読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

メルク(MRK)は全米第2位の製薬会社!配当3%超えの安定配当株!

高配当の個別株 高配当の個別株-米国株
スポンサーリンク

メルク(MRK)はドイツに起源をもつ配当3%超えの製薬会社

 

 メルクは1668年にフリードリヒ・ヤコブ・メルク氏が経営権を獲得した薬局が始まりです。その薬局はドイツのダルムシュタットにありました。 

 

 また、その一族からは作家であり、ゲーテの友人・後援者であるヨハン・ハインリッヒ・メルク氏が出ています。化学や薬学だけではなく、文学や芸術にも造詣の深い一族であったことが分かります。

 

 会社としての設立は1827年です。その後1855年には50名程度の薬局であったメルクは20世紀には1000人を超える会社体制になります。工場を擁する大製薬会社への一歩を踏み出したと言えます。

 

 同時に海外進出も果たします。1887年にはニューヨーク支社をつくり、1891年にはメルクアンドカンパニーとして子会社化させます。

 

 その後、第一次世界大戦があります。ドイツの会社であったメルクは敵国企業としてアメリカ政府に接収されます。

 

 それが現在のNYSE上場のメルクアンドカンパニーとドイツのメルク社になっています。

 

 NYSE上場のメルクアンドカンパニーは北米でのみメルクと名乗ってます。日本など海外ではMSD(Merck Sharp & Dohme)です。日本子会社は昔の萬有製薬です。海外ではメルクを名乗る権利を有していません。

 

 ドイツのメルク社は北米では(Emanuel Merck, Darmstadt)と名乗っています。名称権を北米ではMSDが持っているからです。ティッカーはドイツDAXのMRKがドイツメルクでNYSEのMRKが米国メルクです。

 

 両社は現在組織としては別会社です。

 

 分社後の米国メルク社は規模が非常に大きく、1990年代までは業界首位級の売上でした。しかし、世界的な製薬業界の合併、再編の流れでファイザーやサノフィ、グラクソの後塵を拝することになります。

f:id:tapazou:20160721180350p:plain

※画像は米国メルク(MRK:NYSE)本社ページから

 

 そんな中、2009年に同じニュージャージーのシェリングプラウ社を吸収合併し、順位を再び上げています。

2014年世界製薬大手会社収入トップ15ランキング

f:id:tapazou:20160721174816p:plain

2014 Pharmaceutical ranking

 

 ジョンソンエンドジョンソンは製薬だけでない、総合ヘルスケアなので別格です。ファイザー、ノバルティスの次、サノフィ、グラクソ(GSK)とライバルというところでしょうか。

 

メルク(MRK)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160721165003p:plain

2006年 8月 株価40ドル 配当0.38ドル

2016年 4月 株価58ドル 配当0.46ドル

 

 なかなか判断に難しい株価推移です。配当はあまり伸びておりません。しかし、リーマンショックでも減配せずに0.38ドル配当を続けたところは評価されてよいと思います。ディフェンジブな配当銘柄と捉えてよいのではないでしょうか。

 

 新薬開発のプレッシャーとジェネリックとの競合は業界全体の構図で、国家の方針として医療費抑制傾向にある中、どのような企業戦略を選択するのか注目されます。

 

 この頃業績がさえず、株価が下落する局面がありましたが米国株過去最高値更新という市場環境の中、メルクも株価が回復しています。

 

メルク(MRK)の基礎データ

ティッカー:MRK
本社:アメリカ
来期予想PER:26倍
PBR:3.6倍
ROE:9.5%
ROA:4.5%
EPS:1.6ドル
配当:1.84ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 PERは高く(26倍)、配当がEPSを上回るというなかなか買いにくい状況です。ちょっと前までは米国株はPER17倍というのが1つの目安でしたが、その水準で買える株は今はほとんどなくなってしまいました。

 

 それでも配当が3%を超えているのはさすがというべきでしょうか。しかし、その代償としてEPSを上回るという状況になっています。これが常態化すれば株価も下がると思われますが、今後のEPS推移、ペイアウトレシオには目が離せません。