たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

SBIマネープラザは対面でネット銀行の住宅ローン契約ができる

ネットバンクの格安住宅ローンが対面で契約できる

 住宅ローンを組もうと考えている人は、1度はSBIマネープラザさんに行ってみるとよいですね。ネットバンク系の住宅ローンが対面で選べて、疑問点を聞きながら契約できるからです。

 

 住宅ローンは金融機関各社によって金利や手数料が違います。言うまでもなく、傾向としてはネットバンクが最も安く、その後都銀、地銀、信金・信組と続きます。数千万レベルの買い物になるので、ちょっとした違いが大きな違いになります。

 

 そのため、なるべく安い住宅ローンを探し、契約するというのが大事になります。ちなみに、Googleで「住宅ローン ランキング」で検索すると次のような画面がトップに出てきます。

住宅ローンの満足度ランキング

住宅ローンの満足度ランキング

 やはり、ネット銀行系の住宅ローンが強いですね。そのことが一目でわかるランキングになっています。しかし、ネット銀行系は住宅ローン用語や書き方を自分で理解しないと契約するのにいろいろと手間がありました。

住宅ローンを組んだことがなく、時間もないというケース

 住宅ローン契約書の書き方や用語を調べる時間もないという人も多いのではないでしょうか。そうすると、ネット銀行での契約をためらう人がいます。それはこういうデメリットがあるからです。

  • 申込用紙の書き方が分からない
  • 元金均等、元利均等などの住宅ローン用語を聞きながら契約できない
  • 間違えた時の用紙の往復、書き直しが面倒

 こういうことですね。たぱぞうも住宅ローンを契約するときに相見積もりを何行か頂きました。

 

 しかし、SBI系の住宅ローンならば対面で相談しながら住宅ローン申請を出すことができるのですね。場所は多くないですが、SBIグループは店舗をいくつか持っているからです。その場所をSBIマネープラザと言います。

SBIマネープラザの契約の流れ

SBIマネープラザの契約の流れ

 特に、初心者さんにとってはいろいろ聞けるのが大きいですね。

SBIマネープラザで契約できる住宅ローンは2つ

 SBIマネープラザで契約できる住宅ローンは2つあります。

  • MR.住宅ローンREAL
  • ARUHI

 この2つのSBI系の住宅ローンと契約ができます。

 

 MR.住宅ローンREALは住信SBI系の住宅ローン商品名です。

 ARUHI(旧名SBIモーゲージ)は住宅ローン専用の金融機関です。

 

 ARUHIはすでに所属はカーライルグループでありSBIグループではないのですが、このような形で提携として残っているのですね。ちなみに、ARUHIは知らない人も多いかもしれません。

 

 念のため説明を加えておきますと、ARUHIは低金利の住宅ローン専門金融機関としてシェアを伸ばしており、現在新規契約の住宅ローンではシェアトップの実績になっています。

 

 住信SBI銀行さんもARUHIさんも金利水準は業界でトップレベルの低さであり、住宅ローンの最適解である可能性が高いですね。市中銀行はどうしても店舗を持つコスト、人を雇うコストがかかりますが、ネット銀行系はかかりません。

 

 ネット銀行の良さと対面金融機関の良さを併せ持ったのがSBIマネープラザと言えるでしょう。

 

 おそらく、住宅契約の時点で不動産屋さんからいろいろな銀行さんの住宅ローンをおススメいただけると思います。同時にSBIマネープラザで見積もりを取っておき、比べてみるというのが最強の住宅ローンスキームでしょうね。

 

 特に、都銀・信託銀さんの高属性向け住宅ローンと、SBIマネープラザさんの提案される住宅ローンは良い意味で競合してくると思いますよ。地銀さんや信金・信組さんはそれ以上のなにか事業的なお付き合いがある場合ですね。サラッと大事なことを書きますが。

唯一のデメリットは店舗数が少ないこと

 ただし、唯一デメリットがあります。それは店舗数が少ないことですね。

SBIマネープラザの店舗一覧

SBIマネープラザの店舗一覧

 北海道東北にはなく、東京から福岡までの大都市にしかありません。土曜日も開いているのが強みですね。有休を使わずに店舗で相談、契約ができるのが強みです。SBIマネープラザがご近所にある方は、住宅ローン契約をする前に足を運んで聞いてみると良いですね。

 

 住宅ローンも、誰かに言われるがままではなく、情報収集して契約することをお勧めします。

SBIマネープラザのメリットまとめ

 最後に、メリットをまとめておきます。

  • 対面で質問しながら契約できる
  • 無料でいろいろ聞ける
  • 住信SBIとARUHI、業界最安の住宅ローン契約ができる
  • 金利上乗せなしで団信・全疾病保障が付帯される
  • 銀行の閉まっている土曜でも空いている。
  • 営業時間が18:00までと長い

 こういうことになります。店舗は大都市限定ではありますが、住宅という大事な買い物ですから後悔の無い選択にしたいですね。久しぶりに住宅ローン関係で良いネタをご紹介できたように思います。

住宅ローンの相談は | SBIマネープラザ

関連記事です。

  住宅ローン、収益物件ローン、いずれも借り換えが可能です。特に、高い金利で借りている人は、見直しをすると良いでしょう。返済実績が信用力を上げていますから、思わぬ低金利で再契約できる可能性が高いです。

www.americakabu.com

  最適な住宅ローンを選ぶためのコツについてです。金利ランキングは属性を加味していないので、実は・・・ということがありますよということです。

www.americakabu.com

  住宅ローン選びの基礎基本です。投資に比べるとはるかにシンプルですが、扱う金額が大きいので、視点を絞って、こだわっていきたいところですね。

www.americakabu.com