たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ユナイテッドヘルス(UNH)は米国医療保険最大手

スポンサーリンク

ユナイテッドヘルス(UNH)は米国医療保険の代表格

 NYダウ30種に加えられているユナイテッドヘルスは、アメリカを代表する医療保険会社です。1977年に設立されました。全世界で1億人以上にヘルスケアサービスを提供しています。

 

 また、ITを活用したPBM(Pharmacy Benefit Manager)という薬剤給付管理システムでも業界大手です。PBM大手のカタマランRxやヘリオスを合計2兆円近くかけて2015年に買収しています。

 

 要は医師から指示される処方薬の管理、給付システムです。これを握っていると製薬会社との交渉で薬価の値引きを引き出しやすくなります。このシステムに応じて医師が患者に薬を処方していくからです。

 

f:id:tapazou:20160906205916p:plain

※ユナイテッドヘルスのページから

 

 そういう意味では保険会社が処方薬まで握っているわけで、ジェネリック薬の導入が進む理由の一つになっています。保険会社としては安い薬で効果を上げたいからです。ユナイテッドヘルス(UNH)は、医療保険とPBMでの大手ということになります。

 

 ちなみに日本は公的健康保険が充実しており、庶民でも病院に行くことが簡単にできますが、アメリカはそうではありませんでした。というのも、日本は健康保険加入義務がありますが、アメリカは義務ではなかったのです。

 

 そのため、2014年に完全実施されたオバマケア(通称:Affordable Care Act)という法整備をしました。それまでは20%近くの人が保険に入ってませんでした。その数は4800万人にもなります。そのためアメリカの個人破産の大きな原因の1つが医療費によるといわれていました。

 

 盲腸で手術したら800万円、腕を骨折して手術したら150万円、という実際に遭った嘘みたいな話があるのが医療費高騰のアメリカです。

 

 こういう実態を踏まえ、オバマケアにより国民皆保険にしようとしたのです。80%の既存の加入者プラス、残りの20%が職場などを通じて医療保険に入る法整備を進めたのです。これは罰則規定もある強制加入制度です。

 

 そのため、民間の健康保険会社が俄然注目を浴びることになりました。

 

 扱っている会社にはアンセム(ANTM)やエトナ(AET)があります。ユナイテッドヘルス(UNH)も大手でしたが、2016年に個人医療保険から多くの州で撤退の意思を示しました。すでに30近くの州で撤退表明をしています。利益を上げにくい構図だからです。

 

 多くの人にとっては医療保険料が上がることになり、医療保険を扱う会社にとっても利益を上げにくいとされるオバマケアです。今後もオバマケアに絡んだ業界の動向が注目されます。

ユナイテッドヘルス(UNH)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160906203900p:plain

※グーグルファイナンスから

 

2006年3月 株価 50ドル 配当0.03ドル

2016年6月 株価137ドル 配当0.625ドル

 

 2009年まで一期配当でした。しかも0.03ドル、配当利率は0.05ドルでしたので、成長株扱いだったと捉えてよいでしょう。

 

 2010年から年四回配当をするようになり、時期も良かったこともあって増配を続けています。また、株価は他の米国株と同様にリーマンショック後は右肩上がりを続けています。

 

 実はセクターとしてあまり持っていない銘柄なので購入寸前まで行きましたが、配当が低いことで見送った銘柄です。その後の株価の伸びを考えるともったいないことをしました。

ユナイテッドヘルス(UNH)の基礎データ

 

ティッカー:WFC
本社:ミネソタ州ミネアポリス 
来期予想PER:18.6倍
PBR:3.8倍
ROE:17.5%
ROA:5.9%
EPS:6.4ドル
配当:2.5ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 株価は好調で、150ドルに迫る勢いを見せました。今は落ち着いているとはいえ好調を維持しており、配当利率は1.8%と2%を切って久しいです。

 

 セクター的にはヘルスケアということになりますが、製薬や医療機器とは違う、医療保険&PBMという業務内容が同社の魅力を増しています。ただ、このヘルスケアセクターは医療費高騰が過ぎるため、いずれ政治的な介入を呼ぶことが予想されています。

 

 そうなると収益にも影響は必至ですので、新大統領の就任と医療政策の方向性がはっきりするまではなかなか投資判断を悩ませるところです。