たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

インデックス投資では日々の満足度が高まらない!?

スポンサーリンク

インデックス投資は誰でもできる投資の王道、だが

 インデックス投資とは指数に基づいた投資のことです。投信やETFで分散を効かせながら投資をするということです。ですので、個別株しかやらない、不動産しかやらない、という場合はインデックス投資ではないということですね。

 

 いわゆるアクティブ投資ということになります。

 

 昨今では投資を始める人たちも増えてきました。そういう人たちが最初に買うものとしては、投信やETFというのは最適で、ほとんど絶対と言ってよいほどゼロにはならない株式投資ということになります。分散されているからです。

 

 これに対して個別株は特定の企業への投資になりますから、ゼロになる可能性はあります。ですから、普通は1企業にすべて投資をするのではなく、いくつかに分散させて買います。

 

 ちなみに私はかつては「ここ!」という勝負時には1点買いをしていました。今ではできません。見込み違いで損をしたときに、給与からの補てんができる金額以上の運用をしているからです。つまり、ダメージからの回復に時間がかかってしまうからです。

 

 私はもともとは個別株しかやらない人でしたが、この3年ぐらいで初めてETFを買い始めています。それが、VTI・VYM・IYRということです。VTIは米国上場株式の多くをカバー、VYMは高配当株式の集合体、IYRはリートの集合体です。

 

 IYRはサテライトとして買っており、主体になることは無い性質のものです。ただ、暴落時のリターンは株式の期待値を上回るので、値動きには注目していたいと思っています。

 

 これらのETF・投信はリスクを分散してくれる反面、利益も分散する性質があります。とはいえ、ほとんどの人にとってはインデックスで投資をしていたほうが利益リターンが良いということは知っておいてよいでしょう。

 

 今回は、とはいってもインデックス投資ではお金がなかなか増えない、満足度が低いのですが、ということでご質問をいただいております。

インデックス投資では日々の満足度が高まらない

はじめまして、たぱぞう様

 

 2年ほどインデックス投資をしていているのですが、

  • 毎月の収入は増えないので日々の満足度が高まらない。
  • 出口戦略が難しい
  • 本業が駄目になったときに備えて複数の収入を持ちたい。

 などからインデックス投資以外のことに軸を定めようと考えていた時に、たぱぞう様のブログに出会いました。

 

 そして、株式投資の未来などを読み、配当金狙いの米国株式の個別株を始めようと準備しています。しかし、アメリカ市場は高値が続いていてなかなか下落相場にならないため、始めるタイミングがなかなかつかめません。

 

 始めるにあたってのタイミングやアドバイス等いただけたら幸いです。なお、現状の資産、今後の投資方針は次のとおりです。

現状の資産

  1. 社内預金1300万円
  2. インデックス投資120万円(IDECO含む)
  3. 子育て資金170万円
  4. 低解約型保険124万円
  5. その他夫婦個人資産500万円

今後の投資方針

  • インデックス投資の120万と私の個人資産300万を米国個別株に、3か月おきに50万、徐々に積み立てていく。1銘柄100万に到達したら別の銘柄にする。
  • 銘柄は、S&P500の上位20から、ヘルスケア、エネルギー、食料品雑貨部門の3つから選ぶ。


お手数ですが、よろしくお願いします。

インデックス投資は手間がかからない自動運転のようなもの

 インデックス投資の最大の特徴は、手間がかからないというところです。特に積立投信のような形になると、買い付けの手間さえないです。個別株をやっている人たちと違い、毎日の株価をチェックする必要もありません。

 

 ただ、高配当投資というのもややこれに似ていまして、私の場合もあまり株価をチェックしていません。3日に1回ぐらいでしょうか。ただ、毎月の入金がありますので、これをきちんと記録しておかないと、税金の還付などの手続きの時に大変なことになります。

 

 ここはインデックス投資と違うところかもしれません。

 

 さて、ご質問の個別株投資ですが、面白いと思いました。個別株はこういう戦略の楽しさがありますね。ただ、種銭が限られますので、1銘柄100万だと、4から5銘柄しか買えないことになります。

f:id:tapazou:20170923125339p:plain

 腕に自信があれば問題ありませんが、リスクの分散という意味では少々課題があるかもしれません。金額にもよりますが、個別株投資は10~20銘柄ということがよく言われますね。セクターの意識は必要です。

 

 おっしゃるように今は株高傾向にあります。実績ベースではPER24倍になっています。ですから、3か月おきという形で、焦って買わないような自分ルールは有効だと思います。

 

 個別なのでつみたてNISAや確定拠出年金の枠は使えません。ですので、既存のNISAの枠をうまく使いつつ、手数料や配当課税を意識して投資をしていくと良いと思います。うまく相場に乗れれば、株式投資の醍醐味を教えてくれる、それが個別株ですね。

 

 私はインデックスも個別もやっていますが、両方良さがあると思っています。せっかく自分のお金を割いて投資をするわけですから、自分の納得のいくように楽しいと思える方法が一番だと私は思います。

 

 ただ、最低限「よい商品」「よい株」を選ぶというのは原理原則ですね。ご質問ありがとうございました。

 

注:多くの個人投資家はインデックスの運用成績に勝てません。アクティブファンドの多くがインデックスファンドに勝てないのと同じです。その覚悟は必要だと思います。

 

 一方でインデックスよりも良いパフォーマンスの投資家さんもいられますので、難しいところですね。 

 

関連記事です

  こちらは私の職場の後輩からの質問です。今すぐお金持ちになりたい、というのは誰しもありますが、それには非凡な才能が必要になります。私は凡人ですので、まとまった配当を得るまでに15年近くかかってしまいました。

www.americakabu.com

  今すぐお金持ちになりたい、そういう願いを暗号通貨はかなえてくれるのでしょうか。投資のすそ野を広げたという意味では大きい貢献かもしれません。ただし、投資ではなく投機では?という指摘もありますね。 

www.americakabu.com

  過去10年のS&P500のパフォーマンスを見ても、絶好調の米国株というのが分かります。今は非常にうまく景気がコントロールされています。金利の操作も絶妙と言ってよいでしょう。 

www.americakabu.com