たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

世界のETF運用・管理会社ランキングとシェア一覧2017

スポンサーリンク

世界のETF運用・管理会社ランキングトップ10

 ETF運用会社というと、ブラックロック・バンガード・ステートストリートの3強が圧倒的な知名度と規模を誇ります。

 

社名 運用総額$BN 関連コメント
Black Rock 1030 アメリカ iSharesブランド
Vanguard 473 アメリカ 非上場企業
State Street 439 アメリカ SPDR、スパイダーブランド
Power Shares 94 アメリカ インベスコ
Deutsche AWM 66 ドイツ ドイツ銀行系
Lyxor 51 フランス ソシエテジェネラル系
Wisdom tree 49 アメリカ 全米5位
Nomura Asset 48 日本 野村証券系。
First Trust 37 アメリカ 日本ではあまり...
Charles Schwab 30 アメリカ 低コストで定評
その他 375    

 

 単位は運用総額の単位はビリオンドル、億ドルです。つまり、1位のブラックロックは1030億ドルです。日本円にすると110兆円ということになります。

 

 ただし、ブラックロックグループ全体の運用総額は現在600兆円を超えますから、ここに出ているぶんはその一部のみということになります。

世界のETF運用・管理会社ランキング

 それでも、日本の年間税収の2倍もあります。その運用総額の巨額さがわかります。ちなみにグループ全体の運用総額600兆円は日本のGDP500兆円をも上回る規模です。

 

 ドイツのドイツ銀行系AWM、フランスのソシエテジェネラル系リクソー、日本の野村は米国の圧倒的な強さの中、健闘しています。ただ、やはり世界におけるキープレーヤーであるブラックロック・バンガード・スパイダーの3社とは大きな隔たりがあります。

ETF運用会社の世界シェア

ETF運用会社の世界シェア

 ブラックロック・バンガード・ステートストリートの3社でシェアの7割を占めています。まさに圧倒的なシェアです。

 

 バンガードは本ブログでもたびたび取り上げてきた、低コストETFの運用で著名です。看板商品はVTI(バンガード・トータルストックマーケット)です。一本で米国株式上場株のほとんどをカバーできる商品になっています。

 

 ちなみに、10位に位置する「チャールズシュワブ」はバンガードよりもさらに低コストのETF運用で知られています。

 

VTIと競合する商品

Schwab Total Stock Market Index Fund 経費率 0.03%

 

VOO・IVV・SPYと競合する商品

Schwab® S&P 500 Index Fund 経費率 0.03%

 

 このように、経費率0.03%を実現しています。もし日本で個人投資家向けに販売されていれば、強力な選択肢になります。2017年現在、日本での販売は行っておりません。購入するには2つの方法があります。

 

  1. 投信を通して買う
  2. 海外証券会社に口座を作って買う

 

 もし買いたいならば、投信などを通して買うことになります。当然、投信を通すことによって経費率は上昇し、このような魅力的な経費率設定にはなっていません。

 

 海外証券会社ならば取り扱っていますので、そこに口座を設けるという手もあります。ただ、国内系に比べるとやはりハードルが上がるのは否めません。

 

 米国の投資環境はは右肩上がりのインデックス指数があるという時点で恵まれていますが、このようなコストを含めた競争環境も大きなメリットの1つと言えそうです。

ブラックロック(BLK)とステートストリート(STT)は上場企業

 3強のうち、ブラックロック(BLK)とステートストリート(STT)はそれぞれニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しています。金融危機時には非常にボラティリティが大きくなる、金融株特有の値動きをしています。

 

 ただ、銀行以上にワイドモートですから、大きく下げる局面があれば業界の地位を考えると投資妙味がありそうです。

 

 2社とも昨今の上昇相場の流れを受けて、上昇しています。ちなみに、個人投資家に人気のあるバンガードは上場をしていません。

 

関連記事です。証券取引所のランキングです。ニューヨーク証券取引所のNYSEとNASDAQが図抜けて大きいです。

www.americakabu.com

 投信、ETFならば私はETFが優れていると思っています。

www.americakabu.com

 新興国ETFへの考え方です。

www.americakabu.com