読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

もしNYダウが暴落したら!?②弱い経済指標は何を示す?

投資のヒント 投資のヒント-米国株
スポンサーリンク

さて、「もしNYダウが暴落したら!?」続きです。

前回記事はこちら。

 

 

www.americakabu.com

 

 弱い経済指標が目立ち始めているので、ぶれない投資方針を固めておきたいですね。

 

③半値になっても持っていられる銘柄を買う

 

 半値になって慌てて売ってしまうような銘柄を買わないということです。

自分の投資方針に従って買っておけば「どーん」と構えていられます。資金があれば買い増しすることもできます。

 ちなみに私の投資方針は

 

・個別株は持ち金5%までの分散投資。(ETFは20%まで)

 

・無配株、成長株、新興国株以外を買う(アリババみたいのは買えない)

 

・PER18倍以下の株を買う(今はあまりなくなってしまった)

 

・BUY&HOLDを基本とする(優良銘柄は金の卵を生み出すニワトリのよう)

 

・他のブロガーも買っている株を買う(自らの銘柄選定眼だけに頼らない)

 

・配当3%以上(VTIは特別扱い)

 

 としています。

 

 

④資産5%以上のキャッシュを残しておく

 

 暴落時に買い増しするためです。現金がないと身動きが取れません。

f:id:tapazou:20160429134849p:plain

 今年の売買で言うと、1月下旬が結果的には買場でした。一番上のVTIは2016年年始に買ったもの。それ以外は2016年1月下旬の下落時に買ったものです。

 

 儲けをを示すパーセントがたった3週間の買付時期なのに全然違いますね。下3つのVYM,VTI,VTを買ったときは、NYダウ16000ドル割れをするぐらいには市場が動揺しました。ま、まだ暴落というほどではありませんけどね。

 

 相場が弱い時に買付けられる資金を残しておくと、腰の強いポートフォリオができる、好例だと思います。