たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

ブログ記事が剽窃された時の対応まとめ

ブログ記事がまるまる剽窃される

 お問い合わせ欄から「たぱぞうさん、記事が〇〇というサイトに剽窃されていますよ」と通報が入りました。

 

 すると、驚いたことに弊ブログの記事をタイムリーに丸々そのまま掲載していました。しかも、私だけではなく、同じ米国株ブロガーや日本株ブロガーの記事も掲載しており、ちょっとしたポータルサイトのようになっていました。

 

 しかも広告貼り付けをしてあり、軽い。テキストをコピペして自分の広告を貼り付けるというシンプルな手法でした。

 

 今回はこの「剽窃対応」ということでまとめてみました。

剽窃サイトのやり方と手口

 その剽窃サイトは複数のサイトを自動巡回し、弊ブログを含むいくつかのブログをコピペするというサイトでした。こちらが記事更新をすると、コピペサイトも数分後に記事がアップされているのです。

 

 ブログをしている人ならば分かると思いますが、ブログの収益はそんなに大きくありません。敢えて著作権侵害をして得られる収益もわずかだと思われます。

 

 しかし、こうやって自動巡回し、軽いサイトをつくり、アドセンスを貼っていく、それでいくらかのお小遣いを得るという人がいるみたいですね。いくつものジャンルでいくつもの剽窃サイトを作るのです。

 

 一回システムを作ってしまえばあとは全自動なんで手間もかからないということです。詳しい人によると、こういった巡回サイトを何百とつくり、小銭を積み上げるという手法があるにはあるそうです。

 

 ですから、今後こういうやり口のパクリサイトというのは無くならないでしょうし、こちらも対策を知っておかなくてはいけないということですね。アドセンスとかアフィリエイトの運用側が広告を止めてくれると話が早いのですけどね。

剽窃サイトのサーバーを調べる

 まず最初に、剽窃サイトの利用しているサーバーを調べます。というよりも、調べたほうが良いよと教えてもらいました。紹介してもらったこちらのサイトを使いました。

www.aguse.jp

 そうすると、相手のサーバーが分かります。これで後述する対応が取れることになります。

 

 今回の場合はエックスサーバーでした。その情報に従い、エックスサーバーのサポートに連絡をします。著作権侵害の内容について報告し、対応をお願いするということになります。

www.xserver.ne.jp

 そうすると、エックスサーバーから剽窃サイトに削除を促すご指導、警告が入ります。ただ、このご指導段階で削除されることは無かったですね。運営者は慣れっこなんでしょう。そして、この警告では実害がないことも知っているのでしょう。

Twitterの剽窃アカウント対策

 相手がTwitterアカウントを持っている場合です。この場合も対応できました。

 Twitterは著作権に関する窓口を持っています。そちらに申請をします。

Report copyright infringement. | Twitter Help Center

 こちらですね。

f:id:tapazou:20180311133158p:plain

 こういった画面が出てきますので、相手のtweetのURLなどを入れていきます。今回の件は、tweet内容だけでなく、アカウントそのものが著作権を侵害していると判断され、すぐに対応してくれました。

 

 申請は本名じゃないと受理されません。

姓:たぱ 名:ぞう

 で申請しましたが、却下されました(笑)

 次に、本名と法人名で申請をしたところ、30分以内に返事があり即座にアカウントが削除されました。

Googleの剽窃サイト対策

 次に、Googleのパクリサイト対策です。こちらを申請することで、Googleが相手のパクリ記事を検索対象外にしてくれます。

 申請先はこちらですね。

f:id:tapazou:20180311134128p:plain

 このように名前等々を言われるままに入れていきます。最後に、こちらのオリジナル記事と先方の剽窃記事のURLを入れます。ただ、記事ごとになるので少々手間は手間ですね。

f:id:tapazou:20180311134224p:plain

 ここに該当する自分の記事、相手先の記事、それぞれのURLを入力していきます。こちらも早くて2,3時間で受け入れの連絡がありました。

 

 ただ、これは「Google検索にかからないようにする」という対症療法になりますので、根本的な解決にはなりません。あくまで、剽窃行為をやめてもらうというのが最終目的になります。

 

 結局、次の文書ベースでのやりとりも並行して行うことになります。

剽窃サイトには法的手段を取るというのが最終的な判断になる

 以上の対応でも消えない場合、最終的には法的手段を取るということになります。その最初の手順としては以下のようになります。

  1. 「著作物等の送信を防止する措置の申出について」を送付する
  2. 「発信者情報開示請求書」を送付する
  3. 身分証明書を送付する
  4. オリジナル記事と剽窃記事を比較する文書を送付する

 ということです。これらは全て郵送になります。紙ベースじゃないと受け付けてくれません。ワード文書など電子ベースで送付した場合に、万が一ウイルスが混入していると困るから、という理由でした。

著作物等の送信を防止する措置の申出について

 このタイトル「著作物等の送信を防止する措置の申出について」をそのままネットでググればワード文書でダウンロードできます。書式に乗っ取って必要事項を埋めていきます。私は法人で出しましたが、個人でも大丈夫です。ただ、書式が異なるので、法人用の様式と個人の様式で使い分ける必要があります。

 

 枠の指示に従って、オリジナルとコピーのURLなどを記入していきます。テンプレもあるので、簡単です。

発信者情報開示請求書

 「発信者情報開示請求書」でググればワード文書でダウンロードできます。

 これは剽窃サイトの発信者の名前、住所、連絡先を特定する作業になります。剽窃サイトの発信者の個人情報を開示してもらうことによって、具体的に裁判に進みます。ただ、この開示請求は運営者にも行きますから、こちらの本気度が伝わって抑止力にもなります。

 

 これもタイトルをググればワード文書をダウンロードできます。テンプレもあります。

法人、あるいは個人の身分証明書

 身分証明は法人の場合は法人の印鑑証明、個人の場合は運転免許証などでした。要はこちら、つまり申請者の身分を明らかにしないと動きませんということですね。

 

 法人、個人両方とも、こちらの本名や住所は当然ですが保護され、剽窃者には知らされません。送付先は、サーバー運営会社のサポート、あるいは法務になります。私の場合はもし裁判になったら法人経費で行うつもりでしたので、法人で申請しました。

 

 こういった不測の事態でも事業に関わる費用ということで、法人・個人事業主だと経費対応できるのは経済的に大きいですね。

オリジナル記事と剽窃記事を比較する文書

 剽窃であるというエビデンスが必要になります。弊ブログのオリジナル記事と剽窃記事を比較したものをプリントアウトしました。何百という記事が剽窃されていましたが、さすがにすべては無理ですので直近の3記事を印刷して送付しました。

 

 剽窃先は微妙に体裁が変わっていたので、赤ペンで解説を加えました。

剽窃サイトが結果的に削除された

 結果的に、発信者情報開示で相手の情報を知る手続きをしたところでサイトが削除されました。ただ、無断掲載期間がありましたので、今後はこの期間における著作権侵害並びに損害賠償請求をどうするかということになります。やはり、相手の名前や住所が手に入るというのは大きいですね。

 

 今後はじっくり考えて対応をしていこうと思っています。今回はTwitterのフォロワーさんや、情報サイトを経営する法人仲間に非常に助けられました。やはり皆さん同じように嫌な思いをしたようで、親身になってくれました。

 

 私が助けられたように、私も知り合いが同じ目に遭ったときのために記事にまとめておきたいと思いました。

ブログ記事の剽窃判明から削除までのかかった期間

 ブログ記事の剽窃判明から削除までのかかった期間はズバリ約一週間でした。全く知らない状態から始めたのでこれだけかかりました。郵送文書に関わる手続きを剽窃判明と同時にしていればもっと短い期間で対応できます。

 

 すぐにサーバー会社に電話、あるいはメールして即日文書発送をすれば良いのです。郵送文書作成と同時にGoogleやツイッターの対応をすればよいでしょう。私の場合は、Twitter→Google→サーバー会社、と手順を踏んだので遅くなりました。

 

 何事も経験ということで、また1つブロガーとして経験を積むことができました。

 

関連記事です

  投資方法をマネするのは良いですが、記事をそのまま剽窃してはいけませんね。

www.americakabu.com

  二流で生きることを自負していますが、だからと言って何でもオッケーなわけではないということですね。

www.americakabu.com

  投資における現金比率の目安についてです。

www.americakabu.com