たぱぞうの米国株投資

米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

JPモルガンチェース【JPM】ダウ平均の米国名門金融機関

JPモルガンチェース【JPM】は米国を代表する金融機関の1つ

 JPモルガンチェースの歴史はモルガン家の歴史に重なります。 

 

 モルガン家は1600年代初頭にウェールズからアメリカ大陸に移住してきたマイルス・モルガンに始まります。その後一家は開拓に伴い、職工や農家、保険業、不動産と様々な商売に手を染め、1850年ごろから銀行業に進出します。

 

 そしてその銀行業は、南北戦争後のアメリカの産業の近代化と足並みをそろえるようにして発展していきます。モルガン一族の中でもジョン・ピアポイント・モルガンの功績は大きく、モルガン家をアメリカ有数の財閥に育て上げた人物として記憶されています。

 

 ちなみにこのジョン・ピアポイント・モルガン氏の甥っ子は「モルガンお雪」で有名な京都の日本人が奥さんでした。

 

 1900年前後、銀行業での資金をもとに、USスチールやエジソンのGE,グラハムベルのAT&Tの設立にも関わっています。また、鉄道会社への出資も熱心で、多くの鉄道会社を経営的に軌道に乗せ、そして傘下に収めました。

 

 本業である銀行業でものちのチェースマンハッタンになるチェースナショナル銀行、バンカース・トラスト銀行、ナショナル・シティ銀行、ファーストナショナル銀行などと資本関係を結び、金融界を牛耳ります。このころは「JPモルガン&カンパニー」として事業を行っていました。

 

 しかし、1929年の世界大恐慌を機に独占的な地位に批判が集まります。そのため、商業銀行であるJPモルガンと投資銀行であるモルガンスタンレーに分割されます。

f:id:tapazou:20160712213941p:plain

※画像はJPモルガンチェースのホームページから

 

 第二次世界大戦後、JPモルガンはギャランティ・トラストと合併し、勢いを取り戻します。このころ新興のIBMやメルク、元から関係の深いAT&Tと業務上深くつながり、互いに発展していきます。

 

 その後、石油業界に大きな影響を持つロックフェラー系のチェースマンハッタンと2000年に合併します。現在、財閥という枠組みを超えて発展を続けています。

第1位 『中国工商銀行』(中国)................…….......2,076億1,400万ドル

第2位 『中国建設銀行』(中国)…….......................1,739億9,200万ドル

第3位 『JPモルガン・チェース』(アメリカ)….…1,656億6,300万ドル

第4位 『バンク・オブ・アメリカ』(アメリカ)…..1,614億5,600万ドル

第5位 『HSBCホールディングス』(イギリス)…...1,581億5,500万ドル

第6位 『シティグループ』(アメリカ)……............1,498億400万ドル

第7位 『中国銀行』(中国)……..............................1,497億2,900万ドル

第8位 『ウェルズ・ファーゴ』(アメリカ)…….....1,407億3,500万ドル

第9位 『中国農業銀行』(中国)…….......................1,374億1,000万ドル

第10位 『三菱東京UFJ銀行』(日本)……...............1,172億600万ドル

ウェルズファーゴ(WFC)は配当3%台のバフェット金融銘柄 - たぱぞうの米国株投資

 tier1資産のランキングです。堂々の3位にJPモルガンチェースが入っています。 

JPモルガンチェース【JPM】の配当とチャート

f:id:tapazou:20180213235305p:plain

2006年6月 株価47ドル 配当0.34ドル

2016年6月 株価62ドル 配当0.48ドル

2018年1月 株価113ドル配当0.60ドル

 

 この10年間の変遷はまずまずと言えます。

 ただ、景気に敏感な銀行株ですので、リーマンショックで大きく落ち込んでいます。ピックアップしてみます。

 

2009年2月 株価23ドル 

2010年4月 配当0.05ドル

 

 通常は株価の落ち込みよりも配当の落ち込みのほうが緩いのが米国株の強みです。しかし、JPモルガンの場合は配当の落ち込みのほうが激しいです。他行は無配転落もありましたから、そうはいっても比較的安定しているJPモルガンと言えそうです。

 

 リーマンショックの場合は震源が米国でしたから、JPモルガンも当然ながら無傷ではありませんでした。

 

 ただ、トランプ大統領になってからは金融規制の廃案期待、減税期待で急回復を遂げています。実に2倍に近くです。政策と思惑でかなり株価を上げました。それでもPERは17倍程度です。

JPモルガンチェース【JPM】の基礎データ

 JPモルガンの基礎データを続いてご紹介します。

JPモルガンチェース【JPM】の配当と配当性向

f:id:tapazou:20180213233459p:plain

 リーマンショック後の2010年に大きな減配をしています。しかし、無配ではないですね。シティバンクやバンクオブアメリカは無配転落をしていますから、大きな違いになっています。また、回復も早く2012年に大増配をしたあと、2016年にはリーマンショック前の配当実績を超えています。

JPモルガンチェース【JPM】のBPSとEPS

f:id:tapazou:20180213233725p:plain

 BPSはリーマンショックでも落ちていません。ただ、EPSはリーマンショック後はおよそ1/3まで落ちています。とはいえ、2009年と2010年は落ち込んだものの2011年にはほぼリーマンショック前の水準を回復しています。

 

 他の痛手を受けた大手銀行と明らかに違う堅実性を示しています。

JPモルガンチェース【JPM】の売り上げと利益

f:id:tapazou:20180213234034p:plain

 2008年5月に当時米国5位の投資銀行 ベア・スターンズ[を買収しています。続く2008年9月には当時米国最大の貯蓄貸付組合 ワシントン・ミューチュアルも買収しています。機を見るに敏で、リーマンショック関連で苦しくなった同業の買収に積極的でした。

 

 2010年からの売り上げの急増はこれらの合併処理が完了したことによります。その後の営業利益の回復、その利益率の高さは買収戦略が的確であったことの証左と言ってよいでしょう。

 

 ちなみに配当は2年前までおよそ3%ありましたが、このところの株価成長で2%近辺まで落ちています。PERは10倍前後でしたが、17倍まで回復しています。このところの株価成長は金融危機からの回復を印象付けるものになっています。

 

 ただ、銀行業自体が特別な強みを持っているわけではなく、競争の激しい業界です。そのため、昨今では銀行のPERは低めに設定されがちです。そう考えると、今の株価水準というのはやや思惑が入っている分、高いのかもしれません。

 

 規模が大きく相場変動に敏感な株です。流動性が高いのでボラティリティ狙いの投資家にとっては一定の魅力がありそうです。

 

関連記事です。

  高配当なHSBCです。香港上海銀行です。

www.americakabu.com

  オーストラリア4大市中銀行の1つです。ADR、米国市場で買付できる高配当株です。ちなみにオーストラリアも人口増加が見込める成長国です。ただ、オーストラリアは中国と経済上密接で、景気は中国次第なところがあります。

www.americakabu.com

  米国で投資家から最も人気のある銀行株の1つであるウェルズファーゴです。バフェット氏が多く保有する銀行株としても有名です。

www.americakabu.com