たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

シュルンベルジェ【SLB】世界最大の石油開発会社

シュルンベルジェ【SLB】は石油サービスカンパニー業界の雄

 シュルンベルジェ(SLB)はドイツ、フランス国境に位置するアルザス地方出身のシュルンベルジェ兄弟が1926年に設立しました。兄弟はドイツ系フランス人であり、ドイツとフランスのアルザス・ロレーヌ地方の帰属問題を思い起こさせます。

 

 当初はフランス・パリに本社を置き、そのうえで世界中で事業展開をしていました。事業内容は地質調査です。その後、1934年にアメリカ、テキサス州ヒューストンに進出します。これはテキサス州で石油が発見され、瞬く間に世界でも有数の原油産出地域になったことによります。

 

 地質学や地球物理学と石油探査は密接な関係があります。

 

 その後、ヒトラーのナチスドイツによるフランス占領があり、シュルンベルジェは本拠をそのままヒューストンにも移します。終戦を経て、今に至りますが本社はヒューストンとパリにあります。

 

 現在の石油開発業界は、シュルンベルジェ【SLB】・ハリバートン【HAL】・GEの石油開発部門とベーカーヒューズが合併した【BHGE】の3強です。数年前にベーカーヒューズはハリバートンと合併予定でしたが、独禁法にひっかかり司法省からストップがかかりました。その結果、GEのガスオイル部門と合併しています。 

 

f:id:tapazou:20161029113603p:plain

※シュルンベルジェのサイトから

 シュルンベルジェ【SLB】の配当とチャート

f:id:tapazou:20180411214156p:plain

2006年 9月 株価64ドル 配当0.125ドル

2016年 9月 株価80ドル 配当0.5ドル

2018年 3月 株価66ドル 配当0.5ドル

 

 原油安で業績は落ち込んでいます。

 

 2014年には株価は117ドルにまで上がっています。反面、2016年1月のチャイナショックには59ドルまで落ちています。結果的にこの10年で株価は横ばい、ボラティリティは高め、というところです。

 

 ベータ値は1.28ですから、数字でも裏付けられています。配当はおよそ4倍になっています。ただ、今回の原油市況変動で判明したのは、エクソンなどの生産会社だけでなく、開発会社、輸送会社、パイプライン、すべての関連企業が影響を受けるということです。

 

 かつては輸送やパイプラインの需要は変動が鈍いので原油安のヘッジになるという見方もありました。結果的にヘッジにはならなかったですね。このことは覚えておいて良いと思います。

 

 株価というものは常にそうで、話の上流やあるいはインサイダーならばともかく、市井の投資家というのはこういった情報に振り回されがちです。もっともらしいのですが、結果が異なるということです。

 

 基本的には開発会社であるシュルンベルジェも原油市況関連株、原油の価格次第で株価が決まるということです。

シュルンベルジェ【SLB】の基礎データ

ティッカー:SLB
本社:アメリカ・テキサス州・ヒューストン
来期予想PER:--倍
PBR:2.5倍
ROE:4.3%
ROA:3.5%
EPS:マイナス1ドル
配当:2ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

シュルンベルジェ【SLB】の配当と配当性向

f:id:tapazou:20180411205859p:plain

 原油高のころは好調だったのですが、2015年から急激に悪化しました。今は、EPSが2年連続マイナスの中で2ドル配当を無理くり維持しています。この傾向が続くならば減配も覚悟しなくてはいけないですね。

 

 売り上げ、純利益、フリーCF等の数字が軒並み落ちており、厳しい水準です。 

シュルンベルジェ【SLB】のBPSとEPS

f:id:tapazou:20180411205913p:plain

 2016年、2017年とEPSがマイナスになっています。シュルンベルジェはその高い技術力から原油市況の値下がりには比較的耐性があると思われていました。しかし、ここにきてさすがに苦しくなってきています。

 

 ただ、原油市況は最悪期を脱しつつあり、今後の回復にやや光明が見えつつあります。

シュルンベルジェ【SLB】の売り上げと利益

f:id:tapazou:20180411205949p:plain

 営業利益は減少しつつもどうにか黒字水準を守っています。ただ、純利益では2年連続でのマイナスということです。それに伴い、かつて20%を窺う勢いだった営業利益率は10%切りの水準まで落ちています。

シュルンベルジェ【SLB】のキャッシュフロー

f:id:tapazou:20180411210007p:plain

  キャッシュフローはピーク時のおおよそ半分にまで減りました。その分、急激に投資CFも絞っています。投資CFもピークの半分ですね。今後大きくフリーCFが伸びるにはやはり原油市況次第ということです。

シュルンベルジェ【SLB】の株数とROE

f:id:tapazou:20180411210038p:plain

 もともと特に自社株買いに熱心ではなかった企業ですが、近年ジリジリ発行株式数が増えてきていることが分かります。ROEがマイナスに転落しているのも、市況を考えると仕方のないところです。

 

 言うまでもなく石油会社の業績が原油安によって悪化しています。そのため、石油会社は投資を控える状況が続いています。石油開発会社はその影響を受けています。業界全体が影響を受けており、業界2位のハリバートンも苦しい状況が続き、赤字です。

 

 3年平均の売上成長率は-13%、営業利益成長率は-25%です。今は凌ぐ時でしょう。チャートの上がり下がり、キャピタルを狙ったほうが良い株でしょうね。

 

関連記事です。

  民営石油業界の雄と言えばエクソンですが、石油安にはかないません。

www.americakabu.com

  昨年一時期株価が好調な時がありました。とはいえ、基本は原油市場に大きく左右される株価動向です。

www.americakabu.com

  BHPビリトンは鉄鉱石に強い資源メジャーです。やはり業績は市況に大きく左右されます。

www.americakabu.com