たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

バンク・オブ・アメリカ【BAC】全米最大の民間金融機関

バンク・オブ・アメリカ【BAC】とメリルリンチ

 バンクオブアメリカは米国最大の民間金融機関です。大きな2行の合併で今の地位を確立しています。

 

 1行はネーションズバンクです。1874年に設立されたコマーシャル・ナショナルバンクが後にネーションズバンクになります。

 

 もう1行はバンクアメリカです。1904年に設立されます。元はイタリア移民への貸し出しを中心にしていたので、バンクイタリアと言いました。

 

 1998年に両行は合併します。その時の業界順位はネーションズ・バンクが3位、バンクオブアメリカが4位でした。ネーションズバンクが吸収合併した形ですが、行名はバンクオブアメリカを残しています。

 

 これに限らず、両行とも合併を繰り返して大きくなりました。その後、リーマンショック前にメリルリンチを500億で吸収合併します。

 

 メリルリンチの財務の痛み方は尋常ではなく、60兆円以上の負債を抱えたリーマンブラザーズほどではないにしろ、単独では存続の難しいレベルでした。

 

f:id:tapazou:20160914073001p:plain

※バンクオブアメリカ、ホームページから

 メリルリンチは2007年にすでに80億ドルの赤字を計上し、2008年には220億ドルの赤字を計上します。しかし、そのころにはすでに売却は決定しており、この状況を作ったメリルリンチの前CEOであるスタンレー・オニール氏は1億6000万ドルもの退職金を得ています。

 

 合併後もメリルによるサブプライムローン証券の不正販売による罰金で166億ドルの罰金を被るなど、メリルの負の遺産は非常に重いです。それが、比較的健全だったバンクオブアメリカの財務の負担になりました。メリルリンチはバンクオブアメリカに実に日本円にして10兆円近くの負担を負わせたことになります。

 

 バンクオブアメリカはもともと商業銀行で、投資部門は持ちませんでした。リーマンショック前の投資銀行の華やかさを見て、それを欲した結果、痛い目に遭いました。

 

 ウェルズファーゴは同じ時期に商業銀行であるバンク・オブ・ワコビアを151億ドルで吸収しています。ワコビアも傷んでいましたが、メリルやリーマンほどではありませんから、固い買い物でしたね。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の配当とチャート

f:id:tapazou:20180508232806p:plain

2006年 株価53ドル 配当0.56ドル

2016年 株価15ドル 配当0.25ドル

2018年 株価30ドル 配当0.39ドル

 

 2009年から2014年にかけて0.01ドル配当が続きました。2007年には0.64ドルの配当をしていましたから、大減配ということになります。

 

 シティバンクなどと同じく、配当どころか会社の存続にかかわる大ピンチだったわけです。50ドル近辺だった株価は3ドル近辺まで落ちています。その後、するすると上がり、30ドル近くまで回復しています。

 

 昔の私はこういう大暴落株が好きで、このバンク・オブ・アメリカ(BAC)も買い参入しています。2011年に10ドルで入り、2014年に15ドルで売却しました。しかも集中投資をしていました。今まで持っていたら実に3倍でしたが、まあいいでしょう。ともかく、今とは全く違う手法ですね。

 

 値動きに乗っていくのが株式トレードの1つの醍醐味ですが、そういうのからはもう降りたということです。不況時のバンク・オブ・アメリカ(BAC)のような上げ下げの大きい株に資金を突っ込むような売買はしばらくしていませんね。

 

 リセッションが起きれば、ちょっと動くかもしれませんけどね。株というのはこういうこともある、それを端的に示してくれるチャートですね。大型株だから安心ということは無いのです。

 

 そういう意味ではETFのリスク分散は安心感がありますね。ETFが崩れるときは市場が崩れるときです。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の基礎データ

 さて、話を戻します。バンクオブアメリカの基礎データを見ていきましょう。

バンク・オブ・アメリカ【BAC】の配当と配当性向

f:id:tapazou:20180508230218p:plain

 最近でこそ復配基調ですが、暴落時の金融株というのはボラティリティ狙いの典型で、配当を狙って買うような株ではないですね。2009年の配当性向は400%でしたが有事で参考にならないため、グラフを見やすくするため排除しました。

 

 利上げ局面では銀行は金利収入が増え、経営上有利と言われています。その言葉を裏付けるかのように配当は右肩上がりです。ただ、連続増配、高配当といったインカムを狙う株では無いでしょう。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)のBPSとEPS

f:id:tapazou:20180508230524p:plain

 一株資本(BPS)はギリシアショックぐらいまで下がり続けましたが、回復基調にあります。一株利益(EPS)もそうですね。2009年、2010年とマイナスでしたが、それ以後は立ち直り、1.5ドル前後のEPSになっています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の売上と利益

f:id:tapazou:20180508230839p:plain

 売上は横ばいです。というよりも、2010年代前半は不良債権処理でそれどころではなく、どのように経営を立て直すかに腐心していました。その後、ようやく反転の兆しが見えたのが2016年です。純利益率も落ち着いてきましたね。

 

 2000年代の日本のメガバンクがそうだったように、リスクを取りに行った人はそれなりの果実を売ることができたことでしょう。株価は10倍になっています。ちなみに日本のみずほ銀行はピークでおよそ20倍になっています。金融危機とはそういうことです。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の株数とROE

f:id:tapazou:20180508231926p:plain

 株式は金融危機時にかなり発行されました。トータルで3倍近くになっています。既存株主はたまったものではありませんが、株式というのはこういうリスクもあるということを伝えてくれますね。

 

 それでも、金融危機時にナンピンした人は報われたことでしょうね。敢えて火中の栗を拾いに行った人だけが得られるキャピタルです。金融株、シティやバンカメは経営危機もささやかれるほどでしたから、示唆に富む数字の変化をしています。

 

関連記事です。

  JPモルガンチェースも米国を代表する銀行の1つです。

www.americakabu.com

  ウェルズファーゴはバンクオブアメリカよりも前からバフェット氏が持っています。最近になり、バンクオブアメリカを大量買いしましたね。

www.americakabu.com

  英国籍の香港上海銀行【HSBC】です。こちらは高配当、なおかつ株価も急回復ということでキャピタルもインカムも貢献している銘柄です。

www.americakabu.com