういうセクターETFの組み入れと自分のポートフォリオを比べて、買いたい銘柄を考えてみても良いでしょうね。

バンガード・米国株セクターETFの資産総額・経費率

    ETF純資産総額:単位10億 経費率
1 VAW $2.27 0.10%
2 VCR $2.34 0.10%
3 VDC $4.28 0.10%
4 VDE $5.04 0.10%
5 VFH $6.24 0.10%
6 VGT $12.85 0.10%
7 VHT $6.82 0.10%
8 VIS $3.01 0.10%
9 VOX $1.45 0.10%
10 VPU $3.09 0.10%

 資産総額で見ると、米国情報技術セクターETFがずば抜けて大きいです。次に米国ヘルスケア・セクターETF、米国金融セクターETFと続きます。こうしてみてみると、米国企業が圧倒的な強みを持つセクターのETFの資産総額が大きいことに気づきます。

 

 米国企業の強みは、情報技術、ヘルスケア、金融と言えそうです。ただ、だからと言って単純にこれらのセクターを買うと、割高である可能性もあります。期待値が株価に込められているからです。

 

 自分なりの投資方針を持って、継続した投資を行っていくことが肝要であると言えます。

 

関連記事です

米国ETFの運用総額ランキングです。規模の大きさが実感できます。

www.americakabu.com

ロボにお任せしてしまうという手もありです。ウェルスナビは米国ETFでの運用になります。

www.americakabu.com

もっと大きく、S&P500を丸ごと買うという考えもあります。

www.americakabu.com