たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

JPモルガンチェース(JPM)、ダウ平均の米国名門金融機関

スポンサーリンク

JPモルガンチェース(JPM)は米国を代表する金融機関の1つ

 

 JPモルガンチェースの歴史はモルガン家の歴史に重なります。 

 

 モルガン家は1600年代初頭にウェールズから移住してきたマイルス・モルガンに始まります。その後一家は開拓に伴い、職工や農家、保険業、不動産と様々な商売に手を染め、1850年ごろから銀行業に進出します。

 

 

 そしてその銀行業は、南北戦争後のアメリカの産業の近代化と足並みをそろえるようにして発展していきます。モルガン一族の中でもジョン・ピアポイント・モルガンの功績は大きく、モルガン家をアメリカ有数の財閥に育て上げた人物として記憶されています。

 

 ちなみにこのジョン・ピアポイント・モルガン氏の甥っ子は「モルガンお雪」で有名な京都の日本人が奥さんでした。

 

 1900年前後、銀行業での資金をもとに、USスチールやエジソンのGE,グラハムベルのAT&Tの設立にも関わっています。また、鉄道会社への出資も熱心で、多くの鉄道会社を経営的に軌道に乗せ、そして傘下に収めました。

 

 本業である銀行業でものちのチェースマンハッタンになるチェースナショナル銀行、バンカース・トラスト銀行、ナショナル・シティ銀行、ファーストナショナル銀行などと資本関係を結び、金融界を牛耳ります。このころは「JPモルガン&カンパニー」として事業を行っていました。

 

 しかし、1929年の世界大恐慌を機に独占的な地位に批判が集まります。そのため、商業銀行であるJPモルガンと投資銀行であるモルガンスタンレーに分割されます。

f:id:tapazou:20160712213941p:plain

※画像はJPモルガンチェースのホームページから

 

 第二次世界大戦後、JPモルガンはギャランティ・トラストと合併し、勢いを取り戻します。このころ新興のIBMやメルク、元から関係の深いAT&Tと業務上深くつながり、互いに発展していきます。

 

 その後、石油業界に大きな影響を持つロックフェラー系のチェースマンハッタンと2000年に合併します。現在、財閥という枠組みを超えて発展を続けています。

 

 

第1位 『中国工商銀行』(中国)................…….......2,076億1,400万ドル

第2位 『中国建設銀行』(中国)…….......................1,739億9,200万ドル

第3位 『JPモルガン・チェース』(アメリカ)….…1,656億6,300万ドル

第4位 『バンク・オブ・アメリカ』(アメリカ)…..1,614億5,600万ドル

第5位 『HSBCホールディングス』(イギリス)…...1,581億5,500万ドル

第6位 『シティグループ』(アメリカ)……............1,498億400万ドル

第7位 『中国銀行』(中国)……..............................1,497億2,900万ドル

第8位 『ウェルズ・ファーゴ』(アメリカ)…….....1,407億3,500万ドル

第9位 『中国農業銀行』(中国)…….......................1,374億1,000万ドル

第10位 『三菱東京UFJ銀行』(日本)……...............1,172億600万ドル

どこの銀行が一番お金を持っているのか?世界の銀行の順位付けはこうなっている! - エキサイトニュース(1/3)

ウェルズファーゴ(WFC)は配当3%台のバフェット金融銘柄 - たぱぞうの米国株投資

 

 良質とされる、tier1資産のランキングです。堂々の3位にJPモルガンチェースが入っています。 

JPモルガン(JPM)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160712194556p:plain

2006年6月 株価47ドル 配当0.34ドル

2016年6月 株価62ドル 配当0.48ドル

 

 この10年間の変遷はまずまずと言えます。

 銀行株ですので、リーマンショックで大きく落ち込んでいます。

 

2009年2月 株価23ドル 

2010年4月 配当0.05ドル

 

 通常は株価の落ち込みよりも配当の落ち込みのほうが緩いのが米国株の強みです。しかし、JPモルガンの場合は配当の落ち込みのほうが激しいです。他行は無配転落もありましたから、そうはいっても比較的安定しているJPモルガンと言えそうです。

 リーマンショックの場合は震源が米国でしたから、JPモルガンも当然ながら無傷ではありませんでした。

 

JPモルガン(JPM)の基礎データ

ティッカー:JPM
本社:アメリカ
来期予想PER:11倍
PBR:1倍
ROE:10.%
ROA:1%
EPS:5.6ドル
配当:1.92ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 配当はおよそ3%です。

 目を引くのが低いPERです。邦銀もそうですが、金融危機後、銀行をはじめとする金融機関は投資家からまだ信頼を完全には回復できていないということがこの数字からも分かると思います。

 また、日本も米国も低金利が継続しているうちは上昇しにくい相場環境です。これを買場とみるか、様子見とみるか、意見が分かれそうです。