読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ドミニオン・リソーシズ(D)、優良高配当電力会社

高配当の個別株 高配当の個別株-米国株
スポンサーリンク

ドミニオン・リソーシズ(D)は安定感ある公益事業会社

 

 日本にいるとほとんど知られることのないアメリカ国内事業会社ですが、ドミニオン・リソーシズもそのうちの一社と言えるでしょう。公益事業会社ですので、典型的な内需会社と言えます。

 

 

 ドミニオン・リソーシズは事業を始めたヴァージニア、それからノースカロライナ、オハイオ、ウエストバージニアを中心として14州で事業展開しています。その事業内容は、電力、天然ガスなどエネルギーの生産と輸送です。顧客は500万を超え、安定の公益株ということになります。

f:id:tapazou:20160619125420p:plain

 ※ドミニオン・リソーシズのホームページから

 

 創業は前身の会社も含めると1787年にさかのぼります。アメリカ建国が1776年ですからほとんど国の歴史と変わらないぐらいの伝統企業といえます。

 

 1811年ごろから運河や川の水利事業を行うようになります。また、20世紀に入って電力を使った鉄道会社と電力会社が一緒になり、共同で一般家庭にも配電したり、ガスを供給するサービスを始めます。それが今のドミニオン・リソーシズにつながっています。

 

 その後他社と合併したこともありますが、第二次世界大戦後再び分社し、今に至ります。 

 2016年の2月に天然ガス供給会社のクエスターを買収することを発表しました。その額は44億ドルです。

 

 ドミニオン・リソーシズに限らず、アメリカの公益事業会社は少なからず合併や買収が展開されています。

 

ドミニオン(D)のチャートと配当

f:id:tapazou:20160619130537p:plain

2006年8月 株価39ドル 配当0.345ドル

2016年6月 株価74ドル 配当0.7ドル

 

 10年で株価も配当もほぼ倍になっています。公益は地味な値動きが基本なのですが、ドミニオン・リソーシズはとてもよい、きれいな上昇チャートを描いています。

 

ドミニオン(D)の基礎データ

ティッカー:D

本社:アメリカ

来期予想PER:19.7倍

PBR:3.5

ROE:15.7

ROA:3.4

EPS:3.76ドル

配当:2.8ドル

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 配当余力が十分あります。株価がこの頃上がりました。結果、配当は3.8%まで落ちています。過去をみると4%台が普通です。

 

 ドミニオン・リソーシズは1文字ティッカーDです。昔はアメリカを代表するような重厚長大の伝統ある企業が使っていたので、1文字ティッカーには重みのようなものがありました。でも今はそうでもないです。

 例えばかつてクライスラーだったCは今はシティバンクになっています。1文字ティッカーは全米でおよそ20社あります。

 ティッカーは基本は3文字以内ならばNYSE、4文字ならNASDAQと使い分けられていました。でも、これも最近必ずしもそうではなくなっていています。