たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

リオ・ティント(RIO)は世界三大資源メジャーの1つ

スポンサーリンク

リオ・ティント(RIO)は鉄鉱石とアルミで有名な世界三大資源メジャー

 リオ・ティントの歴史は古く、1873年にスペイン南部のリオティント鉱山の経営立て直しのために設立されたのが始まりです。もともとこのリオティント鉱山はスペイン国営でした。このとき、出資にロスチャイルド家が関わっています。

 

 それに対して、1962年にイギリスのリオ・ティントと事実上合併したコンソリデーテッドジンク社(Consolidated Zinc Corporation)は1905年に亜鉛鉱山に関わる会社としてオーストラリアで設立されています。

 

 その後、1995年にリオティントとコンソリデーテッドジンク社と登記上同一会社にし、二元上場の形をとっています

 

 2007年にはアルミのアルキャン(カナダ)を買収し、リオティントアルキャンとしています。このときの買収額は実に約380億ドル、日本円で4兆円です。

 

 世界シェアとしては

 

 銅 7位

 ボーキサイト 1位

 ウラン 5位

 鉄鉱石 2位

 

 などです。このほかにもダイヤモンド、金、銀なども手掛ける資源メジャーです。

f:id:tapazou:20161201073427p:plain

※画像はリオ・ティントのサイトから。

リオ・ティント(RIO)のチャートと配当

f:id:tapazou:20161201073535p:plain

2010年8月 株価50ドル 配当0.4345ドル

2016年8月 株価32ドル 配当0.4459ドル

 株価も配当もガチャガチャしていまして、安定的ではありません。

 

 配当の場合、例えば2009年に5.7ドルの特別配当を出していたり、2013年8月には無配になっていたり、という具合です。

 

 また、配当は今のような2月8月配当に落ち着いたのが2010年からです。そのため、いつもは10年チャートでの比較になりますが今回は2010年と2016年の比較にしています。

 

 ただ、おおむね株主還元に誠実な企業と言えそうです。鉱業ならばブラジルのヴァーレ(VALE)よりもBHPビリトンやリオ・ティントが安定して見えるのは、企業文化、国の文化の違いでしょうか。

 

 株価は、2008年5月に140ドル近くまで上昇しました。これは、投機的な資金が商品市場にも流れ込み、原材料高を迎えたことによるものです。一次産品を扱う企業、鉱業はどうしてもその商品市場の動向に業績が左右されます。

 

 腕に自信のある逆張り投資家で底値を見極めることができるならば、魅力ある投資先であり、株価チェックの欠かせない企業の1つとなるでしょう。鉱業自体が寡占的な業界なので、潰れる可能性が低いのが逆張りの心理的支えになります。

リオ・ティント(RIO)の基礎データ

ティッカー:RIO
本社:イギリス・ロンドン
来期予想PER:13.1倍
PBR:1.8倍
ROE:-2%
ROA:-1.7%
EPS:0.025ドル
配当:1.518ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

※ADRとして

 

 もともと高配当銘柄として有名でしたが、中国の成長鈍化など世界的な原油や鉄鉱石需要の冷え込みを受け、業績が低迷に伴う減配が懸念されるところです。ただ、最悪期と思しき2015年から2016年をどうにか凌いでおり、株価は回復途上にあります。

 

 配当は27年間減配したことのなかったBHPビリトンが減配したのに対し、リオティントは今も4%近辺の高配当を維持しています。

 

 関連記事です。リオティント、BHPビリトン、ヴァーレが世界3大資源メジャーです。

www.americakabu.com