たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

タタモーターズ(TTM)はインド最大の自動車メーカー

スポンサーリンク

タタモーターズ(TTM)はアメリカ市場で買えるインド有望株

 世界経済の成長エンジン、中国の次はインドであることは間違いありません。理由は3つあります。

  1. 人口が増え続けること
  2. 一人当たりGDPの伸びしろがあること
  3. 格差はあるものの教育水準が高いこと

 そこで、インドの有望株としてアメリカ市場ADRで買えるタタモータース(TTM)を紹介します。

 

f:id:tapazou:20160907074133p:plain

※タタモータースのページから

 

タタモーターズの販売台数は以下のようになっています。数字の右側は増加率です。

f:id:tapazou:20160907221916p:plain

2015年 自動車メーカー世界販売台数ランキング グループ別&ブランド別 上位50 : TRNオート(自家用)

  販売台数は64万台、富士重工の2/3、いすゞより売り上げています。タタモーターズは乗用車よりも商用車(バス、トラック)に強いです。商用車だけならば売上は世界5位です。インド国内ではシェア1位を占めます。

 ちなみに乗用車のインド国内1位はマルチスズキ、日本のスズキの子会社です。

 

 タタモーターズはジャガー、ランドローバーといった高級車ブランド、1999年に経営破たんした韓国・大宇自動車の商用車部門(タタ大宇)を買収して傘下に収めています。

 

 インドの有力財閥は3大財閥としてタタ財閥、ビルラ財閥、リライアンス財閥とあります。その中で相続で分裂をしてない唯一の財閥がタタ財閥ということになります。そして、タタモータースはタタ財閥の中核企業です。

 

 タタグループとしては他にタタスチール、タタコンサルタンシー・サービシズなどが有名です。特にタタコンサルタンシーは急成長を遂げており、従業員は30万人を数え、ITコンサルとして最も注目される企業の1つです。

タタモーターズ(TTM)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160907073529p:plain

2006年 6月 株価17ドル 配当0.28ドル

2016年 7月 株価37ドル 配当0.15ドル

 

 配当はおよそです。

 自動車販売台数が伸び続けているので、順調な株価成長をしているかと言えばそうではありません。どちらかというとタイミング投資に適した株式です。経済危機に弱く、リーマンショック時に3.5ドル近辺まで落ちています。

 

 これは、経済危機になるとより安全な資産に資金が向かうため、新興国株はどうしても株価が低迷するからです。これからも世界経済の影響を受けつつ、ボラティリティの高い展開は続くでしょう。

 

 個人的にはリーマン後に15ドルで買い、30ドルで売った思い出深い株です。リーマンショックの痛手を取り戻してくれた株のうちの1つです。しかし、このような値動きの激しい株には今は投資していません。

 

 また、配当は2%近くをかつては出していましたが、現在は0.3%ほどです。配当狙いの投資にはならない株です。

 

タタモーターズ(TTM)の基礎データ

ティッカー:TTM
本社:インド・ムンバイ
来期予想PER:19倍(インドSENSEXの参考数値)
PBR:2.5倍
ROE:24%
ROA:3.9%
EPS:3.9ドル
配当:1.52ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)にADRとして上場

 

 ADRとして上場しています。PERはSENSEXの数値です。ADRではありません。配当利率は極めて低く0.3%です。インド最大の自動車メーカーで国をあげての支援体制が魅力です。

 

 インド農村部ではモータリゼーションがまだ十分に起きていないことから、販売台数は今後も伸び続けることでしょう。自動車は利用者の生命に直結することから、安ければ売れるという構図は家電などに比べると働きにくいです。なにより安心、安全が重視されるからです。

 

 しかし、タタのように財閥のブランド力があり、しかも極端に安いとその限りではありません。タタモーターズ単体だけではなく、タタ財閥全体の魅力もある、そんな株と言えます。