たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

スリーエム(MMM)、アメリカを代表するおよそ60年増配企業

スポンサーリンク

スリーエム(MMM)、経営手法が賞賛される増配名門企業

 

 3Mは世界的大企業であり、取り扱うすべての分野において競争力を高めてきたコングロマリットです。60年近く増配を続けてきた株主重視の素晴らしい企業です。

 

 増配余地はまだまだ十分で、その記録を更新し続けることが期待される優良企業です。

 

 3Mというのは、Minnesota Mining Manufacturingの略です。その名のとおり、ミネソタのMining(鉱業)、Manufacturing(製造業)会社ということです。Mが3つでスリーエム。わかりやすいですね。

 

 日本語でいうならミネソタ鉱工業というところでしょうか。シンプルな社名です。

 

 鉱業を祖業とし、そこから派生し化学・電気素材会社となっています。その事業範囲は幅広く、製品は6万種以上、特許も4万超保持しています。高い国際競争力を持つ、世界有数のコングロマリットとして有名です。多角化経営が上手くいっている会社の1つです。

 

f:id:tapazou:20160721233657p:plain

※画像は米国3M本社のサイトから

 

 創業は1902年までさかのぼることができます。元々は鉱業を中心とした企業でした。鉱石を研磨材として活用し、サンドペーパーなどに活用したことから始まります。その後、二次的、三次的利用に広げていきます。

 

 鉱業素材をもとにして化学的あるいは電気的な部門に派生し、コングロマリット化したと言えます。いわば、1+1を3にも4にもしてきた企業です。

 

 その精神は現代でも生きています。

 例えば15%ルールがあります。これは社員が勤務時間の15%を勤務に直接関わること以外に充てるいうことを認めるというルールです。その視野の広い経営の発想は創業以来の伝統と言って良いでしょう。

 

 人格のトータル的な成長が会社にも利益をもたらすという互恵的な発想は、多くの経営学者から先進的経営としてたびたび取り上げられています。採用人数をたくさん取り、消費していく、使い捨てていく発想とは真逆です。

 

 その製品群は幅広く、ポストイットやスコッチセロハンテープといった生活に密着した商品からヘルスケア、企業向け商品といった、幅広い商品を出しています。その商品は世界中から支持され、売上の2/3を海外部門で稼いでいます。

 

 そのため、近年のドル高傾向では業績もひと段落でしたが、このところのドル安の流れで期待値が高まっています。

MMMの配当とチャート

f:id:tapazou:20160721231343p:plain

2006年8月 株価72ドル  配当0.46ドル

2016年5月 株価168ドル 配当1.11ドル

 

 株価も配当も倍以上になっています。MMMはJNJと並ぶ優良銘柄、アメリカを代表する企業だけあります。

 

 特筆すべきはここのところの上げです。181ドルまで上げています。

 5月配当時点で168ドルでしたが、業績の安定した良さとドル安&米国株高を受けて上がってきました。昨年までは130ドル台もありましたが、優良株の上げるときというのはこういうものです。

 

 押し目待ちに押し目無し、という名言が見事に当てはまる銘柄です。

 

MMMの基礎データ

ティッカー:MMM
本社:アメリカ
来期予想PER:22倍
PBR:9.4倍
ROE:39%
ROA:15%
EPS:7.8ドル
配当:4.44ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 諸データは高めになっています。米国株高の影響をここでも見ることができます。MMMの良いところは安定したEPSです。ペイアウトレシオは高くなく、増配余地は十分あります。長期投資家にとって安心できる数字になっています。

 

 私は以前主力株として資産の1割を3Mに投資していました。しばらく持っていましたが、売却してしまいました。本来は永続的に保持すべき株の1つだったと思っています。その後買い戻しのタイミングを図っていますが、なかなかその機会が訪れません。