たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

2018年あけましておめでとうございます。

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

 2018年になりました。あけましておめでとうございます。

f:id:tapazou:20171231220812j:plain

 改めまして、米国株投資ブログを書いている、たぱぞうです。昨年中は多くの方にブログを読んでいただき、大変うれしく思いました。ありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

 私は、こういう節目が大好きです。年度末、GW、夏季休暇、冬期休暇...毎年こうして無事に節目を迎えられること、感謝しなくてはいけませんね。

2017年を振り返る

 2017年は初めてオフ会なるものに行き、多くの方にお会いしました。はちどうきゅうどうさんあきんこさんには複数回お会いしました。岩波さんHiroさんには年末にお会いしましたね。

 

 また、金融庁や東京証券取引所、MSCI、バンガード、太陽光業者数社、今まで訪れたことのない場所、人と関わることができました。特に虫取りのアニキ水瀬ケンイチさんにはイベントにお誘いいただいたり様々お世話になりました。

 

 また、記憶にないぐらいに良い相場環境で、投資すればするほど増える、そういう状況でした。まあ、この反動はどこかでくるのでしょう。下落、あるいは暴落というのはだいたい理由が後付けなのです。

 

 ともかく振り返ると多くの方にお世話になることが多かったので、2018年はセミナーなどを通してお役に立つ側に回りたいと思っています。

2018年の抱負

 ちょっと抱負らしきものを書いておきたいと思います。

  1. 米国株を語る会を何回か行う
  2. 仮想通貨を始める
  3. 押さえている太陽光発電所を無事に稼働させる
  4. ブログを続ける

1「米国株を語る会を何回か行う」

 書くのも好きですが、話すのも好きですので、弊ブログを介して投資とよりよい生き方をみんなで考える場をつくれたらよいなと思っています。

 

 理想は四半期ずつ行うことですが、こういうのは決めると縛られるので「何回か行う」という枠組みにしておきたいと思います。

2「仮想通貨を始める」

 遅っ!!という反応でしょうが、軽ーくやってみようと思っています。去年お会いした、あっきんさんやヒトデさんが仮想通貨の良さを伝えてくれました。先日お会いした、和波さんもされているということでしたね。

 

 インデックス投資や米国株投資の人たちが私と年齢が近い人が多いのに対し、仮想通貨はもっと若い世代が夢中になっていますね。

 

 私が投資を始めたのが2000年からでしたが、21世紀の日本は投資だけでなく就職状況も含めてあまりに夢が無さ過ぎました。そういう若い世代に夢を提供してくれているという意味では、意外かもしれませんが肯定的にとらえています。

 

 資産を成すというよりは、知識を得るという側面のほうが大きいかもしれませんね。

3「押さえている太陽光発電所を無事に稼働させる」

 こればかりは私の力だけではどうしようもないのですが、押さえている6基を無事に稼働させたいなと思っています。ただ、事業認定、東電との連携、いずれも非常に時間がかかりますから、2年ぐらいかかるのかもしれません。

 

 いずれにせよ来年の今頃にはいくつかの発電所が稼働し始めているのでしょう。再生可能エネルギーという世界もなかなか奥深い世界です。今はまだ過渡期にあるのでしょうが、技術革新が早い世界です。

 

 こうして投資をすることで需要をささやかながらサポートし、さらなる技術革新を下支えすることができれば良いと思っています。化石燃料や原発だけでなく、自然に負荷のかからない、よりよいエネルギーシステムの開発が待たれるところですね。

4「ブログを続ける」

 2016年、2017年は無事に続けることができました。好きなことを好きなように書く。このシンプルな活動が自分の生き方や考え方を大きく広げてくれました。先の抱負でも書いた、太陽光や仮想通貨はネットでの出会いがきっかけになっています。

 

 今までの私ならば、株のみ、会社・趣味といった現実世界での繋がりのみで人生が完結していたことでしょう。もちろんそこは土台になる大切な場所です。しかし、ネットを通して様々な世界を見せてくれた友だちや仲間も大切に、関わる人たちの人生がより豊かになることを願っています。

 

 ということで思いばかりでまとまりがありませんが、本年もよろしくお願いいたします。

 

関連記事です。

  ひさびさにCFDとかやってみても良いのかもしれませんね。まあ、それだけゆとりができたということです。

www.americakabu.com

  つみたてNISAが契機となり、信託報酬がどんどん安くなっています。利用者側からすると、金融庁の行っていることは殆ど支持されてよいと思いますが、いろいろな意見があるのは知っておきたいですね。

www.americakabu.com

  うちはお年玉で子どもたちがワンタップバイによる米国株投資を始める予定です。これもいずれご報告したいと思います。子どもたちの世代は、勤労収入と投資による不労所得、この2つが常識となるのではないでしょうか。

www.americakabu.com