たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)、全米最大の民間金融機関

スポンサーリンク

バンク・オブ・アメリカ(BAC)とメリルリンチ

 

 バンクオブアメリカは米国最大の民間金融機関です。

 

 1874年に設立されたコマーシャル・ナショナルバンクが後のネーションズバンクになります。

 一方、バンクアメリカは1904年に設立されます。元はイタリア移民への貸し出しを中心にしていたので、バンクイタリアと言いました。

 

 1998年に両行は合併します。その時の業界順位はネーションズ・バンクが3位、バンクオブアメリカが4位でした。ネーションズバンクが吸収合併した形ですが、行名はバンカメを残しています。

 

 両行とも合併を繰り返して大きくなったのですが、リーマンショック前にメリルリンチを500億で吸収合併する羽目になります。メリルリンチの財務の痛み方は尋常ではなく、60兆円以上の負債を抱えたリーマンブラザーズほどではないにしろ、単独では存続の難しいレベルでした。

 

f:id:tapazou:20160914073001p:plain

※バンクオブアメリカ、ホームページから

 メリルリンチは2007年にすでに80億ドルの赤字を計上し、2008年には220億ドルの赤字を計上します。しかし、そのころにはすでに売却は決定しており、この状況を作ったメリルリンチの前CEOであるスタンレー・オニール氏は1億6000万ドルもの退職金を得ています。

 

 その後もメリルによるサブプライムローン証券の不正販売による罰金で166億ドルの罰金を被るなど、メリルの負の遺産は非常に重いです。それが、比較的健全だったバンクオブアメリカを痛めつけました。メリルリンチはバンクオブアメリカに実に日本円にして10兆円近くの負担を負わせたことになります。

 

 バンクオブアメリカはもともと商業銀行で、投資部門は持ちませんでした。リーマンショック前の投資銀行の華やかさを見て、それを欲した結果、痛い目に遭いました。ウェルズファーゴは同じ時期に商業銀行であるバンク・オブ・ワコビアを151億ドルで吸収しています。ワコビアも傷んでいましたが、メリルやリーマンほどではありませんから、固いです。

 

 その後の株価推移は2行の買収判断の是非がくっきり反映されています。

 

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の配当とチャート

 

f:id:tapazou:20160913073551p:plain

2006年 株価53ドル 配当0.56ドル

2016年 株価15ドル 配当0.075ドル

 

 2009年から2014年にかけて0.01ドル配当が続きました。2007年には0.64ドルの配当をしていましたから、大減配ということになります。

 

 シティバンクなどと同じく、配当どころか会社の存続にかかわる大ピンチだったわけです。50ドル近辺だった株価は3ドル近辺まで落ちています。

 

 昔の私はこういう大暴落株が好きで、このバンク・オブ・アメリカ(BAC)も買い参入しています。2012年に11ドルで入り、2014年に15ドルで売却しました。それからJNJやPMなどディフェンシブ株に乗り換えて今に至ります。

 理由は二つです。

  1. アメリカ株は減配をあまりしないので配当再投資が計算できる
  2. 運用資金が大きくなってきた

 というところです。

 

 1はスプレッドシートで管理して、毎年きちんと確定申告をしていけば、将来までおよそ計算が立ちます。大不況が来れば分かりませんが、それでもいつか回復するでしょう。世界中の国々がどうにかこうにか景気を良くしようとし続けているわけですから、世界経済というのは案外腰の強いものだと思います。

 

 2は、配当収入ですでにある程度の利益が毎月上がるので、冒険する必要がなくなったということです。配当履歴は不況にもかかわらず右肩上がりになりますが、株価はその限りではありません。

 

 その値動きに乗っていくのが株式トレードの1つの醍醐味ですが、そういうのからはもう降りたということです。もともと、あまり欲がなく、支出を抑えるのが好きなのでもう十分です。

 

 不況時のバンク・オブ・アメリカ(BAC)のような上げ下げの大きい株に資金を突っ込むような売買は今の私にはできないでしょうね。

 

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の基礎データ

ティッカー:BAC
本社:アメリカ
来期予想PER:12.5倍
PBR:0.7倍
ROE:5.7%
ROA:0.7%
EPS:1.15ドル
配当:0.3ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 PERもPBRもアメリカ株にしては割安です。これは、リーマンショックのころの悪夢が完全には払しょくされていないということと、配当が政府によってコントロールされていることが原因です。