たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ユニオンパシフィック(UNP)は西部地盤の米国最大の鉄道会社

スポンサーリンク

ユニオンパシフィック(UNP)はアメリカ西部2大鉄道会社の1つ

 ユニオンパシフィック(UNP)は5万人近くの従業員を抱える、米国最大の鉄道会社です。1862年から運行を開始しています。この1862年というのはリンカーン大統領の施政下で承認された、太平洋鉄道法の成立と時を同じくします。

 

 1861年にアメリカ南北戦争が勃発しており、太平洋からミズーリ川まで鉄道で結ぶことでリンカーン大統領はアメリカ合衆国の維持をしようとしました。西部のカリフォルニア州、ネバダ州、オレゴン州はリンカーン大統領を支持する州です。

 

 対する南部、アメリカ連合国側は東はバージニア州から西はテキサス州まででした。

 

 人口的にも、地域的にも北部が南部を圧倒するには西部3州と北部の州の連携は必須と言って良く、そのために制定された法律の1つが太平洋鉄道法です。いわば、南北戦争のために鉄道会社を合併、合理化した法律であり、その時に生まれたのがユニオンパシフィックということです。

f:id:tapazou:20161217142530p:plain

※ユニオンパシフィックのサイトから

 

 そうした経緯から現在でも東部には路線を持っておらず、西部23州で営業しています。東側の営業範囲は北は五大湖に接するイリノイ州、南はテキサス州の東隣のルイジアナ州までです。

 

 アメリカ西部は経済成長著しい中国や東南アジアと接する太平洋岸や同じく成長国のメキシコと接しているため、輸送業である鉄道会社の業績は将来性を感じさせるものです。ニューヨークを始めとする東部との連絡に鉄道は欠かせません。

 

 カナダ、メキシコと接続しており、メキシコ最大の鉄道会社フェロメックスの株式を26%所有する関係で、売り上げの1割はメキシコ国内です。残りの9割が米国内ということになります。ちなみにフェロメックスはメキシコ国営鉄道の流れを組みます。

 

 営業地域である米国西部はBNSF鉄道とユニオンパシフィックの2強状態であり、寡占業種です。そのため、オマハの賢人と言われるバフェット氏もBNSF鉄道を買収して、バークシャーハサウェイの傘下に加えています。

ユニオンパシフィック(UNP)のチャートと配当

f:id:tapazou:20161217150157p:plain

2006年11月 株価 22ドル 配当0.08ドル
2016年11月 株価103ドル 配当0.605ドル

 

 株価は5倍近くになっています。鉄道という地味な業種でこれだけの株価成長を予期できた人は多くないでしょう。バフェット氏の慧眼が光る銘柄の1つです。バフェット氏は広大で長大なアメリカの場合、内陸輸送はトラックなどの高速道路による輸送よりも、鉄道輸送のほうが優れていることをいち早く見抜いていました。

 

 その後の米国内におけるシェールオイルの大開発は輸送業としての鉄道の存在の大きさを改めて示すものでした。10年で配当は7倍以上です。業績が急拡大したことがわかります。

ユニオンパシフィック(UNP)の基礎データ

ティッカー:UNP
本社:アメリカ・ネブラスカ州・オマハ
来期予想PER:21倍
PBR:4.3倍
ROE:22.7%
ROA:8.9%
EPS:4.98ドル
配当:2.42ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 本社はあのウォーレン・バフェット氏が住むオマハです。先述しましたが、バフェット氏は米国2位のBNSF鉄道(テキサス州フォートワース)を2009年に263億ドルで買収しています。バフェット氏は地元のユニオンパシフィックではなく、BNSFを選好したことになります。

 

 バフェット氏は寡占的な業界である鉄道会社を好み、以前はユニオンパシフィックも株式を保有していました。しかし、BNSF鉄道を買収する前にユニオンパシフィックは売却しています。鉄道業への参入障壁の高さはいうまでもなく、バフェット氏らしい選好と言えそうです。

 

 ユニオンパシフィックは2014年まで非常に順調に売り上げを伸ばしてきましたが、原油安にともなうシェールオイルの輸送減や石炭の価格下落に伴う輸送減に伴い、業績を落としています。そのため、3年間売上成長率は-2.5%、営業利益成長率は0.12%です。

 

 しかし、安定的な成長が見込め、なおかつ参入障壁も高い、寡占的な魅力ある企業と言えそうです。以前私も持っていましたが、高配当銘柄への乗り換えをした時に手放してしまいました。業種の分散投資という意味で今も持っておけばよかったかな、と思います。

 

関連記事です。同じ輸送業のユナイテッドパーセル(UPS)です。

www.americakabu.com