たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

証券会社の営業マンの推奨銘柄を買い続けたら大変なことになった話

証券会社の営業マンに言われるままに取引したらどうなるか

 郵便局や銀行を問わず、金融機関の窓口ではいろいろな商品をおススメされますね。中には本当に良いものもある、かもしれません。しかし、こちらが初心者すぎる場合は気が付くと手数料目当てのお客さんになってしまっていることがあります。

 

 おそらく、いくつか話す中で感触のようなものがあり、相手を決めてお話しているのでしょう。私の取引先の銀行では、救いようのない投資信託を勧められたことは無いですし、対面の証券会社でもそうです。

 

 しかし、中には営業トークに乗せられ、凄まじい売買遍歴を経験される方がいられます。今回は藁にもすがる思いでご質問を寄せてくださった方がいられるので、取り上げたいと思います。

証券会社の営業マンに言われるままに取引をした結果、大変なことに

はじめまして、たぱぞうさま。

 いつもブログ楽しみに拝見しております。

 50代の専業主婦です。

 

 本当に投資は難しく一度たぱぞうさまにご意見聞かせて頂きたく、何とぞよろしくお願い致します。 四年前自宅に中堅証券会社の営業マンが訪れ、500万円程の毎月分配型投資信託を買ってしまいました。

 

 銀行に預けても金利はほとんど付かず、リスクを取りたくないと説明し言われるままに買ってしまいました。 でもそれが間違いの始まりで、みるみる基準価値が下がり 次にその損失を取り戻す為と新たな資金ででトルコリラの債券を買わされました。

 

 しかしそれもすぐにトルコリラの暴落でまた資金投入し、アンダーアーマーの株を買うように言われるまま最高値で購入。 半値で売ってその時点で3年間で元金1100万円が700万円に目減りしていました。 何とかしなくてはとなけなしの最後の1000万円で米国債券を初めて自分の意志で買いました。

 

 その後、金利や為替や少し色々な米国株の利益で元金2100万円が やっと1870万円くらいに戻りました。 しかしまたその後、営業マンの勧めでその債券を解約し、つい最近、エヌビディアの株を単価168ドルで1060万円分買ってしまったのです。

 

 これが最大の後悔で一週間で15%も下がり今、元金はまた1700万円になってしました。 しかもまだ株価が下がったらと毎日夜も眠れず体調も崩してしまいました。 今まで散々営業マンの言われるまま手数料で300万円くらい取られているのに、また過ち犯してしまった自分が情けないです。

 

 このままエヌビディアがせめて元の単価に戻るのを待ってた方がいいのか、すぐに損切りしてでも投資スタイルを見直した方が良いのか悩んでおります。

 

 どちらにしてもこれからは長いスパンで、10年くらいで元金2100万円に戻せればと思っています。

 

 その為に、米国債券10年物を600万円 コカ・コーラとP&Gを500万円ずつ オリエンタルランドを150万円分と考えております。

 

 損失が大きくて家族にも言えず、誰にも相談出来ず本当に困っております。 たぱぞうさまのご意見お聞かせ願えれば幸いと思っております。 厚かましいとは思いますがどうかよろしくお願い申し上げます。

 

 投資資金は私が15年パートでコツコツ貯めたお金です。その間、家族子供たちに寂しい思いもさせ、自分自身も大変な思いでやっと貯めたお金です。


 どうかよろしくお願い申し上げます。

その証券会社の営業マンとは縁を切ったほうが良い

 これに対する対処は簡単ですね。その証券会社の営業マンと連絡を断ち切ることです。過去に何度も煮え湯を飲まされているわけですから、もう良いでしょう。営業マンにはチャンスは十分与えたのです。

 

 おそらく社内でイチオシの銘柄だったり、金融商品だったりをそのまま売りつけているのでしょうね。営業成績を上げる必要があるときに、登場するのでしょう。見事に、この数年話題になった商品、銘柄を追っています。

 

 今後もその流れは変わらないですね。そして、質問者さんの「影響されやすいところ」と変わらないはずですから、そういう自分を受け入れて、証券マンを遠ざけることです。

 

 体調を崩すほどエヌビディアの値動きに悩まされているわけですから、反転する、しないはさておき、すぐに売ったほうが良いでしょう。

 

 ちなみに、半導体銘柄はどれもこれも値動きが激しく、上級者向けの銘柄です。

初心者に推奨するには値動きが激しすぎる半導体銘柄

初心者に推奨するには値動きが激しすぎる半導体銘柄

 このチャートはフィラデルフィア半導体指数連動のETF【SOXX】です。2017年以降特に動意づいていますね。マイニング需要や、5G需要といった話題性のあるたびに上昇と下降を繰り返しています。

 

 半導体指数でさえもこの値動きですから、言わんや個別銘柄をや、というところです。ジャンルとしてはテーマ性があり、面白いのです。ただし、上級者向けなのです。

 

 基本的に個別銘柄は、自分で調べて考えて購入する人に向いています。営業マンのおすすめを買うというのは、実は危険なのですね。自分で銘柄分析をする人は別です。

 

 損失を出す人は、1/3や半分になる人もいます。まだまだ遅くは無いですから、勉強料と割り切って新しいスタートをすることをお勧めしますよ。投資は人生の一部ですから、忘れるぐらいの距離感でちょうど良いのです。ともに頑張りましょう。

 

関連記事です。

  株式ETFなのでリスクはそれなりですが、やはりこのような良質の分散されたETFというのは長期で安心して持てると思います。

www.americakabu.com

  米ドルで投資するならば王道のVTIですね。VOOやIVVでも良いでしょう。

www.americakabu.com

  安心安全というのが一番です。投資を通してお金も心も豊かになるのが大事です。値動きに心を痛めるのは、ポジションを取りすぎているか、自分の投資に確信が無いからということになります。

www.americakabu.com