たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

SPDRハイイールド債券ETF【JNK】は高利回り債券のETF

SPDRハイイールド債券ETF【JNK】とは

 JNKはSPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイイールド債券 ETFといいます。スパイダーから出しているハイイールド債のETFです。ジャンク債も扱うということで、ティッカーはJNKです。覚えやすいですね。

 

 ハイイールド債というのは、名前の通り高利回り債です。JNKは格付けが低く、その分高利回りになっている社債で構成されるETFということです。

 

 ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド・ベリー・リキッド指数への連動を目指しています。指数名が長いですが、簡単に言うとハイイールド債券の指数への連動ということです。PFFやBNDなどと同じく、毎月分配をしています。債券系のETFは毎月分配金を出すものが多いですね。

 

 ブラックロックから出している【HYG】と性格は似ています。資産規模は【HYG】がおおよそ1.7兆円、JNKが1兆円ちょっとです。ハイイールド債に関してはこの2つが人気を分け合っていると言ってよいでしょう。

 

 信託報酬は0.40%です。年ごとの変動があるとはいえ、HYGが0.5%前後、PFFが0.48%前後ですから債券系高配当ETFでは信託報酬の面ではやや優位です。PFFは優先出資証券ETFなので、ハイイールド債のJNKやHYGとはちょっと性格は違いますけどね。

JNKの分配金とチャート

f:id:tapazou:20180710080019p:plain

2007年12月 取引値47ドル 分配金0.35ドル

2016年11月 取引値36ドル 分配金0.18ドル

2018年 7月 取引値35ドル 分配金0.17ドル

 

 取引値は全く伸びていませんね。分配金も漸減傾向です。分配金の利回りが高いので、分配金込チャートならば伸びています。取引値ベースだと投資するのに躊躇するチャートですね。高利回りの債券ETFはこういったチャートが多いですね。

 

 大きく落ち込んでいるのはやはり、2008年リーマンショック、2016年チャイナショックですね。

 

 とはいえ、高利回りが際立ちます。債券利回りが全体的に上昇する中、JNKも利回りは5%後半です。組み入れ銘柄数は800超ですから、ジャンク債の集合体と言えどもリスクはほとんど最大限に分散されていると言えます。ここがこのETFの最大の魅力です。

 

 個別では買えないようなリスクある債券も、もしくは個人投資家では入手しにくい債券もETFでは買うことができます。

 

 JNKは設定日が2007年11月28日とリーマンショックの直前期でした。47ドル前後で取引されていましたが、27ドルまで落ちています。2016年11月の価格が36ドルですから、初値で買った人は未だにその値を超えていないということになります。

 

 ただ、高利回りですから長期、分配金再投資で持っていれば報われる可能性が高いETFです。スパイダーの説明によると、2007年設定日からのパフォーマンスは年率5.5%程度になります。

 

 米国株投資で意識されるのが年率6%~7%ですから、やや劣後するものの、悪くない印象です。

 

 10年前は毎月0.35ドル程度、良くて0.40ドル程度、分配金として吐き出していました。それが今は0.16ドル~0.19ドル程度になっています。

 

 連続増配銘柄のようにジワジワと持っていれば配当金が増えてくるということではなく、その時の金利動向に左右される要素が大きいのが債券系のETFの分配金です。連続増配銘柄などと違い、分配金が右肩上がりではないことは留意しておきたいですね。

SPDRハイイールド債券ETF【JNK】の構成銘柄

f:id:tapazou:20161125204203p:plain

※以下の画像はすべてスパイダーのページから

 

 組み入れ上位は高利回りだけあって年限の長いものが多いです。組み入れ1位になっているSFRグループはケーブル・衛星放送の企業です。2位のスプリントは全米4位の携帯電話会社です。

 

 この2社に限らず、5年から10年の償還期間を持つ債権が7割を占めています。

f:id:tapazou:20161125204631p:plain

 ファンドに組み入れられている債券の格付けです。BB、B、CCC格というのは個人で抱え込むにはちょっと躊躇するレベルですね。しかし、800超銘柄に分散されているので、買えるということです。

 

 他の高利回り債券ETFと同様に金融危機には高い感受性を示すことは知っておきたいです。基本はコアではなくサテライトとして活用するタイプのETFですね。

 

 関連記事です。

  こちらはブラックロックのHYGです。HYGもハイイールド債を扱うETFとして非常に知られた存在です。JNKと人気を分け合っています。HYGのほうが運用総額は大きいですね。

www.americakabu.com

  こちらはPFFです。優先出資証券ETFです。PFFは平時は殆ど値動きがありません。しかし、リーマンショック後に半値になっていることからも分かるように、ディフェンシブな働きというのは殆ど期待できません。

www.americakabu.com

  長中短期債を組み合わせたBNDがバランスとしては最も良いですね。こちらの記事は債券ETFをどのように活用していくかということで書いています。

www.americakabu.com