読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ウォルトディズニー(DIS)は世界最大級のメディアコングロマリット

注目株 注目株-米国株
スポンサーリンク

ウォルトディズニー(DIS)、言わずと知れたメディア株の雄

 

 ウォルトディズニーカンパニーは創業者の名前をそのまま社名にしています。日本にいるとディズニーランドやアニメ映画のイメージが強いですが、母国アメリカでは3大放送ネットワーク局(いわゆるキー局)の1つであるABC(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー)やスポーツ専門局のESPNを傘下に納める、メディアコングロマリットです。

 

 

 1923年にウォルト・ディズニー氏、ロイ・O・ディズニー氏によって創業されました。ウォルト・ディズニー氏が様々なキャラクターを考案するなど創造的な働きをしたのに対し、ロイ氏はディズニー社を企業として、特に財政面から支えた人物です。

 

 また、ディズニー兄弟の友人のアブ・アイワークス氏の存在も大きいです。会社が大きくなってきたところで、ほとんどのアニメーターとキャラクターの版権を他社に引き抜かれる憂き目に遭いますが、最後までアブ・アイワークス氏は残り、ウォルト氏と共にキャラクターを考案し続けます。

 

 起死回生のキャラクターとなったのがミッキーマウスです。根こそぎ引き抜かれたこのときの経験が著作権に厳しい今のウォルトディズニー社のスタンスを決めたと言って良いでしょう。

 

 1955年にはカリフォルニア州でテーマパークであるディズニーランド構想を具現化させます。その後1965年にディズニーランドの構想は総合レジャーランドとして昇華し、ホテルやウォーターパークも含んだウォルト・ディズニー・ワールドリゾートの実現につながります。

 

 ウォルト・ディズニー・ワールドリゾートはフロリダ州に位置し、20のホテル、ゴルフコース、4つのディズニーパーク、2つのディズニーウォーターパークを含む広大なアミューズメントリゾートです。

 その規模の大きさは下記ブログが参考になります。ディズニーランド好きにとっては夢のような場所ではないでしょうか。

conofelice.hatenablog.com

f:id:tapazou:20160828105556p:plain

ディズニーJPのページから

 

 アニメ制作にとどまらず、キャラクターから派生したイメージを具現化し、さらに事業化した、ディズニー兄弟の企画実行力、そして夢の大きさは唯一無二であり、その思想は今もウォルトディズニーカンパニーに脈々と受け継がれています。

 

ディズニー(DIS)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160828103212p:plain

画像はグーグルファイナンスから

 

2006年 12月 株価33ドル 配当0.31ドル(1期配当)

2016年  7月 株価100ドル配当0.71ドル(2期配当)

 

 2015年中ごろまでは完全な右肩上がり株でしたが、このところもたついています。90ドルを割りそうなところまできました。また、配当利回りは必ずしも高くなく、この10年でだいたい1%ちょっとで安定しています。年間ベースでは連続増配中ですが、株価が成長しづづけているので配当利回りが変わりません。

 

 昔からのホルダーからするとホクホクというところでしょう。

 

 ウォルト・ディズニー氏の死後、業績が停滞したこともありました。しかし今はそんなことはありません。特に映画部門のヒット連発は目覚ましく、世代交代がいつの時代も非常に上手くいっています。

ディズニーの基礎データ

ティッカー:DIS
本社:アメリカ
来期予想PER:16倍
PBR:3.4倍
ROE:18.7%
ROA:10%
EPS:5.8ドル
配当:1.42ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 高騰が続いており、しばらく買えない水準でした。しかし、2015年から株価は一服しており、一時期から比べるとだいぶ値ごろ感が出てきました。3年平均8%の高い成長率と18%の営業利益成長率は出色と言って良く、すでに業界のガリバーでありながら、アニメ、映画やスポーツなど広範囲な映像コンテンツが大きく寄与しています。

 

 グッズ販売はやや低調であるものの、期待値が大きすぎるというのもあるでしょう。世界経済の拡大とともに成長し続ける可能性が高い企業の1つであることは間違いありません。配当が低すぎるので私は持っていませんが、PERは魅力的な位置まで下がってきています。