たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

お金の増やし方を知ることで人生が変わる

スポンサーリンク

お金を増やすために知っておきたいこと

 野村総研の有名な資料に金融資産別のピラミッド図があります。金融資産というのは平たく言うと、お金のことですね。

f:id:tapazou:20170603100500p:plain

 これによると、5億円以上が超富裕層、1億円以上が富裕層とされています。これを、四角四面にあてはめることは実態にそぐわないでしょうが、それでも目安にはなります。

 

 圧倒的な数がマス層です。世間一般でいうところのサラリーマン家庭はほとんどこのマス層に入ってきます。一般的にサラリーマンというのは雇われであり、みずからの労働力のみが最大の資本になります。

 

 管理職になったり、一流企業に勤めたり、サラリーマンとして成功している人でも、自らの給与だけで超富裕層に入るのはほとんど不可能と言ってよいでしょう。いや、ほとんどのサラリーマンにとっては1億円以上の富裕層も難しいはずです。

 

 なぜなら私たちはサラリーマンである限り、どの地位でも生産性という意味では1馬力の状態、自らの労働力の対価としての収入という構図は同じだからです。これはお金を増やすという意味において可能性は限定的であることを意味します。

 

 サラリーマンの唯一の強みは毎月の「安定的」な収入ですが、不況になれば安定も揺らぎます。

 

 これに対して資本家側になると人を使う側になりますから、1馬力どころか社員も含めると2馬力、3馬力、あるいは100馬力でお金を増やすことができます。超富裕層あるいは富裕層に経営者が多いのは、複数馬力による富の創造が大きいから、ということになります。

お金を増やすには、お金がお金を生み出す仕組みをつくる

 私たちサラリーマンはこうした厳然たる事実を踏まえておかないと、いつまでも「がむしゃらに働く」という硬直した努力の方向に固執してしまう可能性があります。勤労は価値あることですが、金融資産形成においては手段の1つであるということです。

 

 勤労の尊さと、お金の増やし方は分けて考えたほうが妥当性があります。

 

 つまり、効率よくお金を増やすには、この1馬力構造から脱却することが第一だということです。では、どのようにこの1馬力構造から私たちサラリーマンは脱却することができるのでしょうか。

 

 それは、資本家側に回ること、お金がお金を生み出す構造を作り出すこと、ということになります。それこそが2馬力、3馬力のお金の増やし方です。

資本家側に回る、お金がお金を生み出す構造とは

 お金がお金を生み出す構造を作り出すにはいくつか方法があります。

  1. 株を買う
  2. 不動産を買う
  3. コンテンツを作る
  4. 会社を作る

 

 これらが良く知られている方法です。つまり、少ない労働力で、あるいは全く働かないで、自らの労働力とは別にお金が増える方法を考え出す必要があるということです。

 

1「株を買う」 株式というと、とかくギャンブルめいた印象があります。しかし、近年では積立投信やETFなど株の持つリスクを分散させた良い商品が出ています。これらの商品は以前の株のマイナスイメージを払しょくするものです。

 

 株を買うということは、資本家側に回るということを意味します。その会社の株を買えば、その会社がお金を増やしてくれます。逆に言うと、お金を増やしてくれるような会社に投資をすればよいのです。

 

 「たぱぞうの米国株投資」ブログでは、そういった良い企業が米国に多いことから米国株投資、特に米国ETFでの投資を紹介しています。株式の持つイメージ、投機的な売買とは全く違う考え方、資産形成のやり方です。

 

「不動産を買う」 不動産も富を生み出してくれます。もちろん、相応のメンテナンスや営業活動が必要になりますが、成功した時の利回りは株のそれを大きく上回ります。

 

 先祖代々の土地があり、その土地からの収益が上がるような場合は、借入が無い分安定的で高い収益を上げることができます。そうでない場合は、借入をし、借り入れの金利と収益の金利差でお金を増やすということになります。

 

 ただし、株式と違って買う対象がバラバラで知識と経験がより求められること、流動性が低いこと、国内人口が減少しており住居が余り始めていること、これらのリスクは不動産独特のリスクと言ってよいでしょう。

 

 株式の長期投資の場合は誰が何を買っているかはっきりわかります。世界で最も成功した投資家の1人であるウォーレン・バフェット氏の手口でさえ共有されている情報です。

 

 不動産は買う対象が唯一無二ですから、最終的には自分の判断が大きく投資のパフォーマンスに左右します。

 

「コンテンツを作る」 例えばベストセラー小説を書き、それが永続的に買われるような作品になると毎年の印税になります。ベストセラー小説を今から書くのはいささか無理がありますが、例としては最適です。

 

 現実的には、サイト運営なども当てはまります。

f:id:tapazou:20170603112207p:plain

 ゲーム、という言葉で検索したら必ず出てくるサイト。

 クルマ、という言葉で検索したら必ず出てくるサイト。

 

 こういうサイト運営も多少の手入れは必要ですが、継続した安定的な作品の1つということになるでしょう。これらの例にとどまらず、何かストック的な資産を持っておくと安定的な良い収入になります。

 

「会社をつくる」 起業とかベンチャーとかそういう言葉の流行りはもう何十年も前からあります。いきなり起業して成功する人もいるでしょうが、やはりなかなか難しく現実離れしています。当たれば何十億ですが、運と実力が必要です。

 

 すでにお金の増やし方で紹介した3つ、株・不動産・コンテンツが成功してから個人事業主、あるいは法人化という手もあります。こちらの方法だと比較的実現可能ではないでしょうか。

 

 ともあれ、よりよく生きるための工夫を積み重ねていくことで世界は広がり、経済的にも精神的にも豊かな日々を送ることができると信じています。

 

関連記事です。

私の場合は「株を買う」ことと、ささやかながら「コンテンツを作る」ことを実践しています。いずれ、4も加えるつもりです。

www.americakabu.com

不動産運営のスキルがあるとこういう成功を収めることができるという例です。ただし、このハイレバレッジは誰もができるわけではありません。

www.americakabu.com

 全く投資に馴染みのない場合でも、「バビロンの大富豪」ならばその可能性に気づかせてくれます。

www.americakabu.com