たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

私たちは投資信託をどのように買い、どのように老後売っていくのか

投資信託の出口戦略、買い方と売り方

 投資信託は円建てです。そのため、外国株式に投資をしていても、円でリターンを得るということになります。2018年から商品数も増え、投資信託の選択肢も増えました。

 

 米国における投資の王道であるS&P500連動の商品やVTI相当の商品が買えるようになったのは、中でも僥倖といって良いでしょう。米国株投資で代表的なものは以下の2つです。

  • eMaxis Slim米国株式(S&P500)
  • 楽天米国株式(楽天VTI)

 この2つを押さえておくのが米国株投資の王道ということですね。さて、これらを買い進め、自分年金として使うときにどのような配慮をしていくかということです。

 

 今回はこの投資信託の出口戦略に関してご質問を頂いています。

投資信託をどのように買い、売っていくのが望ましいのか

たぱぞうさま

 いつも楽しく勉強させて頂いております。2点質問をさせてください。

  1. 追加投資について
  2. 定年退職後の投資(出口戦略)について

私の情報

  • 私:40歳(会社員)妻:31歳(専門学生) 長男:8歳 長女:4歳
  • 自宅:両親の持ち家に同居
  • 投資歴:13年(日本株、投資信託、ETF)
  • 金融資産:1,200万円

現在の投資

  • ideco:DCニッセイ外国株式 23,000×2人/月
  • つみたてnisa:楽天VTI 33,333×1/月
  • こどもnisa:楽天VTI 20,000×2/月

※妻が卒業後、つみたてnisaを増やす予定です。
※楽天VTIからeMAXISSlim米国株式に変更を検討中。

 

1、現在、上記投資を行っておりますが、市場下落時に、カブドットコムにてSPDR S&P500の購入や、SBIにて楽天VTIを購入しております。SPDRは信託報酬が低く抑えられますが、購入単価が楽天VTIに比べかかります。また、分配金に課税されるので、どちらを購入したら良いでしょうか?

 

2、60歳くらいまでは上記のような投資を行いたいと考えております。
定年後の出口戦略として、主には公的年金に頼りますが、ideco、つみたてnisa、
その他投資信託などの処分方法や、組み換え等どのようにするのがよろしいでしょうか?


※配当等受け取れる流動性資産(株式・投資信託・ETF等)も保有したいと思います。

投資信託の出口は、取り崩しということになりますね

 分配金を吐き出すのがよいのか、吐き出さないのがよいのか、ということです。基本的には分配金を吐き出さない投資信託のほうが税金の繰り延べ効果があるのでお得です。ただし、投資信託は外国税額控除で現地課税を取り戻すという事ができません。

 

 一方、分配金を吐き出すタイプは、その都度配当課税が生じます。しかし、現地での源泉徴収課税を外国税額控除として取り戻せます。

 

 それぞれのメリットデメリットを加味すると、リターンはほとんど近似します。よほどスケールが大きい場合を除いて、例えばイデコやNISAレベルであれば気にならない違いですね。

 

 全くおまかせ、確定申告などをしないということならば投資信託をおすすめします。手間がないからです。つまり、楽天VTIやeMaxis Slim米国株式が良いです。

老後、投資信託で増やした資産をどのように運用していくか

 40歳で金融資産が1200万ということは、今後も継続してお勤めを続けられる可能性が高いですね。つみたても継続していくのでしょう。

65歳まで投資信託にて積立投資を続けた場合

65歳まで投資信託にて積立投資を続けた場合

 二人分のつみたてNISAと一人分のイデコ、合わせて月々およそ8万円のつみたてが可能になります。元手が1200万とします。これも投資にコツコツ振り分けたとします。そうすると、6000万〜7500万円程度の資産になっている可能性があります。

 

 前提条件としてはJPモルガンやバンガードが予測している株価成長率である4.5%を採用しています。税引き後でもおよそ4%になりますね。

 

 老夫婦の世帯の平均支出額が月額30万円です。年金額で100%賄うのは難しいですから、足りない額を積み立てた投資信託から補填することになります。

 

 今のうちに非課税枠を使って資産運用し、守り育てていくことで無理のない老後を迎えることができるということですね。

 

 年齢が上がるに従って、高配当株ETFなどで「元本が減らないインカム」を追求していくという戦略もアリですが、当面この固い投資信託で育てていくというのが肝要ですね。今はそのシンプルな作戦で良いと思いますよ。

 

 ご質問ありがとうございました。

 

関連記事です。

  せっかく年間40万円も使うのですから、キャッシュカードで購入してポイント1%もきっちり拾っていきたいですね。

www.americakabu.com

  ちょっと似ているお題ですが、こちらのほうが対象がより広くなっていますね。

www.americakabu.com

  こちらの記事はまだつみたてNISAが始まっていない頃の記事です。前提条件としては米国株ETFですね。米国株ETFを積み立てていくというのももちろんアリな資産運用術です。

www.americakabu.com