たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

マクドナルド【MCD】圧倒的シェア世界一の外食企業

マクドナルド【MCD】は世界一の外食企業

 ファストフード業界の雄であるマクドナルドです。

 

 マクドナルドはマクドナルド兄弟によって1937年に始まります。当初はホットドッグを販売しますが、1940年よりハンバーガーを扱います。その時に「スピード・サービス・システム」という今のファストフードにつながる工場式の調理販売法を開発します。

 

 5種類のミルクセーキを作るミキサーの独占販売者だったレイ・クロック氏が1954年にマクドナルド兄弟の店に商品の営業にきます。そのとき、そのハンバーガーの調理販売法に驚かされます。

 

 大勢の客を同時に、素早くさばくその調理販売法です。レイ・クロック氏は熱心に口説き、契約金を支払ってマクドナルドという店の名前と手法を使うことの許可を得ます。

 

 そのレイ・クロック氏は1955年に新生マクドナルド店をオープンします。よほど確信があったのでしょう。マクドナルド兄弟の店に行ってから、たった一年後に自分の店をオープンしています。

 

 その後1960年代に入り、マクドナルド兄弟はレイ・クロック氏から270万ドルを得て、商権を譲り、引退します。その後マクドナルド兄弟は悠々自適の余生を送ります。

 

 対するレイ・クロック氏は次々と出店し、1965年に株式公開、さらに出店を加速させます。1984年には出店34か国8000店舗を超えるまでになります。その後は多国籍企業として世界を代表するファストフードチェーンになっています。

f:id:tapazou:20160623074333p:plain

 

外食業界の世界市場シェア - YouTube

 現在のファストフード売上高の世界シェアです。マクドナルドが圧倒的な地位を持っていることがわかります。$36.4 billionですから、圧倒的です。

 

 2位のヤムブランズはケンタッキーやピザハット、タコベルといった複数のブランドをもっていることを考えると、マクドナルドが単一ブランドで圧倒的であることがわかります。

 

  なお、3位のDoctor's associatesとはsubwayのことです。店舗数ではマクドナルドを上回ります。   4位のスタバはブランド単体ならば、$14.8 billionで2位になります。

f:id:tapazou:20160623072938p:plain

※米国マクドナルドのホームページから

 マクドナルド兄弟が開発した調理販売法はレイ・クロック氏によって広められ、多くの外食産業の参考にするところとなっています。 

マクドナルド(MCD)の配当と株価チャート

f:id:tapazou:20160623203615p:plain

Dividend.com - Dividend Stocks - Ratings, News, and Opinionから

 

 マクドナルドは2008年まで四半期配当ではありませんでした。ですので、配当履歴も載せます。堂々の40年連続増配です。

f:id:tapazou:20180509204724p:plain

 きれいな右肩上がりのチャートです。素晴らしい成長ですね。

 

2006年株価39ドル  配当1ドル

2016年株価120ドル 配当3.56ドル

2018年株価165ドル 配当3.83ドル

  新興国においても需要が強いことから、しばらくは成長路線が続きそうです。株価、配当の伸び、ともに素晴らしいですね。

マクドナルド(MCD)の基礎データ

 最後に基礎データを見てみましょう。

マクドナルド【MCD】の配当と配当性向

f:id:tapazou:20180509201318p:plain

 上がり続けていた配当性向がひと段落しました。連続増配は続いています。かつては配当利回り3%超えでしたが、このところ2%半ばで落ち着いています。配当原資は十分で、持続可能な増配です。

 

マクドナルド【MCD】のBPSとEPS

f:id:tapazou:20180509201437p:plain

 BPSがマイナスになっています。米国の優良企業で時々見ますね。EPSは順調に伸びています。これは、後述するように借金して自社株買いを行っています。つまり、計画的にマイナスにしています。経営上全く問題はありません。

 

 ただ、金利は高くなりつつありますから、自社株買いスピードは抑制されると考えるのが自然です。低金利をうまく利用しましたね。

マクドナルド【MCD】の売上と利益

f:id:tapazou:20180509201622p:plain

 経営改革の効果が出始めています。今後数年で営業利益率40%を目指すというプレスリリースがありました。この営業利益率の高さこそがマクドナルドの特徴です。

 

 外食というのは一般的に参入障壁が低く、scrap&buildの激しい業界です。これだけ高い営業利益率を保てるのは、「マクドナルドにしかない何か」が厳然と存在する証左と言ってよいでしょう。

 

 それはそのまま「ロイヤリティ収入」への強みとなっています。つまり、外食産業でありながら、その販売ノウハウを収入に変えているということです。

マクドナルド【MCD】のキャッシュフロー

f:id:tapazou:20180509201820p:plain

 マクドナルドのキャッシュフローです。営業CFは減りつつもフリーCFはほとんど横ばい、利益率の低い直営店経営を減らし、フランチャイズのロイヤリティ収入を高める。その戦略がそのまま反映された形になっています。

マクドナルド【MCD】の株数とROE

f:id:tapazou:20180509204250p:plain

 株数が激減していますね。実に70%ほどにまで減っています。これだけ自社株を償却すると下値を支える大きな要因になりますね。また、業績もついてきていますので、今後に期待が持てるところです。

 

 ROEの変化も経営改革の1つの結果ですね。

 

関連記事です。

  こちらも連続増配の老舗ですが、業績は厳しいです。McDonald'sのように復活を遂げることはあるのでしょうか。

www.americakabu.com

  米国、いや世界を代表するアパレルブランドです。近年やや苦戦をしていますが、アパレル業界において、圧倒的な売り上げを誇る名門企業であることは間違いありません。

www.americakabu.com

  個別株よりもETF、しかも分散投資ということで、非常に人気のあるロボアドバイザーです。

www.americakabu.com