たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

BHPビリトン【BHP】世界最大の鉱業会社!かつては配当8%超え

スポンサーリンク

BHPビリトン【BHP】は世界最大の鉱業会社

 BHPビリトンはADRでニューヨーク市場に上場している、オーストラリアの会社です。世界最大の鉱業会社として有名です。オーストラリア・メルボルンに本社があり、イギリス・ロンドンには副本社があります。

 

 これは、2001年にオーストラリアのブロークンヒル・プロプライエタリー・カンパニー(BHP)とイギリスのビリトンが合併してできたことに由来します。

 

 鉄、ダイヤモンド、ボーキサイト、石油、石炭、銀といった多くの鉱業を事業対象にしており、文字通り総合鉱業会社ということになります。

 

 この中でも鉄鉱石はブラジル・ヴァーレ、英豪・リオティント、豪英・BHPビリトンの3社でシェア80%の寡占状態です。この3つを指して、世界三大資源メジャーと言います。

 

 鉄鉱石に関してはBHPビリトンは3位です。そのほか、銀は世界一、銅は世界3位です。オールラウンドに鉱業を扱っており、時価総額で世界一の鉱業会社です。

f:id:tapazou:20160622172918p:plain

※画像はBHPビリトンのホームページから

 

 多くの鉱業分野に関わるだけでなく、そのことごとくで大きなシェアを持ちます。価格決定力も強いです。しかし、中国減速による鉄鉱石需要の低下、原油安をはじめとする第一次産品価格の世界的下落が業績を直撃し、近年の業績はそれを反映したものでした。

 

 そのため、2016年には27年ぶりとなる減配をし、同時に赤字転落もしています。

 

 BHPビリトンだけでなく、同業他社も非常に苦しい時期を迎えています。このように、商品市場は波があります。しかし、業界地図が変わらない限り、安定的な地位を占め続ける、寡占的業界の多国籍企業であることは間違いありません。

 

 2017年に入り、業績は回復途上にあります。中国経済が良くなってきたからです。BHPビリトンの最大の輸出相手国は中国です。旺盛な鉄鉱石消費を始めとする資源の輸入があるからです。

 

 ただ、今後中国も高齢化社会を迎え、成長国から成熟国へ転換します。その時にBHPビリトンはどのような立ち位置にあるのか、注目されてよいでしょう。

BHPビリトン(BHP)の配当とチャート

f:id:tapazou:20171003232019p:plain

2006年 9月 株価42ドル 配当0.37ドル

2016年 5月 株価26ドル 配当0.32ドル

2017年 9月 株価41ドル 配当0.86ドル

 

 2015年9月までは1.24ドルの配当を出していたので、2016年に1/4近くに減配したことになります。ライバルのリオティントも減配しています。2017年に入り、0.86ドルまで復配しました。

 

 リーマンショックの時でさえ35ドルを割ることはありませんでしたが、チャイナショック時にはリーマンショック以上に値下がりました。業績も含めて中国との関係性を裏付ける結果と言ってよいでしょう。

BHPビリトン(BHP)の基礎データ

ティッカー:BHP

本社:オーストラリア。副本社イギリス。

来期予想PER:24倍

PBR:1.1倍

ROE:10.5%

ROA:5.1

EPS:1.6ドル

配当:1.66ドル

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

  今後の商品市場を上げとみるか、下げとみるかで投資方針が変わります。私は1万ドルに満たない投資をBHPビリトンにしています。長期で見れば反発すると思っているので、少額投資をしたということです。逆張りに近いです。

 

 結果的にやはり反発しました。基本は長期投資ですが、BHPに関しては売り時を探り始めています。

BHPビリトン(BHP)の配当と配当性向

 BHPビリトンの配当と配当性向です。

f:id:tapazou:20171003225400p:plain

 チャイナショックがささやかれた2015年に業績が急減速しています。赤字転落しているため、ペイアウトレシオは出せないのですが、便宜的に100を入れています。見栄えを優先しました。

 

 2014年までは配当性向も高配当でありながら落ち着いており、大変な優良株でした。そういう意味では原油株と全く同じ軌跡を描いています。ただ、原油株に比べて競合他社は限られます。

BHPビリトン(BHP)のBPSとEPS

 一株資本と一株利益です。

f:id:tapazou:20171003225823p:plain

 2015年の不況をきっかけに、BPSは1/3規模まで圧縮されています。また、EPSはすでに2014年から相当落ち込みを見せていました。株価もこのころから急減速しています。

 

 2016年は赤字を免れ、2017年に入ってからは増配を果たしています。

BHPビリトン(BHP)の売り上げと利益

f:id:tapazou:20171003230014p:plain

 もともとは営業利益率が20%を下回ることのない競争力ある企業です。2015年は赤字であり、営業利益率も急激に落ち込みました。ただ、翌年のV字回復は注目されていいでしょう。

 

 売り上げはまだ回復途上ですが、資産の精選・圧縮を進めた結果、内容的には評価されてよい決算となっています。

BHPビリトン(BHP)のキャッシュフロー

f:id:tapazou:20171003230310p:plain

 このキャッシュフローの形に似ているのは、エクソンなどの原油株、それから景気敏感株であるボーイング、キャタピラーです。2012年に投資CFがピークを迎え、2016年まで急速に投資CFを絞っています。

 

 米国株投資も2014年、2015年あたりはそこまで順風満帆ではなく、半信半疑で横ばいでした。それの「タガ」のようなものが一気に外れたのがトランプ大統領就任後でした。

 

 ただ、諸企業の業績を見ると、2016年後半から確かに向上しており、それなりのエビデンスもあった米国株式市場の上昇ということが分かります。2017年に入り、BHPビリトンもそれなりの業績回復、株価回復を果たしています。

 

関連記事です。

  同様に商品市況、原油市況に業績が振り回されている、世界のエクソンモービルです。当初はこの原油安はサウジアラビアによるシェールへの価格競争などいろいろ言われました。

www.americakabu.com

  石油株に関しては急激な業績の回復は難しいと思います。ただ、ゆるやかな原油価格の回復が見込まれており、底打ち感は出てきています。

www.americakabu.com

  少々マニアックなオーストラリア株です。ウエストパックバンキングはオーストラリアの大手商業銀行の1つです。高配当で有名です。オーストラリアも先進国で数少ない人口増加国の1つです。

www.americakabu.com