たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

投資の第一歩は自分の投資のコアを決めることから始まる

つみたてNISAとiDeCoの活用から投資は始まる

 2018年から始まったつみたてNISAとiDeCoの非課税枠は、20代ならばともかく30代40代の一般的なサラリーマンからすると無理のない金額かもしれません。そのため、投資初心者の方は、この枠を埋めてから次の投資戦略を練るというのが1つの最適解になります。

 

 さて、今回はこのことを踏まえた上で、つみたてNISAとiDeCoの枠を使い切り、その後の投資を考える方からのご質問です。

コアになる投資が何かわからず困っています。

たぱぞう様

 今年から投資を始め、色々なサイトを探している中でこちらにたどり着きました。
これまで投資の知識がない状態でのスタートで色々な商品(主に投資信託)を購入してきたのですが、どうにも芯がきまっておらずフラフラとしており、身近に相談できる相手もいないため問い合わせをさせて頂いた次第です。

  • 当方38歳
  • 独身実家住まいで月に投資できる金額は7万円程度
  • 貯金で1500万
  • 証券会社はSBI証券を利用

 このような状態です。

 まずideco(1.2万)と積立NISA(3.3万)をフル活用したうえで、残りの3万/月と貯金をどのように運用していこうか悩んでおります。

 

困っていること

  • ETF購入が手間に感じている(ドル転と一定額以上の購入が必要、再投資等々
  • そのためロボアド(ウェルスナビかTHEO)を利用しようと考えている
  • その場合のIDECOとNISAの投資先をどうしようかと思っております。

 ロボアドを使用することで米国含めて投資をされるものと思っているのですが、更にIDECOとNISAで(例えば)楽天VTIやVT、eMaxisS&Pのような投資信託に投資するのは分散の面でどうなのかな、と悩み始めました。

 

 一応自分なりに考えてリターン3~4%・リスク15%位でポートフォリオを組みたいと思っております。

 

 お忙しい中恐縮ですが何かしらご意見を頂ければ幸いです。

手元のキャッシュに無理して手を出さない

 まず、結論から申し上げますと無理しなくていいということですね。芯が決まっておらずフラフラ、と書かれているならば芯を固める時間を取れば良いですね。つまり、しばらく相場と距離を取ってみるといいでしょう。無理して投資する必要はありません。すでに非課税枠で投資を始めることが決まっているからです。

 

 TwitterやBlogを見ていると、さもみんなが投資に熱心でどんどん金額を増やしているような気になります。しかし、日常を見回すと、そんなに一生懸命投資や貯蓄に励んでいる人はほとんどいないのです。

 

 自分の中で確固たる信念を持って投資をするならば別ですが、そこまで確信が持てないなら距離を保てばよいのですね。

 

 折しも日本株にしても米国株にしても、2018年はここまで調整入りをしています。こういう局面ではますますぶれない投資観が試されます。ややもすると、安値で動揺して売り、高値で乗せられて買うということになるからです。

 

 私は日本株、ASEAN株、中国株、米国株と20年近く下手なりに投資を続けてきました。その経験から、S&P500やVTIは少なくとも20年後には今よりも取引値が上昇していると確信しています。

 

S&P500の20年チャート。2000年台の暗黒の時代も知っておきたい。

S&P500の20年チャート。2000年台の暗黒の時代も知っておきたい。

 それは、投資を続けてきた経験と知識がそう思わせるのですね。幸いにして今はブログなどで世界中の情報が得られますから、ご自分が納得された上で投資先を選ぶと良いでしょう。

 

 大まかには、国際分散投資か米国投資かということになります。例えば日本株だけというのはかなりの技量が必要になりますし、前提として個別株投資ということになってきますね。株式指数が上昇を続けるような環境にないからです。

 

 そういう意味では、例として上げられているVTI・VT・S&P500というのは私は十分効率的な分散がされていると考えます。 これらのETFに投資する限り、投資対象の分散というのは果たされているということです。

 

 ただし、キャッシュポジションを始めとする株式以外のポジションは持っておいたほうが良いですね。サラリーマン、つまり給与を得ている人ならば私はこれを3割ぐらいと考えます。

 

 あんまり迷うならば、もちろんTHEOやウェルスナビといったロボアドも悪くないでしょうし、バランスファンドなども視野に入ってくるでしょう。SBI証券を使われるということですから、SBI証券の定額つみたてサービスを活用するのも視野に入ってきます。

 

 いずれにしても、投資は腹落ちして納得して行うのが一番ですね。何かご参考になれば幸いです。

 

関連記事です。

  つみたてNISAと確定拠出年金だけでもそれなりに効果を得ることができるのではないかという仮説です。

www.americakabu.com

  投資信託を選ぶ際にはどのような視点で選ぶと良いのかということですね。

www.americakabu.com

  私は株に関しては一貫して米国株を推してきましたが、これは現金や他のハードアセットなどと組み合わせた分散を前提としたものです。

www.americakabu.com