読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

コカ・コーラ(KO)、言わずと知れた世界最大清涼飲料水メーカー

高配当の個別株 高配当の個別株-米国株
スポンサーリンク

コカ・コーラ(KO)、その躍進と栄光の歴史

 

 ジョン・ペンバートン氏がコカ・コーラを開発したことから全ては始まりました。

 

 氏は薬学が専門でしたが、1861年からのアメリカ南北戦争に従軍しています。そこで、負傷をします。 

 

 彼は負傷の治療の結果、モルヒネ中毒になりました。モルヒネは痛みを緩和する目的で現在も医療現場で使われています。しかし、今からおよそ150年前ですから、量のコントロールが甘く、中毒になる人が後を絶ちませんでした。

 

ペンバートン氏はコカの葉を含んだコカ・コーラで自らのモルヒネ中毒をコントロールしようとしました。コカインはモルヒネ中毒を緩和すると思われていたのです。

 

 「フレンチ・ワイン・コカ」というワインとコラの実とコカの葉を調合した飲み物を開発します。コカインも中毒性の強い薬物ですが、当時は知られていませんでした。

 

 しかし、住んでいた都市アトランタで禁酒運動が起こり、成分からワインを抜きます。それがコカ・コーラの始まりです。そのため、ペンバートン氏存命中は薬用ドリンクとして売られていました。しかし、短命でこの世を去っています。

 

 その後、1919年にアーネスト・ウッドラフ氏を中心とするグループに企業買収されます。その後、息子のロバート・ウッドラフ氏が入社し、実に40年もの間経営に関わります。当然ですがこのころにはコカは入っていません。

 

 ちなみに氏は1985年に95歳で亡くなります。コーラを飲んでいたから長寿だったのでしょうか。

 

 ロバート・ウッドラフ氏は入社前にスタンダードオイル、今のエクソン、シェブロンからも誘いがあったといいますから、相当なやり手だったのでしょう。

 

 ロバート・ウッドラフ氏が社長になってからは、今の明るいコカ・コーラ社のイメージが出来上がります。イメージ戦略に長けた方だったのですね。元が薬用だったことは全くと言っていいほど忘れられることになりました。

 

 1925年の全米での禁酒法はソフトドリンクになっていたコカ・コーラが大躍進するきっかけになりました。

 

 1926年には海外部門を立ち上げ、海外でも売れるきっかけを作っています。1930年にはコカ・コーラ・エクスポート社という海外専用子会社として自立させます。日本コカ・コーラはエクスポート社の子会社です。コカ・コーラ社から見れば孫会社ということになります。

 

 このころに、本社が原液販売とマーケティングを担当し、各地域のボトラーが清涼飲料水であるコーラを販売するビジネスモデルが出来上がりました。

 

 現在日本コカ・コーラ社の清涼飲料水の販売は2位のサントリーの2倍、日本でも圧倒的なシェアを持っています。

f:id:tapazou:20160606224942p:plain

 ブランドは主力製品のコーラが圧倒的に強いです。

 

コカ・コーラ(KO)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160606225241p:plain

2006年9月 株価22ドル 配当0.155ドル

2016年3月 株価46ドル 配当0.35ドル

 

 株価も配当も10年で2倍以上に成長しています。これだけ大きな企業がこんなにも成長をするのがアメリカという国です。誰もが知っている企業に投資すれば上手くいく、それが米国株投資の難易度を下げています。

 

 ただ、コカ・コーラ社の場合は売上がこのごろ伸びていません。また、営業CFも殆ど横ばいです。そこは含んでおいたほうが良いと思います。

 

 配当は3.1%です。

 

コカ・コーラ(KO)の基本データ

ティッカー:KO

本社:アメリカ

予想PER:24倍

PBR:7.6

ROE:26.3

ROA:8

EPS:1.65

配当:1.4

上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場

 

 一株利益にかなり配当が接近してきています。

 

 ちなみに日本コカ・コーラ社は炭酸飲料への依存が比較的少ない売上構成です。これは米国本社にとり、参考になると言われています。加糖の炭酸飲料が主に先進国において伸び悩んでいるからです。

 

 健康志向、ダイエット志向が世界的広がりを見せる中、清涼飲料メーカーの雄としてどのような戦略をとるのか注目されています。