たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

バンガード・米国情報技術セクターETF【VGT】はリターン最強のETF

バンガード・米国情報技術セクターETF【VGT】とは?

 VGTは正式名称を「バンガード・米国情報技術セクターETF」と言います。

 

 VGTへの投資は、およそ320銘柄への分散投資になります。

  • システム・ソフトウェア
  • テクノロジー ハードウェア・コンピュータ記憶装置・周辺機器
  • 情報処理・外注サービス
  • 半導体
  • アプリケーション・ソフトウェア

 こういった、米国企業が最も得意とする産業をカバーしたETFということです。そのため、バンガードETFの中でも最も高いリターンを示すETFのうちの1つとなっています。

VGTの強み

 VGTの強みは、米国を代表する銘柄群を包含するETFであるということです。米国企業は株価パフォーマンスに優れる企業が多いです。しかし、すべてのセクターにおいて強いわけではありません。

 

 例えばエネルギーセクターなどはこの10年のリターンは大きくマイナス、銘柄によっては半値以下になっています。それに対して、情報技術セクターは2010年代を代表する企業群で占められており、当然リターンも優れます。

 

 IT技術による社会変革はそのまま、現代の産業革命となっています。資産運用面でもこれらセクターを含むのと含まないのでは大きな差が生じています。

VGTのチャートと配当は?

VGTのチャートと配当

VGTのチャートと配当

 リーマンショック時には60ドルから30ドルへ下げ、半値になることもありました。2016年前後まではまずまずというリターンでしたが、それ以後は米国市場をけん引する役割を果たしています。

  • 2015年 取引値111ドル 分配金0.403ドル
  • 2020年 取引値224ドル 分配金0.651ドル 

この10年絶好調のVGTのパフォーマンス

 この10年のパフォーマンスはバンガードETFの中でもトップクラスです。

この10年絶好調のVGTのパフォーマンス

この10年絶好調のVGTのパフォーマンス

 配当込みリターンはこの10年で4倍を超えており、まさに出色といってよいでしょう。セクターETFはもちろん、S&P500などと比べても大きくアウトパフォームしています。その理由は構成銘柄群にあります。

VGTはどのような株から構成されているのか

 それでは、VGTはどのような株から構成されているETFなのでしょうか。銘柄を見ていきます。

2020年の保有銘柄

  保有銘柄 シンボル
1 Apple AAPL 17.79%
2 Microsoft MSFT 17.18%
3 Visa V 4.23%
4 Mastercard MA 3.82%
5 Intel INTC 3.54%
6 Cisco CSCO 2.48%
7 Adobe ADBE 2.45%
8 NVIDIA NVDA 2.29%
9 salesforce CRM 2.08%
10 PayPal PYPL 1.76%
11 IBM IBM 1.69%
12 Accenture ACN 1.68%
13 Oracle ORCL 1.67%
14 Broadcom Inc. AVGO 1.58%
15 Texas Instruments TXN 1.56%
16 QUALCOMM QCOM 1.31%
17 FIS FIS 1.26%
18 Intuit INTU 1.01%
19 ADP ADP 0.98%
20 Fiserv FISV 0.93%

 マイクロソフトとアップルが圧倒的、3割超を占めます。時価総額順だとそのようになりますね。そのあとに、クレジットカードのビザ、マスターが続きます。これらの株は個別株でも人気、なおかつ優れたリターンを示しています。

 

 アドビやアクセンチュア、intu、ADPといった強い株が続々並びます。圧倒的リターンも納得といったところでしょうか。  

VGTと他のETFを比較してみる

 VGTと他のETFのリターンを比較してみましょう。

VGTと他のETFの比較

VGTと他のETFの比較

 青がVGT、赤がSPYです。リーマンショック前の2007年からの比較になります。コロナショックの下げ幅を加味しても、VGT優位であることがわかります。取引値ベースで2007年を0%としたときのリターンは以下のようになっています。

  • SPY 94%
  • VGT 330%

 ズバリ当たりのセクターとなりましたね。

暴落時や高騰時にどのようにVGTを運用すべきか?

 この20年の株式市場を俯瞰してみると、2000年代は新興国、特に中国株の時代であったと総括することができます。中国株を含んでいないと、リターンが大きく劣後する時代でした。2010年代の中国株の元気のなさは、2000年代からは想像もつかないことでした。

 

 2010年代は米国株の時代、特にGAFAMを始めとしたネット関連企業全盛の時代であったといえます。米国の大型グロース株を含んでいないと、リターンが大きく劣後しました。米国株といえども、小型株や元気のないセクターは大したリターンを残せていないのです。

 

 2020年代はどのような時代になるでしょうか。個人的には、大型グロース株の時代というのはまだまだ続くように思います。私たちの身の回りのサービスを見回しても、広く浸透しています。これは、日本だけでなく中国を除く世界の趨勢ですね。 

VGTを購入する際のおすすめの証券会社

 VGTを購入する際のおすすめの証券会社は4社あります。紹介しておきます。

楽天証券

 楽天証券 は急速にシェアを伸ばしていますね。楽天カードとの連携が好評で、つみたてNISAなど投資信託の購入に強みを持ちます。ポイントが付くからです。指値の期間が90日あるのも魅力です。

SBI証券

 SBI証券では米国ETFの定期積立サービスを行っています。米国ETFとして定期積立をしていくならば、SBI証券は外せない選択となるでしょう。また、取扱銘柄数が激増しており、マネックス証券に迫る勢いです。貸株が容易に行えるのも魅力です。

マネックス証券

 業界最長の指値期間90日ができたり、逆指値・時間外取引・株価がリアルタイムである点は米国株取引の強みです。特に、短期売買をするには米国株取引のリアルタイム株価は必須ですね。

サクソバンク証券

 サクソバンク証券の強みは、テクニカル分析のチャートが豊富なことです。売り時、買い時のアラート機能もあり、短期中期売買に強みを持ちます。FXやCFDにも強いサクソバンク証券なので、短期トレーダー向けの機能が充実しています。

 

関連記事です。

  VGTもやはりキャピタルでの取り崩しを想定したETFの1つとなります。

www.americakabu.com

  ハイテクはすでに業績がついてきている企業が多く、ITバブルのようなことは大型グロースに限っては起きにくくなっています。実体の乏しい小型株は別です。

www.americakabu.com

  リターンの指標になるのがS&P500といってよいでしょう。S&P500を下回るパフォーマンスのセクターETF、個別株を選好するならば、何らかの意味合いが欲しいところです。

www.americakabu.com