たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

AGG米国総合債券ETFは優良債券を集めた安定ETF

スポンサーリンク

AGG米国総合債券ETFという安定債券投資

 

 AGGは正式にはiシェアーズ・コア米国総合債券ETFと言います。ブラックロック社のETFです。バークレイズ米国総合インデックスに連動します。

 

 設定日は2003年9月です。AGGは債券ETFでは最も歴史あるETFのうちのひとつということになります。似たような商品にバンガード社のBNDがあります。BNDの設定日は2007年ですから、それよりも伝統ある債券ETFです。

 

 BNDは信託報酬が0.06%、AGGは0.05%です。ほとんど気にならない差と言って良いでしょう。一般にブラックロックiシェアーズのほうが信託報酬が高いと思われがちですが、商品によってはバンガードと殆どそん色ないぐらいまでに下がってきています。

 

 このような信託報酬の引き下げ合戦は私たち購入者からするとありがたいことですね。

 

www.americakabu.com

  よろしければBNDの記事もご覧ください。同じ債券系のETFなので参考になるところがあれば幸いです。

 

AGGのチャートと配当

f:id:tapazou:20160711181348p:plain

※画像はヤフーUSから

2006年 8月取引値 100ドル 分配金0.4ドル

2016年 7月取引値 113ドル 分配金0.2ドル

 

 AGGは毎月分配です。10年前と比べて分配金はあまり上がっていません。現在の分配金はだいたい0.2ドルで推移しています。ちなみに10年前は0.3ドルぐらいが平均値でした。国債利回りの動向に左右されます。

 

 リーマンショック時に96ドルを割る場面が見られました。だいたい5%程度の落ち込みですから、いかに株式市場の動向に左右されにくい商品であるかがわかります。ちなみにベータ値は-0.01です。

 

 取引値は10%程度の上昇をしています。分配金再投資の結果を見ると違った景色が見られます。

 

 

f:id:tapazou:20160711181814p:plain

※ブラックロック社のページから

 

 分配金再投資で+62%の値上がりを示しています。分配金利回りは決して高くはありません。だいたい2.3%程度です。しかし、取引値が安定していることが強みになっています。

 

 私は10年で1.5倍のリターンを目指した投資をしています。過去を見る限り十分な商品であると言えます。

 

 ちなみに、AGGの設定日である2003年9月からのリターンはおよそ80%にもなります。分配金再投資の強みが存分に発揮されています。

 

AGGの構成とそれから見える投資方針

 

f:id:tapazou:20160711183819p:plain

 

 保有比率の約4割を占めるのが財務省債券、米国債です。AGGは米国債のような信用格付けAAA(トリプルA)の債券が7割を占めます。

 

 これだけ安全資産を中心に組んでいて利回りはそこそこの2.3%程度つきます。使い方によっては非常に魅力ある商品だと思います。

 

AGGはどのような場面で使えるか

 

  1. 元本割れを極力避けたい
  2. 元本が大きく、2%ちょっとの利回りで十分な収入が確保できる
  3. 株高局面で手元に手厚い現金がある
  4. ポートフォリオのバランスとり

 

 例えば米国株式初心者で元本割れを極力避けたい場合などは説得力を持つ商品になります。分配金もそれなりにつきますから、自分以外の家族の投資を面倒見るような場合にも適しているのではないでしょうか。貯蓄と違う、投資の醍醐味を知る入口としてふさわしいと思います。

 

 特に銀行の定期預金金利が下がって殆ど金利収入が見込めなくなっている昨今、AGGのような比較的高配当な債券ETFはその利用価値も上がってきています。

 

 それから、数億を超えるような大きな資産を持っている場合も安定感のわりに利回りが良いのでおすすめできます。例えば5億円あれば、利回りはおよそ1000万円になります。元本がほぼ守られ、毎年利回り1000万得られればリスクを追う必要は薄いと言えるでしょう。

 

 また、現在のような株高局面で、一時的な待避投資先として活用する手もあります。株式の値動きに比べて動きがはるかに鈍重ですから、値下がり局面で強みを発揮します。しかも分配金は出ますから、持っている期間によっては現金で待機するよりもよいリターンが得られることになります。

 

 4番目は少し高度ですが、株式ETFと債券ETFで保有バランスを決めておき、株式が相場が下がれば債権ETFを売り株式ETFを買う、株式相場が上がれば株式ETFを売り債権ETFを買うという活用の仕方もあります。

 

 投資の基本を株式投資に置きつつ、AGGのような債券ETFも引き出しとして持っておくと、投資の幅を広げられることは間違いありません。この値動きの無さは非常に魅力的に映ります。

 

 私はまだそこまで資産が無いので、ほとんどの資産は株式とリスクある債券ETF(PFF)での投資をしています。ただ、PFFはその性格上○○ショック時に非常に弱いので、徐々によりディフェンシブなAGGのような商品にシフトしていこうと考えています。