たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ナショナルグリッド【NGG】は安定の高配当、公益株。

スポンサーリンク

ナショナルグリッド(NGG)は安定の公益事業株

 ナショナルグリッド(NGG)はイギリスの会社です。主に送電とガス事業を行っています。少々マニアックな企業なのですが、安定した利回りを示す高配当が特徴的で、米国のサザン(SO)と並んで、投資家にはそこそこに名の知れた企業です。

 

 ナショナルグリッドはイギリスの電力自由化(1980年代)に伴って生まれた会社です。その時に独占的だった公共電力会社は分割され、送電1社、発電2社になっています。送電1社がナショナルグリッドです。ガスの配給も手掛けています。

 

 送電、ガス配給という組み合わせのインフラ企業です。イギリス国内ではイングランド、ウェールズ、スコットランドで電力供給をしています。また、これらに北アイルランドを加えた英国全土でガス供給を行っています。公共事業持ち株会社です。

 

 分社後、アメリカ北東部でもガス配給、電力配給、発電を行っています。イギリスでは発電はしていないのですが、海外であるアメリカでは行っています。日本のガス会社、電力会社からは考えられない業務形態ですね。

 

 ADRとして米国市場で買えるということで、今後も多国籍に高配当銘柄を紹介していきたいと思っています。

f:id:tapazou:20160506212532p:plain

 ※画像はナショナルグリッドのHPから 

ナショナルグリッド【NGG】のチャートと配当

f:id:tapazou:20170904220927p:plain

※Google financeです

2005年株価55ドル 夏期配当1.512ドル

2016年株価65ドル 夏期配当2.187ドル

2017年株価64ドル 夏期配当7.8ドル(特別配当)

 

 株価も配当も安定的です。ちなみにこの会社は1年2回の配当です。米国株のように年4回配当ではありません。また、夏の配当のほうが大きく、冬はその半分ぐらいです。英国株は年2回の配当という企業が多いですね。

 

 2017年に限っては5月に特別配当で2回に分けて7.8ドル配当がありました。

 

 概算ですが、通常の年間の配当利回りは4%半ばです。英国株なので、米国株のように外国源泉徴収税はかかりません。電力、ガスといった銘柄を持っていないならば1つの購入候補になるかと思います。

 

 送電主体の会社というのがなかなか珍しいところです。このような安定の公益会社でもリーマン時には高値から半値になっています。そんな時でも配当を出し続けているところが高配当銘柄のプライドでしょうか。

 

 過去と比較して配当の伸びはまずまずというところですが、もともとが高配当なのでうまみはそれなりにあります。 

ナショナルグリッド(NGG)の基本データ

ティッカー:NGG

本社:イギリス

予想PER:14.5倍

PBR:1.6倍

ROE:11%

ROA:2.9%

EPS:4.5ドル

実績BPS:38ドル

配当:年間2.92ドル。1月と8月に配当。

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場(ADR)

 

 大化けもしないけど、大損もしない、そんな安定銘柄ですね。米国の電力株の殆どが原油安で上昇しましたが、ナショナルグリッドは発電の比率が低いせいか、あまり上昇していません。

ナショナルグリッド(NGG)の配当と配当性向

  NGGの配当と配当性向です。

f:id:tapazou:20170904223600p:plain

  配当は漸増傾向ですが、配当性向は高配当銘柄にありがちで高めです。しかし、この10年間で100%を超えたことは1度しかありません。じわじわと上昇してきていますが、安定的で今後も急な減配というのは無いでしょう。

ナショナルグリッド(NGG)のBPSとEPS

f:id:tapazou:20170904223932p:plain

  一株当たりの資本(BPS)と利益(EPS)です。年ごとの多少の上下はあるものの、ほぼ横ばい傾向と言ってよいでしょう。電力、公益というのはおおむねこういう推移になりがちです。よく言えば業績は安定的、悪くいうと成長性に課題があるということです。

 

 目を引くのが2016年のEPSの急な上昇ですが、これは事業売却によるもので、継続的な利益ではありません。

ナショナルグリッド(NGG)の売り上げと利益

f:id:tapazou:20170904224720p:plain

  見事な横ばいとなっています。先にリライトしたジョンソンエンドジョンソンなどと比べると、その事業の発展性の乏しさが分かります。ただ、一方で営業利益率はほとんど20%を超え続けており、営業利益も安定的です。

 

 成長するわけではありませんが、その経営の安定感は盤石と言ってよく、これが高配当の原資となっています。ちなみに日本の電力会社は東日本大震災に伴う原発停止で2012年から2015年まで営業利益がマイナスの決算になっています。

 

 分散し、しかも安全な発電源が望ましく、海外電力会社は原発離れが進んでいます。

ナショナルグリッド(NGG)のキャッシュフロー

f:id:tapazou:20170904225659p:plain

 ナショナルグリッドのキャッシュフローです。電力・水道・ガス事業というのはインフラへの設備投資が巨額で、ある意味では装置産業と言える業種です。このナショナルグリッドのキャッシュフローを見ても営業CFに対しての投資CFの大きさが目立ちます。

 

 ただ、年ごとのばらつきはありつつもフリーキャッシュフローを生み出す力はあり、施設への適切な維持管理および追加投資が可能なことを示しています。大きく増えもせず、減りもせず、公益株らしいキャッシュフローと言えるのではないでしょうか。

 

 正直面白みは薄いかもしれませんが、4%~5%の安定配当が魅力な銘柄ですね。

 

関連記事です

  ナショナルグリッドは事業売却を2016年末に行っています。その売却益を株主に還元した結果がこちらの配当まとめです。内部留保でため込むのではなく、株主にきちんと還元するあたりがさすが外資という印象です。

www.americakabu.com

  これは昨年の配当履歴ですが、わりと「ガツン」と大きめの配当が入ってきます。税引前の配当が1000ドルを超えています。税引後でも800ドル、およそ8万円ちょっとということで、毎年これが得られると思うとなかなかですね。ただ、事業売却に伴い少々今年は配当が減っています。

www.americakabu.com

  2017年6月のポートフォリオです。現在キャッシュが20万ドルになります。これは株式とは別の商品に充てるつもりです。イメージとしては、PFF的な安定したキャッシュフローのものに振り替えます。

www.americakabu.com