たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

投資における現金比率の目安はどれぐらい?

スポンサーリンク

投資における現金比率

 投資における現金比率は一般的にはこのように示されます。

年齢=現金比率

 とてもシンプルですね。

20歳=20%

30歳=30%

40歳=40%

90歳=90%

 ただし、あくまで目安です。例えばバフェット氏は90歳近いですが多額の投資をしています。個人ではなく法人でしているといえばそうですが、例に当てはまらないのは事実でしょう。

投資における現金比率

 また、債券や金などの比較的ディフェンシブな投資をどのように評価するのかというところでも変わってきます。キャッシュフローがどの程度出ているかでも大きく変わるでしょう。

 

 私の場合は市場の影響を受けない太陽光というややイレギュラーな投資も含めて、ほぼ100%の投資になります。これは、月々のキャッシュフローがあるので強気にポジションを取っているということになります。

 

 ただ、中身を見てみると奇しくも純粋な株式部分はおよそ60%、年齢と同じ40%を他の商品に割いているということになります。

 

こうしたことを踏まえて、投資における現金比率の目安に関してのご質問を紹介します。

 現金比率をどの程度確保して投資するか悩んでいます。

たぱぞう様こんにちは。
いつもブログを楽しく読ませて頂いております。

 

 半年程前より資産運用を考えるようになり、書籍や投資ブログ等で勉強をしつつ積立投資や日本株等を購入しています。

 

 しかし勉強をすればする程、何が最も効率が良く、自身に合った投資方法なのかが分からなくなり悶々としています。それを考えるのも投資の醍醐味ではあるものの、一度いつも参考にさせて頂いているたぱぞう様の意見を頂戴したく、質問をさせて頂きます。

【現状】

  • 29才 会社員独身男性
  • 主にSBI証券を利用(NISA活用なし)
  • 投資余裕資金:800万円(内、日本株140万・投資信託240万円投資済)
  • 毎月の投資可能額:毎月の追加投資状況10万円

 【毎月の投資状況】

  1. ひふみ投信:1.5万円
  2. ウェルスナビ:1万円(リスク5)
  3. 確定拠出年金:2万円(たわら先進国100%)
  4. 低コスト海外インデックス投信:4.5万円(株式2.5万円、債権2万円)

【投資方針及び予定】

  • 20代なのでリスクを取り、リターン重視。暴落時には追加投資予定。
  • しかしギャンブルは嫌いなので、リスクは取りつつもインデックス積立投資をベースとした堅実な運用を心掛ける。
  • インデックス投資は、今後も成長が見込めるアメリカを重視した上で世界分散投資。国内投信はひふみ投信のみ。
  • 基本的に投資には掛かる手間は最小限にし、最初に理想的な投資体制を整え、その後は大きく手を加えたくない。
  • 来年から積立NISA・iDeCoをフル活用し楽天VTI、楽天VT、ひふみ投信を均一に投資予定。今後非課税口座は株式、課税口座は債券と役割分担。よって現在特別口座にある株式投信は、ひふみ投信を除き売却予定。

【悩み】

  • 上記投資余裕資金とは別に年収程の現金はあるが、今後結婚等のライフプランを考慮した場合、より現金比率を高めた方が良いのではないか。
  • 現在、約月10万円投資をしているが好景気な現状を考慮し、今は投資金額を抑え預貯金を増やし、景気減退期により多くの投資をした方が良いのではないか。
  • 残り400万円の投資余裕資金の使いみち及びタイミング。いつ来るか分からない暴落を待っていたら機会損失になるのではないか。
  • たぱぞう様の言うとおり経済成長率を考慮したら今後円高になるとは考えにくい為、現金の一部をドル等の外貨で持っていた方が良いのではないか。
  • 多少の手間があっても日本株よりも、アメリカ株の方が将来性があるのか。

 長文となり申し訳ありません。

 

 投資という絶対的な正解がないものであるがゆえに、上記のような点について頭を悩ませております。お手数をお掛けしますが、たぱぞう様の見解をお聞かせ頂けたら幸いです。

現金比率はライフプランも考慮に入れると良いですね。

 現金比率ですが、仰るように結婚や出産・育児などを控えているならば手厚めにしておいたほうがいいでしょう。特に結婚式はお金がかかります。もっともこれはどのような結婚式を挙げるかによりますから、相手との話し合い、合意形成が必要です。

 

 現金比率を高める必要があるのは特に、奥さんの収入が無くなる場合です。支出が増えて収入が下がりますので、よりディフェンシブに家計を組む必要があります。

 

 また、結婚式は夫婦間だけでなく、親族との調整も必要になるケースがあります。自分たちの理想と親族との理想をすり合わせるというところが、夫婦最初の共同作業と言ってよいでしょう。

 

 ちなみにたぱぞう家は親族で済ませ、式はコミコミ30万円台でした。一瞬に多額の費用をかけるという考えが無かったからです。30万円だとお祝いで十分やれてしまいますので、お祝いの残金で中古車を買いました。

 

 しかもダブルインカムでしたので、こういう場合だと投資ペースは落とさずにすみますね。要は、自分たちの人生のプライオリティをどこに置くかということです。一瞬に費用はかけないといいつつ、海外旅行はかなりしていますからね。

景気減退に備えて現金比率を高めるべきか

 景気減退に備えて現金比率を高めるという考えですが、私は同意します。私の場合は債券比率を高めようとしましたが、結果的に太陽光を買うことにしました。そのため、株式への投資比率は60%まで低下しています。

 

 ただ、日本の場合は預貯金があまりに金利が低いです。そのため、現金比率を高めると殆どそのお金が死に金になるところは悩ましいところですね。かつてのように定期預金で5%を超えるような状況であれば、迷わず定期預金ができました。しかし、今はそういう時代ではなく、空前の低金利です。

 

 また、投資先ですが私は米国株が良いと思っています。それは米国の人口動態や株主重視の法整備、イノベーションの起こりやすい文化があるからです。日本は私の勤務歴20年を振り返っても社会的には殆ど何も変わりません。

 

 分かりやすい例だとスマホにネット、非常に便利になりました。しかし、それらは殆ど米国から来たイノベーションです。私たち日本人は守るのは得意ですが、創造するのが難しいように思います。変化を受け入れ、挑戦を尊重する文化が薄いのです。

 

 これは私自身の個人的な課題でもあると思っています。どのように若い柔軟な世代が活躍し、創造性を発揮できるような場を作っていくのか。中堅やベテランはこういう意識を持っていたいものです。

 

 また、日本に住んでいるから日本株と日本債券の投資比率を高めるという考えがあります。しかし、これは私からすると逆です。日本に住んで、日本の組織から給与を得ているならば、むしろ米国株や海外債券に分散投資をしたほうが良いでしょう。

 

 あまりに日本に投資対象を向けすぎることになるからです。労働というのは資本だからですね。

 

 その日本が人口ボーナス期で伸び盛りならばよいですが、逆回りの人口オーナス期に差し掛かっています。若い世代ほど先が長いですから、将来性のある対象に資産を振り向けるべきと考えます。

 

 買われている商品は海外資産、有力な商品が多く安心できますね。お話全体がやや概論的になりましたが、何かのヒントになれば幸いです。ご質問ありがとうございました。

 

関係記事です

  20代の投資は副収入づくりの第一歩です。少々のリスクでも果敢に取れる、やり直しがきくことが最大の強みです。だから20%の現金比率でも良いのですね。逆に年金暮らしでインカムが限られるならば、守りの投資ということになります。

www.americakabu.com

  銀行預金は非常に厳しいですね。金利が低いからです。その分、銀行からの融資を有効な投資につなげるという発想もあります。

www.americakabu.com

  人口高齢化をどのように迎え、社会モデルを設計していくのか。記事は厚生労働白書の資料を基にしています。

www.americakabu.com