読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ファイザー(PFE)は米国最大の製薬会社、配当3.3%

高配当の個別株 高配当の個別株-米国株
スポンサーリンク

ファイザー(PFE)は世界二位の売り上げを誇る製薬会社

  ファイザー社は1850年にドイツ移民であるチャールズ・ファイザー氏とチャールズ・エアハルト氏によって設立されます。

 

 

 飲みにくい寄生虫薬にフレーバーを混ぜて錠剤にしたり、南北戦争の北軍に多くの医薬品を納入することで徐々に業績を伸ばします。当時のアメリカは化学分野がまだ弱く、ファイザー社のつくる特殊化学薬品は価格競争力もあり、よく売れました。

 

 1928年にアレクサンダー・フレミング氏によりペニシリンが発見されます。ペニシリン、青カビから出る汁の殺菌作用は強力で、それは医療分野での応用が期待されるものでした。ペニシリンの量産化に成功したのがファイザー社です。

 

 そのため、第二次世界大戦でのペニシリン需要の殆どをファイザー社が担いました。

 

 その後、1950年にはテラマイシンを開発し、それが初めての自社での販売製品となります。それ以前はファイザーの作ったペニシリンなど医薬品を他社がブランドをつけて販売していました。

 

 テラマイシンの成功により、名実ともに大手医薬品メーカーとなります。時期を同じくして海外進出を果たし、かなりの部分を海外部門が売り上げるようになります。

 

 また、企業買収にも熱心で、有望な新薬を開発した製薬会社をそのまま買収する手法は「ファイザーモデル」とまで言われ、非常に有効に会社の発展に寄与しています。

 

 この手法は今のアメリカ企業全体に広がっています。有望な企業を買収し自社の一部門にしたり、シナジー効果の薄い部門を切り離して分社化、あるいは売却して米国企業は常に収益性を高めています。

 

 米国でM&Aが盛んなのはこういう投資カルチャーであり、経営方針だからと言えます。

 

 年商10億ドル以上の新薬をブロックバスターと言います。大きな年商を上げるブロックバスターを開発することは大変難しいです。実際にファイザーも21世紀に入ってから本体単体で開発したブロックバスターはありません。だから買収に熱心だとも言えるでしょう。

 

 製薬業界は3つの新薬に関わる問題を抱えています。

  1. ブロックバスターをなかなか開発できない
  2. ブロックバスターを開発しても、特許切れで後発医薬品との競争にさらされる
  3. ブロックバスターなど新薬の予期せぬ副作用とそれに伴う訴訟リスクがある

 

 以上の点から、吸収や合併による収益の確保が課題となっています。ファイザーの場合は2014年のアストラゼネカ買収提案が記憶に新しいところです。

 処方医薬品売上ランキング

f:id:tapazou:20160704210324p:plain

2014 Pharmaceutical ranking

 スイスのノバルティスと首位を争っています。ファイザーはこのところ売り上げが鈍化しています。売り上げは数年前までは1位でしたが、近年はどのデータをみても2位で落ち着いています。

 研究開発費が首位のノバルティスで一兆円近くあります。ファイザーもこのところ削減していますが、ノバルティスとほとんど同じぐらいの開発費を投じてきました。成果を評価するのは難しいですが、それだけ競争の激しい業界であるということです。

f:id:tapazou:20160704195720p:plain

※画像はファイザーのホームページから

ファイザー(PFE)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160704200035p:plain

2006年8月 株価27.5ドル 配当0.24ドル

2016年5月 株価34.7ドル 配当0.3ドル

 

 株価も配当も微増というところです。リーマンショック直前には0.32ドルの配当がありました。しかし、直後には0.16ドル、つまり半減しています。ヘルスケアは経済危機に耐性があり、あまり減配しないのですがファイザーは半減してしまいました。

 

 それから7年を経てジワジワとショック前の配当水準まで戻してきているところです。ただ、10年というスパンで見てのこの配当成長率、株価成長率はちょっと寂しいですね。

 

 米国企業ならば他にもっと高い成長を占めている企業はたくさんあります。

ファイザー(PFE)の基礎データ

ティッカー:PFE
本社:アメリカ
来期予想PER:20倍
PBR:3.4倍
ROE:10.2%
ROA:4.16%
EPS:1.8ドル
配当:1.19ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 競争の激しい業界です。また、一つのブロックバスターが社の運命を変えることがあります。政治的な影響も大きいです。後発医薬品が関わる特許の期間や、ヒラリー氏が言及した高価な薬価も政治が関わるところです。

 

 ヒラリー氏がトランプ氏に大統領選で負けた後、製薬会社の株価が軒並み上がったのはそういうことです。ただ、ヒラリー氏に限らず、そしてアメリカに限らず医療費抑制はほとんどの国で喫緊の課題になっていることから、やり玉に挙げられやすいと言えるでしょう。

 

 それらの不確実要素をチャンスとみるかリスクとみるかで投資するか否かが決まります。ただ、ファイザーに関しては特許切れやリストラなど厳しいニュースが続いていますので、株価位置落ちてきており比較的安心できる水準と言って良いでしょう。

 

 私も以前持っていましたが、そこそこ利が乗ったので手放しています。

 

 ヘルスケアセクターの関連記事です。

 ファイザーも当然組み込まれているETFです。

www.americakabu.com

 製薬ライバルのメルク社です。ルーツはドイツにあります。

www.americakabu.com

 ファイザーが買収提案をしたアストラゼネカです。

www.americakabu.com

アストラゼネカと同じイギリス系の製薬会社、高配当です。

www.americakabu.com

ヘルスケアの優良企業、J&Jです。

www.americakabu.com